au iPhone Xs / Plus MAX 2018 iPhoneXR アイフォンXs 在庫 入荷 購入先 販売先

auのiPhoneXS及びiPhoneXSMAXの予約の開始がスタートします。

予約開始時間は9月14日16時1分からのスタートとなっております。


こちらから予約を開始することが可能となっておりますので、上記のリンク先から予約を実施してみてください。

最速で予約をするにはどうしたらいいのでしょうか?

初回の在庫というのは、そこまで多くないと思いますので、最速で購入する方法というのはありますが、結構普通のやり方ではきついかもしれません。

とはいうものの一般の人は普通のやり方でないと購入はできません。普通のやり方で購入する中での最速で予約を行う方法というものを紹介したいと思います。

iPhoneの予約を最速で行う方法というのはオンラインショップを利用する方法が一番なのです。












auonline shopを利用する


au Online Shopを利用する方法というのが一番オススメしたい方法となります。

au Online Shopというのはauが運営しているonline shopとなっており、当然ながらこちらのonline shopというのはかなり信頼の高いものとなっております。

こちらを利用することで、最速で予約を行うことが可能になるのです。

iPhoneというのは今の時点で日本で一番売れている機種となっております。そのためiPhoneを予約したい人というのはかなり大勢おり、予約を行うタイミングではかなりの人がau Online Shopに殺到するのです。

そのため間違いなくサーバ含めて混雑するのです。それでもau Online Shopが最速で購入する方法となっております。

今回発売されるiPhone Xsはどんな機種かお伝えしたいと思います。



iPhone Xsはどんな機種?

iPhone Xsが発売されました。 最新のiPhoneは毎年かなりのイベントとなっており、世界中からも注目というのはかなりの...

こちらにiPhone Xsに関して触れている記事がありますので、こちらを参考にしていただければいいと思いますが、基本的にiPhone XsというのはiPhone Xの後継モデルとなっております。

そのため基本的な形状も同じ形状になることが予想されております。

形状は同じですが、全面的にスペックアップすることは間違いないと思いますので、スペックアップにはかなり期待したいと思います。

それではどのようにスペックアップするのでしょうか?

まずはなんといってもCPUです。いわゆる頭脳ですが、これが現行モデルより次の世代のものになります。

そのためこのCPUの能力がどれくらいあがるのかということも非常に気になります。最新の情報では10%台能力アップされる予定となっているようです。

2018年モデルのiPhoneのベンチマークが出てきました。iPhoneXとの比較となっており、当然ですが、iPhoneXと比較する...

こちらに現在出ているCPUの情報を掲載しておきます。基本的に能力アップは行われますが、劇的な能力アップというものは行われない可能性が非常に高いですね。

それでも今よりも間違いなく高速に動作させることが可能になっており、非常におすすめしたいと思います。

能力アップに関しては今回はCPUの能力でいえば10%程度です。それでも7nmという非常に細かいプロセス・ルールにて製造されているため、当然ですがかなりの省エネになっていることは間違いないかと思います。

プロセス・ルールが細かいということはそれだけ省エネになるのです。CPUというのは電力が少なく処理能力が高いほうがいわゆる燃費としてみたときはいいですからね。この頭脳の良し悪しというのがiPhoneの動作速度を決めるものとなっております。

現在発売されているものと比較すると性能アップは間違いありません。

性能アップに関してですが、ベンチマークでは36万ものハイスコアを叩き出したという情報もあります。かなりの能力の高さが伺えます。

能力が高い分当然ながらかなり期待もできるでしょう。スペックに関してはかなりみんな期待していると思います。特に今回はゲームをする人などにとってはかなり能力が高くなるということから期待が持てることは間違いありません。



モデル iPhone9 iPhoneXs iPhoneXsPlus
大きさ 未定 未定 未定
重さ 未定 未定 未定
CPU A12
RAM 3GB 4GB
ROM 64GB/256GB 64GB/256GB/512GB
画面サイズ 6.1 5.8 6.5
画面解像度 1792×828 2436×1125 2688×1242
画面 液晶 有機EL
カメラ 1200万画素 1200万画素デュアルカメラ(光学手ブレ補正)
カラー 5色(

グレイ、ブルー、ホワイト、レッド、オレンジ、ピンク、イエロー)

3色(シルバー、スペースグレイ、ゴールド)
認証方式 FaceID
SIMスロット 2(DSDS)中国のみか 1
ApplePencil 非対応 対応
その他 防水

現在出ている予想スペックとなっております。カラバリも増えるということもあり、非常に期待できるのではないでしょうか。

カラバリが増えることにより、選択肢が増えるわけです。また容量に関しても最大512GBのものが発売される予定になっており、今までの256GBで足らなかった人は間違いなく512GBという選択肢になるかと思います。

基本的にカラバリはいろいろなものが発売されるとそれだけ売上を伸ばすことができます。一度iPhoneを利用するともうほかのスマホに戻れないということで、かなりiPhoneもチカラを入れていることは間違いないかとおもいます。

今回の一番の売れ筋というのはやはりLCDモデルとなるでしょう。いわゆるiPhone9です。iPhone9が最も売れるiPhoneになることは間違いないでしょう。価格に関してもいろいろな情報が飛び交っておりますが、今のところ8万円前後で発売されるという可能性もあり期待できるのではないでしょうか。

XS XSPlusのスペックを紹介

こちらが最新のスペック情報となっております。この2つがiPhoneのフラッグシップモデルということになります。
XRは廉価モデルという位置づけになるのでしょうかね?

カメラの性能と有機ELを採用しないというくらいで、基本的な能力というのはiPhoneXS及びiPhoneXSMAXと比較してもそれほど変わらないと思いますが・・・

機種 iPhone XS iPhone XSMAX
仕上げ
大きさ 143.6×70.9×7.7mm 157.5×77.4×7.7mm
重さ 177g 208g
OS iOS12 iOS12
CPU A12 A12
RAM 4GB 4GB
ROM 64、256GB、512GB 64、256GB、512GB
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ
解像度 2,436 x 1,125ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
2,688 x 1,242ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
画面その他 True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
カメラ デュアル12MPカメラ(広角と望遠)
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
写真のスマートHDR
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
ローカルトーンマッピング
高度な赤目修正
露出コントロール
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
TrueDepthカメラ 7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
アニ文字とミー文字
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
写真のスマートHDR
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
Retina Flash
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレー
対応バンド FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD‑LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
その他 Touch ID、指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー



iPhone Xsの発売日はいつ? 9月21日に発売予定 予約開始日は?

iPhone Xsの発売日は9月21日になると予想されております。

そして気になるのは予約開始日でしょう。予約開始日に関しては9月14日 16時1分になる可能性が非常に高いです。

16時1分というのは、過去から継続して16時1分の予約開始時間となっております。

基本的にiPhoneの予約はこの時間帯の開始時間で統一されております。

au Online Shopでも同様にこの時間の予約開始であることは間違いないでしょう。

それでは予約開始後に初回購入で購入できるのは何時までに予約を行った場合になるのでしょうか?

基本的に先着順となっております。予約をした先着順に購入することが可能となっております。そのため購入するのであれば、16時1分開始後すぐに予約入力をするということになります。

それでは予約開始後それくらいで初回出荷分が完売になるのか?ということですが、ざっくり30分程度で初回納入分が完売します。

かなり早い段階で完売するんですね・・・となると16時1分から15分くらいまでに入力は完了させておきたいところではないでしょうか。

発売日にiPhone Xsがほしい人は16時には入力開始の準備をしておく

発売日にほしい人は予約開始の準備をすでにしておくほうがいいと思います。

基本的にau Online Shopから予約を入れることが最速になっており、購入予約を行うことが一番いい方法です。

発売日に自宅にiPhone Xsを届けてほしいのであれば、間違いなく16時にはスタンバっておく必要があるでしょう。

とはいうもののオンタイムの人が多いと思いますので、トイレなどでスタンバイしておくことをおすすめしたいですね。

ネットが自由にできる環境で仕事をしている人ならそのままネットから購入することが可能です。そういう職場で仕事をしている人は本当に幸せですね。

auonline shopは発売日に発送されるわけではなく発売日に自宅に届く

au Online Shopからの購入は発売日に発送されるわけではありません。

発売日に自宅に届くように事前に発送してくれるのです。

それは本当にありがたいと思いませんか?

発売日に発送されると勘違いしている人もかなり多いのです。

発売日に発送してくれるのであれば、正直なところ店舗から購入すると考える人も多いと思いますが、発売日に自宅に届くのであれば、発売日の購入もありかなと思う人もかなり多いでしょうね。

そういう観点からすると発売日に他の人よりも早く端末を手に入れることができるということは非常にいいことであるかと思いますね。

発売日にiPhoneがほしいという人はかなりいるかと思います。

最新情報としてiPhoneXCになるかもしれないという情報も出てきました。



価格情報が出てきた

2018年に発売されるiPhoneの価格情報が出てきました。

2018年に発売に発売されるiPhoneですが、価格情報がリークしたようです。 価格としては非常に安価な価格設定となっており、...

こちらが価格情報となっております。価格としてはかなり安価な価格設定となっております。これはかなり驚きですね。

最新の情報ではiPhoneXsMAXという機種になる可能性があるということで、MAXという機種でもiPhoneXより若干高めのレベルにとどまる可能性があり、非常に購入しやすくなっております。

かなりお得だと思います。

2018年モデルでここまで安価になるとは思いませんでしたが、本当に驚きですね。

価格が相当安価になったことで、auモデルに関してもかなり購入しやすくなったと思います。

iPhoneXs及びiPhoneXsMAXはかなり売れると思われますが、今回見逃していけないのは6.1インチモデルです。

6.1インチモデルもかなり目玉のiPhoneになっており、こちらも非常に人気が出るモデルになることは間違いありません。

かなり安価な価格設定となっており、Androidからの乗り換えもかなり期待できるのではないでしょうか。実際にAndroidからiPhoneに乗り換える人が多いのではないでしょうか。

実際6.1インチというのは、LCDモデルですが、基本的な性能は他のiPhoneと何も変わらないと思われますので、販売台数もかなり増えることは間違いないかと思います。価格からしても相当期待できるのではないでしょうか。


こちら再度オンラインショップを案内しておきます。ぜひ予約はオンラインショップにて実施してみてください。

auはiPhoneの割引がありお得

auのiPhoneはiPhone割引もありお得です。

「au フラットプラン 20/30」:毎月520円
「au フラットプラン 25 Netflix パック」:毎月1,020円

こちらが割引額となっております。これはかなりお得な施策となっております。

auのiPhone割引は非常にオススメしたいですね。

そういうこともあり、iPhoneというのは非常にauでは売れているわけです。

価格も安価になることからデータプランなどでもかなりお得ですね。今はauで購入するということはいいと思います。

割引が併用できるということは非常にありがたいですね。

Netflixというのはセットプランとなりますが、動画なども見ることが可能となりますので、それこそ動画などを楽しみたいという人にとっては間違いなくお得なプランであることは間違いないかと思います。

基本的に動画を見るとパケットを食うという心配をしている人も多いかと思いますが、Wi-Fiなどで見ると全く問題ありません。

このプランならビデオパスもついてこの料金なので、非常にお得に契約することが可能でしょうね。最近はこのようなセットプランというものがかなり出てきております。

セットプランのほうが利用者にとってはメリットがあることが多いので、検討してみてください。

docomo au SoftBank

auのiPhoneの毎月割の情報を掲載

auから発売されるiPhoneの毎月割の情報を掲載しておきます。

auからiPhone XSが発表されましたが、維持費などはどうなっているのでしょうか? 維持費含めて非常に気になるところではないでしょ...

こちらに毎月割の情報を掲載しておきます。

auの毎月割を利用することにより、結果的にiPhoneの維持費を抑えることが可能なのです。

通信費からの割引になるということは抑えておきたいところですが・・・

こちらが端末の毎月割などの価格情報を掲載しているページです。

これに通信費が発生するということになりますが、毎月割を活用することにより、かなり安価に価格を抑えることが可能になります。

価格を安価に抑えるということで、かなり購入しやすくなることは間違いないと思います。

iPhoneXrは非常に人気機種で在庫がない

iPhoneXrというのは非常に人気の機種となっており、在庫はほとんどの店舗でありません。

在庫がないので購入出来ないということですが、当然ながら購入するためには予約は必要となります。

iPhoneの在庫確保をするためにはやはり店舗で予約するよりもオンラインショップでの予約が本当にオススメです。

ほしい人もかなり多いと思いますので、在庫確保が非常にしやすいオンラインショップの利用をオススメしたいと思います。

11月の上旬ではほとんどの店舗で在庫がないようですね。

在庫確保をすることはかなり難しいと思われます。これから量産に入っていくと思っていましたが、11月に入ってからのニュースでは増産はしないというニュースも出てきました。

これで本当に大丈夫なのでしょうか?