事務手数料が無料はドコモオンラインショップ
iPhoneXRが機種代込で1480円で維持できる
詳細はこちらから

GALAXY S10 /S10+ ギャラクシーS10 スペック 発売 ドコモ auから発表は?

GALAXYS10 GALAXY S10
 

GALAXYS10

GALAXY S10という機種に関しての噂や情報を掲載していきたいと思います。GALAXYシリーズの中でも非常に人気のあるGALAXY Sシリーズの発表というのはかなり気にしている人も多いと思います。日本ではGALAXYシリーズというのはみんなSシリーズを思い浮かべるからです。

Sシリーズというのは、日本市場においてかなりの人気のあるシリーズとなっております。なぜGALAXY Sシリーズが日本で人気なのでしょうか?まずはその理由ですが、Samsungのフラッグシップモデルだからです。フラッグシップモデルというのは、その会社から発売された機種の中でも最も優れた機種という位置付けです。そのため、日本国内でも欲しいとおもっている人が多いのです。

また日本市場においてはキャリアから発売されるモデルとして君臨している限りかなり販売台数を伸ばすことが出来る機種になっているのです。

ドコモオンラインショップでお得に購入

女の子
女の子

ドコモオンラインショップは事務手数料無料で自宅まで送料無料で送ってくれるんだって

子供女の子
子供女の子

それってかなりお得だよね。わざわざ店に行かなくてもいいだよね?

子供女の子
子供女の子

それじゃ店舗に行かなくてもいい時間で遊んでよ〜

女の子
女の子

こらこら・・それでも店に行く必要がないってことは自由な時間が過ごせるわね。2営業日で自宅まで届くので、かなりメリットがありそうね。

ぜひこの機会にドコモオンラインショップを利用してみてください。

初めて利用する人でも電話やチャットなどでサポートしてくれます。(営業時間内)間違いなくお得なので、ぜひ検討してもらいたいですね。

 

予約特典でGALAXY BUDSがプレゼント

ドコモから発売される予定ですが、予約特典がありそうです。(まだ正確な情報は出ていませんので、記載は控えておきます。)

ドコモから新モデルとして発表されるわけですが、新モデルの発表会に関して予約特典は行われます。

ドコモオンラインショップから予約を行うと非常にいいと思います。

au Online Shopからはすでに発表されており、GALAXY BUDSプレゼントという予約特典がついてきます。

これはかなりメリットのあることではないかと思います。

ぜひ検討してもらいたいと思います。GALAXYシリーズがここまで一番いい予約特典を出してくれています。

他社の特典よりもGALAXYの特典は毎年のことですが、かなりいい特典ですからね。ドコモもauも同様に特典としてはかなりいい特典を出してくれているのです。

 

GALAXY S10及びGALAXY S10+のスペックが確定

GALAXY S10のスペック

モデル名Galaxy S10
寸法未定
重さ未定
OSAndroid 9.0
画面サイズ6.1インチ
画面占有率93.1%
解像度QHD+
ディスプレイQuad HD+ Curved Dynamic AMOLED
プロセッサSnapdragon 855 or Samsung Exynos 9820
RAM8GB
内蔵ストレージ128GB or 512GB
microSD最大512GB
前面カメラ10MP、f/1.9
背面カメラ1600万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)
LTECat.20 Enhanced 4×4 MIMO, 7CA
WiFi802.11ax
Bluetoothv5.0
PaymentNFC, MST
カラーバリエーションPrism Black、Prism White、Prism Green、Prism Blue
バッテリー容量3400mAh
認証センサー指紋認証(画面内蔵)
その他IP68防水防塵、ワイヤレスパワーシェア

GALAXY S10+のスペック

モデル名Galaxy S10+
寸法未定
重さ未定
OSAndroid 9.0
画面サイズ6.4インチ
画面占有率93.1%
解像度QHD+
ディスプレイQuad HD+ Curved Dynamic AMOLED
プロセッサSnapdragon 855 or Samsung Exynos 9820
RAM8GB or 12GB
内蔵ストレージ128GB or 512GB or 1TB
microSD最大512GB
前面カメラ10MP、f/1.9、8MP f/2.2
背面カメラ1600万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)
LTECat.20 Enhanced 4×4 MIMO, 7CA
WiFi802.11ax
Bluetoothv5.0
PaymentNFC, MST
カラーバリエーションPrism Black、Prism White、Prism Green、Prism Blue、Ceramic White、Ceramic Black
バッテリー容量4100mAh
認証センサー指紋認証(画面内蔵)
その他IP68防水防塵、ワイヤレスパワーシェア

GALAXY S10eのスペック

モデル名Galaxy S10e
寸法未定
重さ未定
OSAndroid 9.0
画面サイズ5.8インチ
画面占有率91.6%
解像度QHD+
ディスプレイQuad HD+ Curved Dynamic AMOLED
プロセッサSnapdragon 855 or Samsung Exynos 9820
RAM6GB or 8GB
内蔵ストレージ128GB or 256GB
microSD最大512GB
前面カメラ10MP、f/1.9
背面カメラ1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)
LTECat.20 Enhanced 4×4 MIMO, 7CA
WiFi802.11ax
Bluetoothv5.0
PaymentNFC, MST
カラーバリエーションPrism Black、Prism White、Prism Green、Prism Blue、Canary Yellow
バッテリー容量3400mAh
認証センサー指紋認証(画面内蔵)
その他IP68防水防塵、ワイヤレスパワーシェア

こちらがスペックとなっております。すでに発表されておりますので、かなり参考になるかとは思います。

 

GALAXY S10のCPU

GALAXYシリーズで最も注目を浴びるのはやはりCPUでしょう。コンピュータの頭脳部分となります。この部分に関してはかなりの人が気になると思います。

SnapDragon855と呼ばれるCPUとExynos9820と呼ばれるCPUの2つのモデルの搭載が行われております。

SnapDragon855と呼ばれるCPUというのは、日本国内向けに搭載されます。

Android One ミドル ローエンド向けの スマホ 安いスマホでアップデートが定期的に行えるスマホ
Android Oneという言葉を聞いたことありませんか?Android Oneという機種はソフトバンクやワイモバイルを中心に販売されている低価格スマホとなっております。低価格スマホという位置づけですが、Android Oneシリーズがかな
Android One ミドル ローエンド向けの スマホ 安いスマホでアップデートが定期的に行えるスマホ
Android Oneという言葉を聞いたことありませんか?Android Oneという機種はソフトバンクやワイモバイルを中心に販売されている低価格スマホとなっております。低価格スマホという位置づけですが、Android Oneシリーズがかな

SnapDragonシリーズというのはクアルコムから発売されており、信頼性もかなり高いCPUとなります。

信頼性がかなり高い為、日本での発売に関してもかなりの人が期待しているモデルになることは間違いありません。

日本でSnapDragonシリーズのCPUを他に搭載するモデルとしてはXPERIA 1などもSnapDragon855を採用する見込みです。

 

GALAXY S10の画面にある指紋認証は専用の保護フィルムしか利用できない

GALAXY S10は画面に指紋認証機能が搭載されることになりました。

そのことからGALAXY S10の指紋認証機能を利用するのであれば、保護フィルムに関して議論されることは当然だと思います。

GALAXY S10では専用の保護フィルムが付属品として搭載される予定になっているようです。

またその保護フィルムに関しては専用のものでないとロック解除ができないということになります。

サードパーティ製の保護フィルムなら指紋認証の部分を覆いかぶせる為に残念ながらロック解除ができない可能性が高いということになりそうです。

ロック解除をしたいが保護フィルムが必要という人は純正の保護フィルムを利用するしか方法はなさそうですね。

ある意味当然のことかもしれませんね・・・フィルムで覆われていると普通はロック解除もできませんからね。

フィルムは専用フィルムを利用してください。

Galaxy S10 公式動画 ドコモ au から発売 SC-02L SCV41などの名称で

こちらそのあたりを含めた公式動画が出てきました。

こちらの公式動画に同梱品いわゆふ付属品に関しても触れられているので、一度ご確認いただければと思います。

 

カメラ性能にはかなりの期待

カメラ性能に関してはかなり期待したいところです。カメラ性能というのは日々利用する人にとってはかなり気になるものです。

最近ではデュアルカメラを搭載した機種が色々と発売されるなどデュアルカメラブームです。

2つのカメラを合成して1つの写真にしたりと非常にそのあたりの技術というのはかなり優れているのです。

ボカシなどを撮ることも簡単に撮ることが可能となっているのです。このように最新のGALAXYシリーズではカメラ機能に関してもかなりキレイに撮れることが予想されております。

カメラ性能は本当に期待出来る機能の一つですね。

こちらおそらくGALAXY S10が発売される頃に最も現行モデルと比較しても近いカメラの画像です。

GALAXY NOTE8のカメラ性能ですが、おそらくGALAXY S10のカメラと比較してもおそらく遜色のないレベルではないでしょうか。

今の時点でこれくらいのカメラ性能ということは、おそらく発売まで1年ちょっとということで、これ以上になることは間違いないでしょう。それでも1年でカメラ性能がそこまで大きく変化することはないかと思われますので、これくらいのカメラ性能にはなるのではないかと思います。

GALAXY S10にはトリプルカメラが搭載されるかもしれない

GALAXY S10 Plusにトリプルカメラが搭載される噂 iPhoneXPlusにも搭載予定

こちらの情報ですが、GALAXY S10にはトリプルカメラが搭載されるかもしれません。

トリプルカメラというのはP20 PROと呼ばれるHuaweiのスマホで搭載されております。日本からはドコモにて取扱が開始される予定となっておりますが、このP20 PROというスマホは非常に期待できるスマホです。

それと同じというわけではありませんが、トリプルカメラを搭載する可能性が非常に高いです。

まずその理由ですが、iPhoneXPlusというスマホが2019年に登場するといわれており、そのスマホでトリプルカメラを搭載すると言われております。

そのためトリプルカメラを搭載するカメラが今後増えてくると予想してかサムスンはトリプルカメラを搭載するモデルを発表すると報じられております。

一応2019年の1月にGALAXY S10は発売される予定になっておりますが、その頃に合わせてトリプルカメラを搭載するとも言われております。

トリプルカメラが搭載されると市場はかなり面白くなってきますね。

GALAXY S7あたりからGALAXYシリーズのカメラ性能はかなり良くなりました。GALAXY S9でもカメラ性能はかなりよくなり、暗い場所でもかなりきれいに撮影することができるようになっています。

暗い場所での撮影がきれいにできるということがフラッグシップモデルの差別化でもあります。

確かに暗室での撮影というのは、かなりきれいに撮影することが可能となっています。また望遠に関してもかなりの望遠まできくことができるため、望遠性能に関してもGALAXYシリーズはかなり高いでしょう。今回GALAXY S10では望遠専用のレンズを搭載していることから望遠専用のレンズというのは、かなりオススメできるかと思います。

専用レンズの導入に伴い、GALAXYシリーズはかなりカメラに力を入れているということになります。

ハイスペックな機種に求められるカメラの性能は望遠と暗室ということになるかと思います。

 

GALAXY S10で指紋認証が前面画面に

こちらGALAXY S10のコンセプト画像となっておりますが、指紋認証機能というのが前面画面になる可能性が非常に高いことがわかりました。

前面画面に指紋認証機能が入ってくることは非常に望ましいことではないでしょうか。

その部分に認証機能が入ってくることにより、非常にユーザーインターフェイスはすっきりします。

背面に指紋認証機能が入ったところで、実際に利用しにくいという理由から使われることもそれほど多くはないでしょう。

実際にわたしも背面に指紋認証があったところで、使いにくいので使っていません。

正直そんなもんかなという感じです。やはり使い勝手がいいところに配置しないとその機能が素晴らしくても使われないという非常に残念な結果になるわけです。

指紋認証というのは便利ですが、それを利用しない手はありません。後は使い勝手のいいところに配置するというだけです。

GALAXYシリーズにかぎらず、Androidは機種によってその機能が異なる場合が大きく、実際に使われる機能という部分はAndroidのソフトウェアの部分では共通化されているものの、ハードの部分ではある程度の共通化しか行われておりません。

そういう意味ではAppleのiPhoneのほうがハードとの一体型なので、優れているのかなぁ〜と思ってしまいますね・・・

 

トリプルカメラに期待

カメラ性能というのは、最近飛躍的に向上しております。

2018年にはいってトリプルカメラを搭載しているスマホというものが発売されました。

Android One ミドル ローエンド向けの スマホ 安いスマホでアップデートが定期的に行えるスマホ
Android Oneという言葉を聞いたことありませんか?Android Oneという機種はソフトバンクやワイモバイルを中心に販売されている低価格スマホとなっております。低価格スマホという位置づけですが、Android Oneシリーズがかな

こちらがそのスマホとなっております。トリプルカメラというものはなかなか今まで搭載されておらず、どのような写真になるのでしょうか。

非常にその動向が気になるところですが、トリプルカメラを搭載したスマホも発売されるなどカメラ性能に力を入れているメーカーというものもかなり増えております。

GALAXY S10でもこのトリプルカメラというのはかなり期待したいと思います。トリプルカメラのメリットというのは、機能の違うカメラをそれぞれに持たせることにより、ズーム時や暗室時などに分けて撮ることができるというメリットがあります。

またスローモーション機能などの特化した機能を一部のカメラに搭載することも可能になっており、色々なモードで写真を撮ることができるようになるのです。

また光学ズームなどを取り入れることも可能となっており、キレイな形で倍率をあげて写真を撮ることも可能になっていきます。

カメラ性能の飛躍的な向上というのはかなり期待したいと思います。

 

GALAXY S10は3つのモデルを採用

GALAXY S10ですが、3つのモデルを採用するようです。

Android One ミドル ローエンド向けの スマホ 安いスマホでアップデートが定期的に行えるスマホ
Android Oneという言葉を聞いたことありませんか?Android Oneという機種はソフトバンクやワイモバイルを中心に販売されている低価格スマホとなっております。低価格スマホという位置づけですが、Android Oneシリーズがかな

3つのモデルというのは5.8インチモデルを2つそして6.2インチモデルを1つの合計3つのモデルが採用される見込みです。

5.8インチモデルのうちの一つはフラットディスプレイを採用する見込みとなっているようですね。

フラットディスプレイというのはいわゆる一般的なディスプレイとなっております。

逆にそのディスプレイのほうが売れそうな気がしますが・・・実際はどうなんでしょうか。

最近はディスプレイなどもかなりキレイになっており、GALAXYシリーズのレベルまでくるとフラットでもエッジでもどちらもかなりキレイなディスプレイになりそうなのですが・・・

3種類のモデルのディスプレイを採用するということで、日本市場ではエッジスタイルのものよりもフラットタイプのモデルのほうが売れそうですね。

日本ではエッジスタイルというものはあまり受け入れられませんでした。これからもおそらくそうなるのではないでしょうか。

実際に3つのモデルを販売しました。GALAXY S10eそしてGALAXY S10そしてGALAXY S10+の3つのモデルとなっております。

 

指紋認証機能が画面埋め込みに

GALAXY S10では指紋認証機能は画面埋め込みになりました。

画面埋め込みの指紋認証機能ということは、非常に期待できるかと思います。

画面に埋め込むことにより、操作性はかなりアップするかと思います。

正面に指紋認証機能があるということで、親指でロック解除が可能になるのです。今までは背面にあったことからロックの解除は結構面倒でした。

それが前面にくるということはかなりありがたいですね。

最近は前面ディスプレイ方式を採用しているスマホが非常に増えており、正直なところ指紋認証機能に関しては若干置き去りという感じだったと思います。

それがディスプレイに内蔵されるということで、期待はかなり高まっているのではないでしょうか。

指紋認証という機能は個人的には一番使いやすく本当にいい機能の一つだと思います。現在GALAXY S8を利用しているのですが、虹彩認証は正直なところ使い勝手はあまりよくありません。

本当にスマホの正面を見る必要があり、きっちり見ないと認証されないからです。

簡単にすばやく認証しようと思うのであれば、指紋認証が非常に簡単であることがわかるかと思いますね。

 

GALAXY S10では史上最高のカメラの搭載

GALAXY S10ではトリプルカメラを搭載するという報道は以前から噂されておりますが、今回のGALAXY S10に搭載されるカメラというのは非常にスペックなども高いカメラが搭載されることが明らかになりました。

S10で搭載されるカメラというのは3倍の光学ズームに対応しており、広角123度の超広角カメラとの組み合わせになると言われております。

広角カメラの画素数は1200万画素で望遠レンズが1300万画素で超広角カメラの画素数が1600万画素になるようです。

この1600万画素の超広角カメラというのはLGのスマホですでに搭載されていたようですが、GALAXY S10ではこれら3つのカメラを組み合わせることになるということで、史上初となることが予想されております。

そしてこのGALAXY S10に搭載されるカメラですが、カメラモジュールというものがコストがかかり、価格は1000ドルを超えるカメラになるようです。

1000ドルを超えるということは、日本円での売価も12万円を超える可能性が高いということです。

GALAXY S10というのは生誕10周年を迎える年となり、かなりチカラを入れていることは間違いありません。

今回このようにカメラの画素数までが具体化されたことで非常に期待できることは間違いないかと思います。

 

GALAXY S10ではディスプレイにカメラを埋め込む

GALAXY S10ではディスプレイにカメラを埋め込む可能性が出てきました。

ディスプレイにカメラを埋め込むということはどういうことかというと最近ではディスプレイを大画面化するためにノッチというものをつけてその中に前面カメラを搭載している機種が非常に増えてきているのです。

GALAXY S10ではノッチというものを採用せず、ディスプレイの中にカメラを埋め込む可能性が高いというのです。

GALAXY S10の価格表が出てきた ヨーロッパで流出か 日本ではどれくらの価格設定になるのか
GALAXY S10の価格表の流出があったようです。この価格表から日本での発売時にどれくらいの価格設定で販売されるのかということがわかるかと思います。またどれだけのモデルの販売になるのかということもこの価格表からわかるかと思います。それでは

こちらにその記事を掲載しておりますが、ノッチがなくなり、ディスプレイの中に埋め込む可能性があるという記事です。

ディスプレイをそれだけ多く使えるということで、非常にメリットがあるかと思います。

ノッチがあるとどうしてもそのノッチの部分に動画や画像がかぶると気持ち悪いですからね。

このような技術が出てくるということはかなり期待できるのではないでしょうか。GALAXY S10はそういう意味ではかなり先進的な技術が入ったスマホとして出てきそうですね。

 

4つのモデルの発売の可能性が高い

GALAXY S10の価格表が出てきた ヨーロッパで流出か 日本ではどれくらの価格設定になるのか
GALAXY S10の価格表の流出があったようです。この価格表から日本での発売時にどれくらいの価格設定で販売されるのかということがわかるかと思います。またどれだけのモデルの販売になるのかということもこの価格表からわかるかと思います。それでは

こちらの記事を見てもらいたいのですが、4つのモデルが発売される可能性が非常に高いことがわかりました。

4つのモデルというのは、Liteと5G対応が追加になっております。最近ではGalaxy Sシリーズというのは2つのモデルのみでした。

通常のSモデルと+モデルの2つのモデルでしたが、今回はLiteモデル及び5Gに対応したモデルの販売の予定もあるようですね。

5Gに対応したモデルというのは、日本での発売にもかなり期待できると思われます。

 

GALAXY S10の最新のスクリーンショットを公開

こちら最新のスクリーンショットとなっております。

全面ディスプレイとなっており、非常にかっこいいですよね。

GALAXY S10含めたGALAXYシリーズではノッチというものが採用されておらず、見た目としてはこのようになるようです。

他社ではノッチというものが採用されており、そのノッチという部分にカメラなどが入っているようですが、最新のGALAXYシリーズではそのようなノッチというのは存在しません。とはいうものの前面カメラというものは必要となっておりますので、前面カメラを維持するためにディスプレイに内蔵されているのです。

非常にかっこいい見た目になっていると思いませんか?

GALAXYシリーズはS10で初めて5Gにも対応すると言われており、非常に期待できるスマホになることは間違いないでしょうね。

GALAXYシリーズの見た目は本当にかっこよくなると予想されます。

 

GALAXY S10では逆方向ワイヤレス充電が搭載される予定

GALAXY S10では逆方向ワイヤレス充電が搭載される予定となっております。

逆方向のワイヤレス充電というのは、どういった機能なのか?ということですが、その名の通り逆方向に充電をするのです。GALAXY S10が充電器になるということです。

自分自身が充電器になるということで、ワイヤレス充電に対応している周辺機器に充電を行うことが可能になるということです。

それに伴い周りにある周辺機器の充電を行うことで、わざわざそれ用の充電器を持ち出すということをする必要がありません。

それはそれで非常にメリットがあるかと思います。

逆方向の充電が可能になるということは本当にいいと思いますね。

ワイヤレスパワーシェアと呼ばれる機能が搭載されます。こちらの機能を利用することにより、無接点充電を利用することが可能となるのです。

 

GALAXY S10のベンチマーク結果が流出

GALAXY S10の価格表が出てきた ヨーロッパで流出か 日本ではどれくらの価格設定になるのか
GALAXY S10の価格表の流出があったようです。この価格表から日本での発売時にどれくらいの価格設定で販売されるのかということがわかるかと思います。またどれだけのモデルの販売になるのかということもこの価格表からわかるかと思います。それでは

こちらの記事を見てもらいたいのですが、GALAXY S10のベンチマークが流出しました。

Exynos9820を搭載したモデルとSnapDragon855を搭載したモデルの2つ機種の情報が流出したようですね。

日本で販売されるモデルというのは、SnapDragon855を搭載したモデルになると思われますが、そちらのモデルのほうがベンチマーク結果としては高い結果となっております。

それはそれでユーザーとしてはありがたいことではないでしょうか。

ベチマークの結果も出てきているということで、発表されるのも近づいてきたのではないでしょうか。

かなり楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました