2018年のiPhoneの名称は単純に「iPhone」となる見込みの予定

2018年に発売されるiPhoneですが、名称に関しては色々でております。

iPhone8の次のモデルにあたるので、iPhone9、iPhone8sなどいわれておりますが、名称に関しては「iPhone」となる可能性があります。












iPhone8とiPhoneXで名称が別れた

2017年に発売されたiPhoneは以下の通りです。

iPhone8
iPhone8Plus
iPhoneX

この3種類のiPhoneが発売されました。基本的なスペックは同じで画面サイズの違い、カメラの違い、有機ELの採用などと各iPhoneで仕様が若干異なっておりますが、基本的にはスペックは同じです。

2018年にはiPhoneは3種類発売されるといわれており、3種類のiPhoneの名称というのはまだどうなるかわかりませんが、基本となるものは「iPhone」となる見込みです。

iPhoneの後に名称などはなくなる見込みとなっております。

iPadも同様の経路を辿った

iPadに関しても実は同様の経路を辿っております。

何もないiPadいわゆる無印iPadと呼ばれておりますが、6世代目という言い方になっております。

それが今のiPadです。iPadは名称の変更もありませんでした。それまではiPad、iPad2などという呼び方があり、iPadAir、iPadAir2などという名称になっておりましたが、iPadも結果的にiPadになりました。

ProモデルはそのままiPadProという名称ですが、iPadPro2という名称でもありません。

iPadPro2017年モデルという言い方だったりするわけです。そのためiPadも結果的に名称はiPadとなりました。

その影響かどうかは不明ですが、iPhoneもiPhoneとなる見込みとなっております。

それでもやはりiPhoneはiPhoneではなく、別名称のほうが結果的にわかりやすいような気もしますが・・・

エンドユーザーにはわかりにくい

結局のところエンドユーザーにはわかりにくい可能性が高いですね。エンドユーザーというのはiPadというといつのiPadなの?iPhoneというとiPhone何?というふうになります。

そのためエンドユーザーには非常にわかりにくい名称となってしまいます。

Appleはそれでもそれを選択したようです。

エンドユーザーは次に発売されるiPhoneの名称には何かをつけてほしいと思っているはずです。

それはiPhone9だった場合にiPhone9のユーザーはiPhone8以下のiPhoneを所持している場合はやはり優越感があると思います。

そういう意味でもエンドユーザーにとっては新しいiPhoneになればiPhoneの名称というものはほしいものではないでしょうか。

私も実際に利用するのであれば、名称はあって欲しいものです。それでもAppleの製品なので文句は言えませんからね・・・

結果的にiPhoneという名称だったとしてもiPhone8やiPhoneXの次のモデルであることは間違いないでしょう。

結果的にiPhoneという名称はわかりにくいという声も

iPhoneの名称がiPhoneだけになると結果的にいつ発売されたiPhoneなのか非常に分かりづらいと思います。

iPhoneという名称にすることは別に構わないと思いますが、結果的にiPhoneという名称というのは本当に分かりづらくなると思います。

そのため名称はiPhoneと言ったところで、そのあとに何世代目というものは必ず付くと思います。

やはり今のタイミングならiPhone9?という名称になることが妥当なような気もします。

キャリアも他のiPhoneと区別する必要があります。他のiPhoneと区別することで、iPhoneがいつ発売されたかわかるわけですね。

そうしないと結果的にそのiPhoneはどのiPhone?ということになりかねません。

今発売されている無印のiPadもそうです。わざわざ無印のiPadとかApple Pencilが使えるiPadとか2018年モデルのiPadとかいろいろな呼び方をしているようです。

そうしないと区別し辛いということになります。iPhoneというのは非常に素晴らしいガジェットになると思いますが、名称に関しては色々な見方があるため実際にどうなのでしょうね。