事務手数料が無料はドコモオンラインショップ
iPhoneXRが機種代込で1480円で維持できる
詳細はこちらから

XPERIA 1のゲームエンハンサー機能 縦長の画面でも問題なく利用可能

XPERIA 1
 

XPERIA 1にはゲームエンハンサー機能と呼ばれる機能がついていることを知っていますか?

ゲームエンハンサー機能ってなんだ?と思う人も多いと思いますが、今回発売されるXPERIA 1というのは、21:9という画面比率となっており、現在発売されている大半のスマホでは21:9というような比率の画面はありません。

そういうこともあり、ゲームをする時に16:9の画面比率でできるの?と思う人も多いと思います。

 

XPERIA 1はゲームエンハンサー機能で解決

XPERIA 1 新機能 ゲームエンハンサー 解像度 21:9はどう?

こちらゲームエンハンサー機能を紹介している動画となりますが、XPERIA 1の機能に関して言えば、今回もそうですが、かなり考えられていると思われます。

ゲームをする時には21:9に変化するということなので、かなりオススメできると思います。

またパフォーマンス設定やメモリ解放、通知の制御も可能となります。いわゆるゲームをする時に搭載されている機能となっております。

この機能を利用すると、ゲームをする時に最高のパフォーマンスを出すことができるという機能となります。

すでにそこまでせずともスペック的に最高の機種となっているため、どうなのかな?と思いますが、すでに海外から発売されているスマホなどではゲーム時の設定にて最高のパフォーマンスを得ることができるようです。

今回の機能ではカメラボタンの無効化やマルチウィンドウでゲームをすることなども想定されているようです。

今までのスマートフォンというのは、ゲームをする時でも通知などがあったり、ゲームをする上で阻害されることが結構ありました。

それがゲームエンハンサー機能を利用することで、ゲームを阻害する要因というものが非常に少なくなり、ゲームに専念することが可能となる機能です。

 

気になるのは熱暴走

気になるのは熱暴走です。ハイエンドなスマートフォーンでありながらもやはり長時間ゲームをし続けることにより、どうしても熱が発生します。

その場合の対策は結構各社メーカーも辛いようですね。熱暴走は以前と比較するとかなり少なくなってきているようですが、グラフィックをかなり利用するようなアプリを動作させる場合、どうしても発生してしまうようです。

熱暴走がないようにしてもらいたいですが、どうしても熱暴走というのはある程度仕方ないかもしれません。

ただし熱暴走が発生する条件というのは、かなりグラフィック性能を使うゲームの最高レベルを継続的にやり続ける時に発生する可能性があるという程度なので、普段利用する上ではあまり気をつける必要はないかと思います。

普段利用している時には熱暴走などまずありえないでしょうね。

ただし夏モデルというのは、基本的に真夏に利用する人も多いわけです。真夏に利用しているとそもそもの気温が高いので、熱暴走しやすくなる可能性も高いですね。それだけは気をつける必要があるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました