事務手数料が無料はドコモオンラインショップ
iPhoneXRが機種代込で1480円で維持できる
詳細はこちらから

XPERIA 5 エクスペリア5 SO-01M ドコモ スペック 予約 価格 発売日 レビュー

XPERIA 5
 

ドコモから今後XPERIA 5と呼ばれるモデルが発売されます。

XPERIA 5というのは、XPERIA 1の後継モデルということで、どのようなモデルになるのか楽しみに感じている人も多いと思います。

 

XPERIA 5の予約はこちらから

こちら3社から発売されると仮定してこちらをご確認いただければと思います。

予約特典というものも出てくると思います。

予約特典として、海外ではXperia Ear Duoと呼ばれるワイヤレスイヤフォンが特典として同梱される国もあるということです。

販売価格は16000円ほどのものとなっているため、かなりメリットがあるかと思います。

日本で同等のものが予約特典として選ばれるのかどうかは不明ですが、仮に予約特典として選択されるとかなりの人が予約をすると思います。

予約特典としては非常にいい予約特典となっているからですね。法律改正に伴い、回線とセットで販売する場合の端末代金の値引き額の上限というものが2万円となっています。そのためスマホを販売するためにメーカーに色々協力してもらう必要があるわけです。その協力の一つとして、予約特典をつけてもらうということがあるかと思います。最近は予約特典をつけるメーカーというのが非常に多くなっています。

XPERIAは特に販売台数を伸ばす機種となっているので、メーカーとしても予約特典を付けたほうがいいことは理解していると思います。そのため各社から販売されるときは予約特典というものが付く可能性が非常に高いと思います。

その中でもドコモオンラインショップから購入することは非常にメリットがあることかと思います。ドコモオンラインショップでは事務手数料無料のキャンペーンを実施しており、ドコモオンラインショップから購入するとスマホの事務手数料が無料となるのです。

機種変更時には2000円、新規、MNPでは3000円の事務手数料が発生します。それがドコモオンラインショップから購入すると無料となるわけです。お得であることは間違いないかと思いますので、購入するならドコモオンラインショップを利用してもらいたいと思います。

それではXPERIA 5のスペックがどのようになるのか紹介したいと思います。

 

XPERIA 5のスペック

モデルXPERIA 5
大きさ158×68×8.2mm
重さ164g
OSAndroid9.0
CPUSnapDragon855
RAM6GB
ROM128GB
画面サイズ6.1インチ 有機EL
解像度2520×1080
アウトカメラ1220万画素(標準) F1.6 26mm
1220万画素(超広角) F2.4 16mm
1220万画素(望遠) F2.4 52mm
カメラその他機能瞳AF、光学2倍ズーム
インカメラ800万画素
ネットワークJ8210, J8270, J9210 GSM GPRS/EDGE (2G) Bands 850/900/1800/1900 / UMTS HSPA+ (3G) Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19 / LTE (4G) 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66
J8210: LTE(4G) Cat19/Cat13, J8270: LTE(4G) Cat19/Cat13, J9210: LTE(4G) Cat19/Cat13 with single SIM, Cat18/Cat13 with dual SIM
無線Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz)/n(5GHz)/ac
カラーブラック、グレー、ブルー、レッド
センサー類Accelerometer
Ambient light sensor
Barometer sensor
eCompassTM
Fingerprint sensor
Game rotation vector
Geomagnetic rotation vector
Gyroscope
Hall sensor
Magnetometer
Step counter
Step detector
Significant motion detector
Proximity sensor
RGBC-IR sensor
バッテリー3140mAh
その他IP65、IP68、指紋センサー(側面)

こちらがスペックとなっています。スペック的には2019年モデルとしては最高性能のスペックとなっています。

XPERIA 1とスペック的にはほぼ変わりません。XPERIA 1というのは、非常にいいスマホとなっているため、かなり販売台数を伸ばしました。

それに追随する機種となっており、問題は日本円でどれくらいの価格設定となるかです。

中国では81500円程度とフラッグシップモデルとしては安めに価格設定がされているため、かなり個人的にはオススメできますが、日本に来た時にどうなるかです。81500円というのは、販売価格となっていますが、日本では消費税があります。結果的に税込みで9万円を超えてしまうのではないかと思います。

10%の消費税になり、それなりに税負担を感じる様になりました。

 

カメラ性能に期待

今回XPERIA 5というのは、超広角、広角、望遠という3つのレンズが付いています。

この3つのレンズというのは、すべてXPERIA 1から継承されているのですが、3つのレンズが付与されているということで、期待するのはカメラ性能ではないかと思います。

トリプルカメラを搭載したスマホの第2段ということで、期待している人も多いでしょう。ベースはXPERIA 1と同じカメラを利用しているため、大きなトラブルはないかと思います。XPERIA 1に関してもカメラの性能に関してはかなり評価している人が多いと思います。

そのままを継承するため、XPERIA 5に関してもかなり期待している人が多いでしょう。

XPERIAシリーズは元々カメラに強いため、3つになり、問題は制御だけでしたが、制御に関しても特に問題もありません。

トータル的に見てXPERIA 5というのは、かなりオススメできるカメラを搭載していることは間違いないと思います。

 

カメラの映り込みを制御する機能

これは非常に面白いです。実は超広角で撮影した場合などは、撮影時に、指が写り込んだりする場合があるのです。

指が写り込んだ場合などに、この機能があると非常に助かります。事前に指の映り込みを察知してくれて、メッセージとして表示してくれるのです。

この機能があると、指をすぐに隠すことができたりします。通常撮影時や望遠時にはおそらく指が映り込むということは、あまりないかもしれませんが、超広角時には普通にありえるのです。その時にこの機能があれば、本当に便利ですからね。指の映り込みがこれで減ればと思います。

フォーカスに関してもこのように事前にお知らせしてくれるのです。それはかなりメリットのあることではないかと思います。実際に被写体を見ればフォーカスがずれているのかというのは、わかるかと思いますが、フォーカスがずれているということは、気づかない時もあります。その時に事前に教えてくれる機能があるということは、それだけでもかなりメリットがあることかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました