GALAXY NOTE9のバッテリー容量は4000mAhに 大容量で長持ちする?

GALAXY NOTE9を持ちたいと思っている人にとってはこの情報は朗報でしょう。

GALAXY NOTE9のバッテリーの容量はなんと4000mAhにもなる可能性が高いことがわかりました。

こちらがツイッターの情報となっておりますが、4000mAhというのは非常に大容量であることがわかると思います。

4000mAhものバッテリー容量があるということは、かなり素晴らしいことですね。












GALAXY NOTE8のバッテリー容量は?

GALAXY NOTE8いわゆる現行品ですが、そちらのバッテリー容量は3300mAhとなっており、容量としてはあまり多くはありません。

むしろ大画面ながら少ないのではないでしょうか。

とはいうもののこのGALAXY NOTE8は私も利用しておりますが、バッテリーがなくなるという心配にはなったことはありません。

実はこれくらいのバッテリーの容量があれば全く問題がないということの証なのです。

そういう観点からするとGALAXY NOTE9のバッテリー容量、4000mAhというのはかなりの大容量になるわけです。

GALAXY NOTE9の大きさは若干大きくなる

GALAXY NOTE9が2018年にも発売される予定になっております。 GALAXY NOTEシリーズというのは以前は日本で...

こちらの記事にもありますが、GALAXY NOTE9というのはGALAXY NOTE8よりも若干大きくなると報道されております。

そのことにより、バッテリーのサイズも若干大きくなっているのではないでしょうか。

バッテリー容量が増えることに関しては歓迎する人のほうが多いと思いますね。今まで1日に1度充電していた人も1日充電しなくてもすむ可能性があります。

バッテリーの容量が大容量になると充電する時間もかかりますが、基本的には寝ている間の充電となっておりますので、あまり気にすることはないかと思います。

特にGALAXY NOTEシリーズというのは、大画面なので、動画などをたくさん閲覧する人も多いでしょう。

そういう人もバッテリーの消費が激しいことが多いと思いますので、当然ながらGALAXY NOTE9の大容量化は大歓迎かと思います。

おそらく一度大容量にしたバッテリーというものは小型化することは難しいと思いますので、おそらく2019年に発売されるGALAXY NOTE10?でもおそらく大容量バッテリーが搭載されるでしょう。

バッテリーの容量不足という心配は少しはなくなりそうですね。

画面も拡大 Sペンの充電も

画面サイズも大きくなり、Sペンの充電も行う必要があります。

当然ですが、4000のバッテリー容量があっても当然といえば当然ですね。

それにしても4000というのはかなり巨大バッテリーサイズとなっております。これくらいのバッテリーサイズなら3日程度は余裕で持つのではないでしょうか。

基本的にバッテリーサイズが大きいほどバッテリーは持つわけですが、今回はSペンの充電も行う必要があります。

Sペンの充電を行うのであれば、ある意味仕方ないことでしょうね。

大容量になればなるほど、本体サイズも大きくなり、本体も大きくなります。そういうことを考えるともう少し小さいバッテリーサイズでもよかったのかなぁ〜なんて思うでしょうね。