事務手数料が無料はドコモオンラインショップ
iPhoneXRが機種代込で1480円で維持できる
詳細はこちらから

サムスン 折りたたみスマホ 2019年初旬にも発売予定

Android
 

サムスンは以前から折りたたみのスマホの開発を行っていると言われていることを知っている人も多いと思います。

折りたたみのスマホというとガラケーのようなものをイメージする人も多いと思います。実はサムスンの折りたたみのスマホというのはそのようなスマホではありません。

スマホでありながら折りたためるという非常に面白いスマホとなっているのです。

その詳細の記事はこちらにあります。

GALAXY X ギャラクシーX スペック 発売日 折りたたみスマホになる可能性が高い

折りたたみスマホというのは完全に折りたためるスマホということで、有機ELを全面に採用しているスマホということになります。

 

2019年初旬にも発表

2019年初旬にも発表されると言われております。2019年にはGALAXY S10やGALAXY NOTE10の発売も控えており、サムスンはかなりのスマホを投入してくると思われます。

GALAXY Sシリーズというのは現在かなり人気のあるスマホとなっており、今日本国内でもGALAXY S9の発売は開始されております。

またそれとは別枠でGALAXYXという名称で検討されている折りたたみスマホですが、折りたたまれることにより、非常に大画面でスマホを楽しむことが可能です。

大画面にするためには現在ドコモからは「M」というスマホも発売されておりますが、そのモデルというのはヒンジもついており、若干ながら普通のガラケーのような折りたたみとなっております。

ガラケーのような折りたたみとは全くことなり、有機EL自体が折りたたまれるわけです。このようなことから非常にメリットのあるスマホとなっていることは間違いないと思います。

 

日本でもキャリアの取扱はあるのか

当然気になるのはキャリアの取扱です。当然ながらここまでの人気モデルとなるのであれば、キャリアの取扱も十分考えられるわけです。

キャリアの取扱が開始されると日本でもこの折りたたみスマホというのはかなり販売台数を伸ばすことが予想されます。

どうせスマホを買うなら大画面のスマホがほしいと思う人も多いでしょう。また有機ELの特性から消費電力もかなり抑えられているようです。

消費電力が抑えられているということもかなりのメリットであるかと思います。有機ELを採用することによりこのような形状のものも実現されるわけですが、非常に楽しみですね。日本での取扱は本当に楽しみであるかと思います。

日本で取扱を開始してもGALAXY Sシリーズとはかぶることもないかと思いますので、かなり楽しみですね。

 

GALAXY Xという名称になる?

GALAXY Xという名称になる可能性も非常に高いようです。

GALAXY Xという名称が折りたたみを利用することができるスマホとなっております。

GALAXYシリーズは最新いろいろなモデルを開発しており、日本でもかなり人気になっております。

価格は非常に高いかもしれませんが、やはり必要と思う人がいるわけです。

引用元:koreaherald

タイトルとURLをコピーしました