2018-2019 秋 冬 春モデル ドコモ au ソフトバンク 予想 オススメ スマホは何になる?

2018年の秋モデル及び冬モデルの予想を行いたいと思います。2018年の秋モデルというのは10月ごろに発表されると思われます。

日本ではiPhone発表後1ヶ月ほどで再度発表されるものと思われます。

2018年夏モデルを発表しましたが、かなり使えるスマホをいろいろ発表してきたと思います。

今後2018年夏モデル以降で期待したい機種は何になるのでしょうか?また冬モデルというわけではありませんが、iPhoneXsやiPhoneXC、iPhoneXSPlusの予約も実施しております。

iPhoneよりも後にモデル発表会が実施されるわけですが、Android、iPhoneが揃ってかなりいろいろなスマホが販売されるわけですね。

iPhoneも含めてオンラインショップなどには最新の情報が掲載されます。












各社オンラインショップで購入及び予約可能

<ドコモ>


ドコモオンラインショップが事務手数料無料を撤廃する方針を出しました。 今まではドコモオンラインショップでの契約というのは、XiからXi...

こちらドコモオンラインショップの情報ですが、2018年9月1日以降にドコモオンラインショップからスマホを購入すると事務手数料が無料になります。

新規、MNPなどでも事務手数料が無料になるということで、非常にありがたい施策となっております。

なかなかオンラインショップに縁のなかった人もこのような事務手数料の撤廃ということを考えると今後利用する機会が増えそうですね。

事務手数料の撤廃の理由はなんといっても混雑しているショップを少しでも緩和させる狙いがあるようですね。

今後秋モデルや冬モデルの発表後に店舗に行く人はやはりドコモオンラインショップをチェックしておくことをおすすめします。

<au>


auに関しても自宅まで無料で送付してくる上に発売日に自宅に届けてくれます。オンラインショップを利用する人がかなり最近増えていることは間違いないかと思います。

<ソフトバンク>

<ワイモバイル>


ワイモバイルというのは格安スマホの代名詞といっても過言ではないでしょう。現在はソフトバンクショップでも取扱が開始され、非常に注目を浴び得ていると思います。

ソフトバンクではiPhoneを取扱、こちらではAndroid ONEのスマホの取扱を実施しております。

Appleとグーグルの2つの巨大IT企業をきっちり抑えているソフトバンクグループというのは本当にすごいですね。

<UQmobile>

UQモバイルのスマホが非常に安価に発売されております。 ウェブからの申込みで13000円のキャッシュバックを得ることが可能なのです。ど...

こちらUQのキャンペーンなどを紹介しているページとなっております。

各社オンラインショップでスマホなどの最新モデルの購入は可能となっております。

当然ながら予約をすることも可能となっておりますので、各種オンラインショップはぜひ利用してもらいたいと思います。

ドコモが2018年10月17日より新製品発表会を開催

ドコモが2018年10月17日13時〜新製品発表会を開催すると発表しました。

その時に発売されるモデルというのは以下に記載しているモデルかと思われます。その中で特筆すべき機種というのは、XPERIA XZ3とGALAXY NOTE9でしょう。

これらのモデルというのは、スペックも非常に高くかなり期待が持てるモデルかと思われます。

他にはAQUOSシリーズの発売もあるかと思いますが、正直今回は見送ってもよさそうです。

選択するのであれば、XPERIA XZ3でしょうね。日本でのXPERIAシリーズの人気というのはかなりのものがあり、継続して利用している人も非常に多いです。

やはりそれは使い勝手というところにおいても非常に優位に立っているかと思います。

XPERIAかGALAXYか本当に悩ましいところですよね。ドコモに先立って他社も同様に新モデルの発表会は行なうと思われます。

XPERIA XZ3 有機EL搭載



XPERIA XZ2の後継モデルというものは発売される予定になっております。XPERIA XZ2の後継モデルの名称というのはまだ決定はしておりません。

今のところXPERIA XZ2の後継モデルはマイナーアップデートレベルになると予想されており、XPERIA XZ2sになる可能性が濃厚です。

XPERIA XZ3 Infinityというスマホも今後発売されると思われますが、2018年秋モデルでは登場しないと思われます。

こちらがXPERIA XZ3 Infinityと言われているスマホとなっており、日本ではPREMIUMモデルが2018年の8月ごろに発表されることを考えると秋モデルでの登場はおそらくないと思われます。

Infinityの発表は2019年にずれ込むと思われます。そのため単純にXPERIA XZ2の後継モデルになる可能性が非常に高いと思われます。

XPERIAシリーズもPREMIUMモデルと同様にCPUが最新のものに置き換わりました。XPERIA XZ3でも同様に最新のCPUが搭載されることはほぼ間違いないかと思います。

CPUが最新のものということは動作速度としては発売時点ではほぼ最高レベルのものということになります。最近のスマホは2年経過しても利用できるものが非常に多いため、そこまで問題にはならないかと思いますね。

IFA2018で登場するとも言われており、かなり期待できると思います。

IFA2018が8月31日から9月5日までベルリンで開催される予定になっております。 その時にソニーはXPERIA XZ3を投...

こちらがその記事となっております。最新モデルということもあり、かなり期待はもてるかと思います。

最新のXPERIAシリーズがほしい人は2018年の秋に発売される予定のXPERIA XZ3の購入をオススメしたいですね。

XPERIAシリーズの中でもフラッグシップモデルをこの時期に投入してくることは間違いありません。フラッグシップモデルはそれだけ人気の高いモデルとなっており、売れる可能性は非常に高いと思います。

Xperia XZ3が世界的に発表されたことによりソニーでも有機ELが採用され、今後間違いなく有機ELが加速していくことは間違いないと思います。

有機ELに関していえばGALAXYシリーズに搭載され、iPhoneにも搭載されました。今後は同様に有機ELは他社まで波及していくことは間違いないと思います。数年前に有機ELがかなり流行った時代がありましたが、その時というのは有機ELの価格が非常に高いこともあり、普及にまでは至りませんでした。最近は有機ELの価格も値下がりしてきており、有機ELを採用するスマホもどんどん増えてくることは間違いないかと思いますね。

有機ELの搭載ということで、かなりの薄型に成長しました。有機ELというのは今後スマホ業界の中でもかなりの人気の画面であることは間違いないかと思います。

フラッグシップモデルに有機ELが搭載されるということは当たり前になってきました。

iPhoneが刺客になるのか?

iPhoneは別途販売されましたが、iPhoneの発売と秋、冬モデルの発売が近いこともあり、iPhoneは確実に刺客になります。

そのため各社のAndroidというのは間違いなくiPhoneを意識することは間違いありません。

特に日本市場ではiPhoneの販売台数というものが約半分ということで、非常に人気が高いのです。

iPhone Xsが発売されました。 最新のiPhoneは毎年かなりのイベントとなっており、世界中からも注目というのはかなりの...

こちらにiPhoneの最新情報を掲載しているページがありますので、紹介しておきたいのですが、今回のiPhoneというのは本当にかなりの大画面モデルとなっており、iPhoneXSMAXに関してはかなりびっくりするほどの大画面となっております。

ここまでの大画面モデルの販売ということで、かなり気合も入っていることは間違いありません。これはAndroidの刺客であるといっても過言ではないでしょうか。

基本的に今まで大画面モデルというのはAndroidくらいでしたが、今回はiPhoneXRという機種でも6.1インチと非常に大画面となっております。

そこまでの大画面モデルということであれば、相当売れることは間違いないかと思います。

ライバルはGALAXY NOTE9になるのではないでしょうか。GALAXY NOTE9に関してもかなり人気の高いスマホです。世界的にはSamsungはかなりAppleを意識していることは知っている人も多いと思います。

この2社の争いというのは本当にすごく感じますね。日本市場でもこの時期になるとAppleとSamsungの2強といっても過言ではないでしょう。



AQUOS ZEROがシャープから発表有機EL搭載モデル

AQUOS zeroというシャープのフラッグシップモデルが発表されました。 シャープというメーカーは最近鴻海に吸収され、非常に...

こちらにAQUOS ZEROの紹介記事を掲載しておきます。AQUOSシリーズの中でも一番新しいモデルが登場しました。

シャープはこのモデルで初めて有機ELを採用することになりました。もともと液晶のシャープといわれていましたが、ここにきて有機ELに転換してきました。

シャープが日本で有機ELの国産工場をかまえそちらで製造された有機ELになる見込みです。

有機ELというのはそれ自体が発光するということで、昨今スマートフォンに使われ始めました。

サムスンのGALAXYシリーズなどでは以前から有機ELを搭載したスマホを販売していたのですが、シャープは有機ELを主力製品にしようと自社工場をたちあげ自社ブランドであるAQUOSシリーズにも採用しました。

まだ世の中には出てきておりませんので、正確な評価は出来ないと思われますが、シャープの技術力からするとかなり評価されるのではないでしょうか。

日本製ということで品質もかなりいいと思われます。有機ELを採用することで、今回のAQUOS ZEROの薄さは8.8mmとなりました。かなりの薄型となっております。

AQUOSシリーズはZEROという名前に変わり、かなり進化しているものと思われます。発売直後は様子見かもしれませんが、評価が固まってきたら買いであることは間違いないかと思います。

GALAXY NOTE9

SC-01L ギャラクシーノート9 ドコモ より発売 Lシリーズになる予定

GALAXY NOTE9は発売される可能性が非常に高いですね。GALAXY NOTE9というのは8月9日にも世界的に発表されるといわれており、10月なら十分秋、冬モデルに間に合います。

このGALAXY NOTE9に関しても期待している人はかなり多いのではないでしょうか。

GALAXY NOTE9というのはいわゆるSペンを利用するGALAXYシリーズとなっており、ペンの動きによりいろいろ新しい機能を利用することが可能となっております。

SペンというのはGALAXY NOTEシリーズでは必ず付くものとなっており、Sペンでどのような動きになるのかということも非常に楽しみです。

GALAXY NOTE9のみ他のスマホといろんな意味で異なっており、ペンが付属されているモデルというのはこれだけです。

そういう意味でもかなりGALAXY NOTE9は期待できるでしょうね。

今回GALAXY NOTE9ではSペンにも注目です。

GALAXY NOTE9の発表会が8月9日でニューヨークで行われるということは知っている人も多いと思います。 日本ではGALA...

こちらSペンの能力となっておりますが、Sペンは今回かなりレベルアップするかと思います。Sペンには相当期待できると思います。

Sペンというのは今回Bluetoothを搭載し非常に期待できると思います。スマホをSペンを利用して遠隔で動作させることも可能となっているのです。

GALAXY NOTE9は本当に売れるスマホになるのではないでしょうか。

Sペンを使ったデモなどを見てみたいですね。日本での発売は10月下旬になると思いますが、海外ではすでに販売が開始されております。

海外などのレビューなども参考にしてもらえればいいと多みます。

Sペンの充電も本体に挿すだけで完了となり、Sペンは使い終わったら本体に格納するということで十分です。

今回の冬モデルの本命は個人的にはGALAXYNOTE9だと思います。それくらいこのスマホというのはすごいと思います。

カメラのスペックアップに期待

GALAXY NOTE8の後継モデルということもあり、いろいろ期待したいところはあるかと思います。

GALAXY NOTE8と比較して今回期待したいのはカメラです。カメラはすでにGALAXY NOTE8でかなりキレイな動画や写真を撮ることが可能となっており、すでにかなり期待されていると思われます。

今回そのカメラにテコ入れが行われるというのです。

GALAXY S9もデュアルカメラとなり、そのままさらにいいカメラになることが予想されます。

それこそF値の可変機能なども搭載されると思われます。F値の可変というのは非常に面白い機能の一つです。今まで発売されてきたスマホには搭載されていなかった機能の一つだと思います。

それらの機能が搭載されるということで、かなり期待できるのではないでしょうか。

カメラ性能に関してはかなり定評があり、今後はSシリーズとの統合も検討されております。

カメラのスペックには本当に期待したいところですね。カメラは可変のF値となっており、暗い場所などでもかなりキレイに撮ることが可能になります。カメラ性能で選ぶならGALAXYNOTE9がかなりオススメしたいですね。



AQUOS R2 Compact

AQUOS R2 Compact スペック 発売日 予想 ノッチもなく小型モデルになる予想

AQUOS R2 Compactも今後発売される可能性があります。

AQUOSシリーズの中でもR2というフラッグシップモデルの発売は2018年夏モデルとしてありましたが、2018年秋モデルとしてはCompactモデルの発表もあるかもしれません。

Compactモデルといっても最近のCompactモデルというのは大画面になりつつあります。

Compactモデルでありながら、5インチクラスのものが発売されているのです。昔は5インチというとかなり小型モデルでした。

それがXPERIAもそうですが、Compactモデルで5インチを超えるモデルというものが出てきているのです。

そういうことからAQUOS R2 Compactに関しても5インチクラスのものが発売される可能性ということは十分考えられます。

ここ最近のCompactモデルの代表格といえば、iPhoneです。実はiPhone8に関しても4.7インチしかなく、Androidスマホと比較するとかなりCompactなスマホとなっております。

Compactというのは、文字入力がしやすい、ポケットに入りやすいなどというメリットはかなりあるかと思います。

小型サイズは見づらいことがあるというくらいです。文字の大きさがそれほど大きくはないので、やはり見づらいということは可能性として考えられますが、若い人にとっては見づらいということはそれほど気にすることはないかと思います。

画面の解像度もCompactモデルながらかなりの解像度になる可能性は十分にあるでしょう。そういう観点からも今後Compactモデルというのは、女性を中心に人気になっていくことかと思います。

今回iPhoneXC?と呼ばれるLCDを搭載したiPhoneが発売される予定です。そのiPhoneが大画面モデルになるので、やはりコンパクトモデルというのは継続的に販売してもらいたいですね。



Huawei Mate 20 PROはどうか

ソフトバンクからHuawei Mate 10 proが発売されておりますが、今後Mate 20 proも発売される予定となっております。

MateシリーズというのはHuaweiのフラッグシップモデルとなっており、非常に期待できるスマホとなっております。

HUAWEI Mate 20 Pro スペック 予想 価格 発売日 オススメ

こちらがMate 20 proの後継モデルとなっております。その後継モデルというのは、かなりスペックも高いことが予想されております。

Huaweiは日本のキャリアにスマホを提供しておりますが、ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれに提供しているものの、3モデルとも異なるモデルを採用しております。

それは本当に開発力としてはかなりのものがあると予想されます。

各社それぞれに対応させるということはやはり容易なことではないかと思います。

各社に対応させることにより、今後日本市場ではHuaweiの勢いというのはかなりましてくると思います。

今のところHuaweiのスマホというのは、日本市場においてSIMフリースマホなどでもかなり人気のあるモデルです。

日本ではSIMフリーモデルとして人気がありましたが、今後はキャリアモデルとしても人気が出てくることは間違いないと思います。

当然ながらMate 20 proというのはかなり期待できるスマホとなっていることは間違いありません。後継モデルの発売ということになれば、ソフトバンクから発売されることは間違いないと思います。

Mateシリーズが仮に発売されるとなると日本市場では本当にHuaweiの率がかなり高くなるかと思います。現在ドコモ、au、ソフトバンクに同じモデルではなく異なるモデルをそれぞれの会社の納入しているHuaweiの実力というのはかなりのものではないでしょうか。P20 Proのトリプルカメラは絶賛する人も多くカメラ性能に関しては本当にすごいです。

あそこまでのレベルのカメラであれば正直びっくりしますね。それくらいすごいレベルのものを製造したなぁ〜と関心させられます。

INFOBAR xvの発表が開催

INFOBARもこの秋モデルで発売される予定となっております。

INFOBARというのは、auが発売しているスマホとなっており、デザインに特化したモデルとなっております。

非常に楽しみですね。INFOBARも久しぶりに発売されるということで、かなり期待できるかと思います。INFOBARというのは、デザインに特化しているモデルということなので、機能面では若干落ちるかもしれません。

今回はケータイとして発売されるということなので、そこまで機能に関しては検討している人も多くはないかと思います。

ついにINFOBARが発売され、一部のユーザーにはかなり人気が出るのではないでしょうか。ただしスマホではないため、現在ガラケーを所持している人が買い換える程度にとどまるかと思います。auのその選択肢はどうなんでしょうか。もっと出してほしかったわけですが、あくまでケータイということなので、そこまで販売台数を伸ばす事ができるのか・・・ということが課題かと思いますね。

auではINFOBARが登場するということで、これもかなり期待が高まると思われます。

INFOBARはかなり人気の高いシリーズとなっており、根強い人気です。最近は発売されておりませんでしたが、市場の期待度はかなり高まっていたと思われます。

シャープから廉価版モデルの登場もあるか?

シャープから廉価版モデルの登場があるかもしれません。廉価版モデルというのはフラッグシッップモデルではなく、買いやすい価格で登場するモデルです。

シャープは最近ハイスペックモデルと廉価版モデルの2つのモデルを市場に投入していっております。

市場の期待度としてはハイスペックモデルもそうですが、廉価版モデルにもかなり最近は注目が集まっております。

廉価版モデルというのは、現在のスマホの価格が非常に高く買い替えを渋っている人が選択するものです。

実際に持った人の感想としては安くてもAndroidを利用できるため全く問題ないということや価格が安いけど満足しているという声が非常に多いことが特徴です。

価格が安価ということが満足のカギとなります。各社からも発売される可能性も非常に高いと思われます。やはり安価なモデルというのは人気が高いですね。

廉価版モデルはSIMフリーモデルとして登場する可能性も高いですね。SIMフリーモデルは格安スマホとして取り扱われるため、格安SIMを販売している会社の中ではかなり人気が出るかと思います。シャープは年配の人にとってはかなり好評なスマホとなっております。



格安モデルとしてnova3が発売される可能性も高い

今後Huaweiからnova3が発売されると思われます。nova3というのはnova2の後継モデルとなると思われます。 nov...

こちらを確認してもらいたいのですが、nova3というスマホも発売される可能性が高いです。

nova3というモデルというのは、Huaweiから発売されているモデルです。日本での発表はまだですが、中国ではすでに発表されているのです。

中国で発表されており、スペックも非常に高いです。それでも次のモデルとしてKirin980を搭載するモデルが発売される予定になっておりますので、このnova3はKirin970を搭載しております。P20 Proなどでも搭載しているモデルですが、そちらもKirin970を搭載しております。

KirinというCPUというのはHuaweiが開発しているCPUとなっており、かなりの能力を持っているCPUです。

基本的にSnapDragonと呼ばれるクアルコムのCPUと比較してもそれほど変わりません。

それのSnapDragon845相当のCPUを搭載しております。今のタイミングで例えばUQ mobileなどから発売されるとなるとキャリアモデルとかぶる可能性が非常に高いので、やはり秋モデルくらいでの発売になるかと思います。

その頃になると次のクアルコムのCPUなども見えてくると思われますので、秋モデルもしくは冬モデルとして登場する可能性が高いでしょうね。

防水の特化したモデルの発売もあるか

京セラからTORQUE G04というモデルが今後発売される予定になっていると思いますので、スペックを予想してみたいと思います。 ...

こちらTORQUE G04となっております。防水に特化したモデルの発売の可能性も十分に考えられます。

基本的にこのようなモデルというものはある程度ニッチなモデルとなっており、ニッチなモデルというのはやはり一部のコアなファンには非常に人気のあるモデルとなっております。

秋モデルとしてこのG04の発売の可能性も十分にありえるかと思います。

防水に特化したモデルの発売というものは基本的に一部なモデルとなっております。

大半のスマホがすでに防水には対応しており、防水だけを求めてこのスマホを購入するとは限りません。

基本的にはこのニッチさとデザインが重要になるかと思います。防水に特化したモデルというものはそういうジャンルでどんどん進化してもらいたいですね。やはりそういうスマホが発売されないと市場も活性化されませんし、防水の技術もあがりません。

防水の技術力という意味ではこのようなモデルを定期的に販売し、また改良することによりこのようなモデルが目立つわけですね。

新型のiPhoneXs iPhoneXsMAXなどが脅威

iPhone Xsが発売されました。 最新のiPhoneは毎年かなりのイベントとなっており、世界中からも注目というのはかなりの...

やはりこの次期にどうしても話題になるのはiPhoneでしょう。2018年にiPhoneも発売される予定になっております。

iPhoneはどうしてもこの時期に冬モデルとかぶってしまいます。

Androidの冬モデルとして発売されるスマホがいろいろあったとしても残念ながらiPhoneとかぶってしまうことによりそこまで売上を伸ばすことはできません。

特に日本は一度iPhoneにしたら継続してiPhoneを利用するという人が非常に多いので、iPhoneを利用し続けるという人がかなり多いのです。

そういうこともありiPhoneを利用している人はかなりiPhoneに依存しているといえると思います。iPhoneを買う人は次もiPhoneです。それだけiPhoneはいい機種であることは間違いないかと思います。

どうしても秋、冬モデルとかぶってしまうため、iPhoneが今後どのように推移していくのか非常に期待したいところではありますよね。