GALAXY NOTEがSシリーズと統合され PlusモデルにSペンが装着される可能性がある

GALAXYシリーズの中でもSシリーズ及びNOTEシリーズというのは非常に人気の高いシリーズであることは知っている人も多いと思います。

今後このGALAXYシリーズの中でもNOTEシリーズ及びPlusモデルの統合が検討されているという情報がありました。












NOTEとPlusは画面サイズではほぼ同じ

NOTE及びPlusモデルというのは画面サイズもほぼ同じとなっており、統合するのであれば、確かにこのサイズなら問題ないかもしれません。

また基本的な性能に関してもNOTEシリーズとSシリーズのPlusモデルではほぼ同じスペックとなっております。そういうことをトータル的に考えるとやはり統合というものは仕方ないことかもしれません。

逆に統合してもらったほうがいいのかも?という感じでしょうか?

もともとSシリーズにはPlusモデルというものはありませんでした。このPlusモデルというのはiPhoneでもPlusモデルというものが登場したことにより、画面サイズ及びスペックを若干変更しできたものです。

Plusモデルができた経緯を考えると別になくてもNOTEシリーズのみでよいのでは?と思うような声もかなり聞かれそうですね。

Sペンは非常に使いやすい

スマホも含めてですが、大画面ならではの使い方ということでSペンというものがあります。このSペンというものが搭載されているのは、NOTEシリーズのみです。

そのためNOTEシリーズというのは、今後も継続で販売されるでしょう。基本的にPlusモデルがNOTEに統合されるというイメージなのでしょうか。

Sペンという独特の使い勝手というのは非常によくなっており、ビジネスのシーンでもかなり使い勝手によってはいいと言われております。

Sペンを利用することで、手書きのメモなどが取りやすくなり、通常に利用する上でも非常にいいと思われます。

今後NOTEシリーズと統合しても問題ないのでは?と思っている人もかなり多いと思いますが、Sペンの廃止だけはやめてもらいたいですね。

NOTE10の発売の頃に統合がやってくる

GALAXY NOTE10の発売の頃ということは2019年にはこのようなものがやってくると思われます。

2019年にはSシリーズの中でもPlusモデルが統合タイプで発売されるのか、もしくはPlusモデルの発売をやめてNOTEシリーズのみにいくのかわかりませんが、現在統合の方向で話は進んでいるようですね。

統合されることでのデメリットはラインナップが減るということですが、トータル的に販売台数がそれほど大きくぶれないのであれば、SamsungとしてもそれはそれでOkなのかもしれません。

基本的にスマホの開発というのはかなりの時間と手間がかかります。そのあたりが払拭できてコスパがよいものができてそれが価格に反映されるのであれば、エンドユーザーとしてはそれはそれでOKですからね。

NOTEシリーズの統合とはいえSペンは確実に残してもらいたいですね。PlusシリーズのみがNOTEシリーズとなることを祈っています。