ドコモ L-03K LG Style スペック 2018年 発売予定 レビュー 価格 日本 オススメ機種になるの?

L-03Kが発表されました。L-03Kというスマホはdocomo With対象スマホとして発表となります。












L-03Kの予約がついに開始

L-03K docomo with 対象スマホ ハイスペックなのに 280円〜で維持ができる 予約受け付け開始

こちら予約開始のことを記載しているページとなっております。

予約はドコモオンラインショップにて予約を行うことが可能となっております。

6月8日からの予約開始となっております。発売日は6月下旬の発売日と案内されており、未だ正式な発売日は発表されておりません。

L-03Kは今のところ安価で購入できる上に維持費も安いです。ぜひ検討してもらいたいスマホですね。

毎月の維持費をとにかく下げたいという人にとっては本当にオススメできるスマホであることは間違いないと思います。

昨今通信費というものはかなりあがってきておりましたが、docomo withのような施策が出てきたらかなりありがたいでしょうね。

それではどのような機種になるのか紹介したいと思います。

L-03Kのスペックは?

大きさ 約144(H)×69(W)×8.7(D)mm
重さ 146g
OS Android8.1
CPU Snapdragon 450
RAM 4GB
ROM 64GB
画面サイズ 5.5インチ
解像度 フルHD+
カメラ 1620万画素/800万画素
カラー ブラック、ホワイト、ブルー
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 2890mAhバッテリー、ワンセグ、防水、防塵

ワンセグが入っていることは非常にいいと思います。またこのスマホはスペック重視という位置づけとなっておりますが、docomo With対象のスマホとなっております。

docomo With対象スマホが維持費を含めて 安い スマホの廉価版を搭載で機種代金も安い

こちらdocomo Withに関する記事です。

L-03Kで動画を撮影してみた

ドコモからL-03Kが発売されております。 このL-03Kというのは、廉価版スマホということで、docomo With対象のスマホとな...

こちらL-03KをGETしたので、動画を撮影してみました。L-03Kは価格の割には非常にキレイな動画を撮影することができます。

こちら背面から撮った動画となりますが、背面動画は結構キレイな動画となっていることがわかるかと思います。

明るさなども自由自在に撮っている段階で調整を行うことが可能となっております。

ピントを色々な箇所に合わせて撮るということも可能となっております。カメラはシングルカメラですが、かなりキレイに撮ることが可能ということで期待できるかと思います。F値に関しては前面カメラより背面カメラのほうが高いのです。

暗い場所を撮影するのには前面カメラのほうがいいのかもしれません。おそらく室内で写真を撮ることを想定しているからだと思いますね。

docomo au SoftBank

フロント、リアにデュアルカメラ搭載

フロント及びリアがデュアルカメラになる予定です。背面いわゆるリアカメラがデュアルカメラになるということはかなりありますが、フロントにデュアルカメラが搭載されるということはまだ非常に少ないです。

中国メーカーの一部の機種なのではフロントにデュアルカメラを搭載している機種がありますが、日本でも有名な機種ではフロントデュアルカメラというのはありません。

フロントデュアルカメラが搭載されるとなるとかなり期待出来るかと思います。

フロントデュアルカメラが搭載されることにより、自撮りをするときにデュアルカメラの恩恵を受けることが出来るのです。

自撮りカメラの場合望遠及び広角ということはそれほど必要にはなりません。

ただしボカシ機能というのはあればかなり使えるのです。

iPhoneなどでも採用されているポートレートモードなどを搭載することにより、デュアルカメラで非常にキレイなボカシ写真を撮ることが可能になるわけです。

デュアルカメラのニーズはフロントにまでやってきたか・・・という印象ですが、男性で自撮りをする人はそれほど多くはないので、フラッグシップモデルは男性的なイメージが強いので、そこまでの機能はいるのかな?という感じですが、ないよりあったほうがいいのかもしれませんね。

背面のデュアルカメラというのは最近当たり前の機能になりつつありますので、それは搭載し続けてほしいですね。

発売日は?

2018年4月以降になる見込みです。LGのG6と比較しても若干遅めの発売になる見込みです。

今のところ4月20日以降が有力ということです。

ちょっと遅めですね。日本での発売はおそらく例年の様子を見ると発売の予定はなさそうです。

この時期はちょうど夏モデルがどうなるかという時期となっており、日本ではGALAXYシリーズのほうが人気が高いですからね。

GALAXYシリーズとほぼかぶる機種になるため、発売はおそらくないものと思われます。

docomo au SoftBank

写真はG6でG7と比較

こちらの写真はG6の写真となっておりますが、G6よりもさらにベゼルレスが進んでいます。

G7シリーズの写真は最も上にある写真ですが、それと比較してもさらにベゼルがないことがわかるかと思います。

G7はiPhoneXのような見た目になっているのです。iPhoneXのように上部にカメラが2つ出ていることがわかるかと思います。

基本的なフォルムというのは、さすがに後継モデルとなっておりますので、わかると思う人も多いと思いますが、かなりベゼルのない機種に進化したことはわかるかと思います。

Gシリーズは本当にどんどん進化しているなぁ〜という印象を受ける機種ですね。

Gシリーズもグローバルモデルとして発表されたことにより、日本の発売もぐっと近くなってきました。

グローバルモデルが日本で発売されることは市場活性化のためにもかなりいいことであると思います。

docomo au SoftBank

LGの動画は非常にキレイ

こちらLGから発売されているV20です。

そちらで動画を撮るとこんな感じです。結構キレイな動画ではないでしょうか。

ズームに関してもかなりいいと思いませんか?

実はLGはかなりカメラに力を入れているのです。そのため後継モデルに関してもかなり力を入れていることは間違いありません。

カメラなどを色々試してみましたが、今一番キレイに動画や写真を撮ることが出来る機種は、GALAXY NOTE8もしくはLG V30+これらの機種の動画が非常にキレイに撮ることが出来ますね。

個人的にもかなりこれらの機種の動画はいいと思いますので、韓国製品は今かなりオススメ出来る機種が色々取り揃えられております。

有機ELの見た目は非常にきれい

LGから発売されるG7も有機ELを採用しております。有機ELというのは最近かなりのスマホに採用されております。

iPhoneX、GALAXYシリーズ、LGのGシリーズVシリーズなどに採用されており、需要がかなり増えていると聞いております。

LGから発売されるGシリーズでも有機ELを採用しており、今かなり話題のパネルです。

有機ELを採用することにより、かなり薄型のスマホを製造出来るというメリットがあります。

そういう意味でもおすすめできます。またLGは自社で有機ELを製造しており、日本市場でもテレビなどではLGの有機EL搭載テレビなどで知名度はかなり上げてきていると思います。

有機ELの画面を見たことのある人ならわかると思いますが、かなりきれいに見ることが出来ると思います。テレビ市場ではかなりシェアを持ってきております。

それがスマホ市場へも入ってくるということはかなり期待出来るかと思いますね。

ドコモからもL-03Kというモデルで発売予定

ドコモからもL-03Kという名称で発売予定になるようです。LGのスマホは最近人気がかなり出てきました。

LGは最近量販店にもテレビなどが多く置かれるなど日本市場でもかなり目立ってきました。

また有機ELなどを他社メーカーに提供したりと技術的には素晴らしい会社であることを知っている人が多いのです。

そのためLGの知名度というのは日本ではかなり上がってきております。そのため前モデルのスマホも非常に販売台数を伸ばしているのです。

V30+という機種が今後ドコモから発売される予定になっております。 機種はLGの機種となりますが、V20 Proの後継モデルとなってお...

こちらが前モデルのスマホとなっております。実際には系統が異なるので、完全に前モデルというわけではありませんが、ドコモのスマホからすると前モデルとなってしまうわけですね。

このスマホも非常に人気が高くスペックも高いのでかなり人気のあるスマホでした。LGから発売されるG7もかなり人気のあるモデルになることは間違いないでしょう。

2018年の夏モデルの開催は5月16日

ドコモは2018年の夏モデルの発表を2018年5月16日に開催します。 12時からの開催ということで、非常に期待できると思いま...

こちら2018年夏モデルの開催は5月16日に行われる予定となっております。

色々なスマホの発売が期待されております。

まだ今のところL-03Kという名称で発売されるかどうかは未定ですが、発売してもらいたいですね。V30+ではDayDreamViewを同梱してくれるなどかなりサービスはよかったです。2018年にはいってそれをサービスしてくれるかどうかわかりませんが、VRが楽しめるという意味では非常に期待したいですね。