事務手数料が無料はドコモオンラインショップ
iPhoneXRが機種代込で1480円で維持できる
詳細はこちらから

AQUOS sense plus スペック SIMフリー専用スマホ 価格は? レビュー

Android
 

AQUOS sense plusというスマホをシャープが発表しました。このスマホというのはSIMフリー専用のスマホということで、日本でも珍しいスマホとなっております。

シャープが発売するスマホでSIMフリー専用モデルということは非常に珍しいことですね。

基本的にはキャリアモデルということになるわけですが、キャリアモデルというわけではありません。

それではどのようなスペックになるのか紹介したいと思います。

 

AQUOS sense plusのスペックを紹介

大きさ不明
重さ不明
OSAndroid8.0
CPUSnapDragon630
RAM未定
ROM未定
画面サイズ5.5インチ
解像度2160×1080ドット
カメラ1640万画素/800万画素
カラーホワイト、ベージュ、ブラック
Wi-Fi不明
その他お財布ケータイ、IPX5/IPX8

現状でわかっている範囲というものはこちらとなっております。

CPUが6番台に

SnapDragon630となりました。

SnapDragon630ということは今までのAQUOSは4番台でしたが、6番台となりました。

それは非常にいいことですね。今までのモデルよりも高速なモデルとなりました。

ワンランク上のグレードのCPUになったことで、かなり期待できるかと思います。

画面サイズは5.5インチに

画面サイズは5.5インチになりました。これはかなり大画面で色々なものを見ることができるので、非常にメリットはあるでしょう。

最近は画面が大きい機種が非常に多くなり今までのように5インチレベルのスマホなら若干画面も小さめと感じる人も多いでしょう。

それが大画面になったことで動画や写真を大画面で見ることが出来、友人などとも共有しやすくなったということはかなりメリットがあります。

また18:9という画面の構成になったことにより、フルHD+という画面の解像度になりました。

今まではフルHDでしたが、少しだけ解像度が増えたと思います。

フルHDよりも少しだけ増えたことにより、コントロール的なものを表示させることも可能となっております。

実際にこの増えた解像度でどのようなものを表示させるのかはわかりませんが、アプリなどでこの画面を表示させることができるようなものも出てくると思われます。

 

SIMフリー専用モデル

このAQUOS sense plusはSIMフリー専用モデルとなっており、MVNOで発売されることをメインに検討されております。

MVNOではこのモデルを採用するモデルを搭載する格安SIM会社がかなり出てくると思われます。

かなり期待できるでしょう。

 

6月22日に発売が決定

AQUOS SENSE Plusの発売は6月22日に決定しました。

SIMフリー専用モデルとして登場するということは今までほぼなかったのではないでしょうか。

基本的に今まで発売されていたSIMフリー専用モデルというのはキャリアで発売されていたモデルをそのままSIMフリーにしたような感じでした。

結果的にキャリアからでも購入が可能なスマホでした。

それが今回はじめてSIMフリーのみの専用モデルとして発売されるようになりました。

SIMフリー専用モデルというとやはりMVNOでの採用が気になるところではないでしょうか。

MVNO各社おそらくこのスマホは当然ながら獲得したいスマホの一つとなっております。

基本的なスペックというのは、抑えられているものの、ある程度AQUOSシリーズの系統を引いているわけでなので、カメラや動画性能に関しては期待できるのではないでしょうか。

参考までにAQUOS R2の写真性能を紹介

こちらAQUOS R2で撮った夜間の風景となっております。

夜間での撮影風景ということで、あまりこのような写真を撮ることはないかもしれませんが、夜間でもそれなりにくっきりと照明を捉えていることがわかるかと思います。

こちらは日中に撮った画像となっております。

こちら日中外出先で写真を撮ることはあるかと思いますが、こちらはキレイに写真を撮れていると思います。

SHV42 SH-03K 706SH 前面カメラ 動画性能 スペック

こちらはあまりないことかもしれませんが、前面カメラで動画を撮ったらこんな感じでした。

おそらくAQUOS SENSE Plusもこれくらいの動画は撮れると思います。それでも前面カメラで動画を撮るということはあまりしないかもしれませんね。私はいろいろなスマホを持っていますが、プライベートで前面カメラで動画を撮るということはほぼしません。

それこそYouTubeなどに動画をアップしている人が自撮りとして撮る可能性があるかもしれませんが、その程度かもしれませんね。

SHV42 706SH SH-03K AQUOS R2 動画性能

こちら同じ場所で背面のカメラで動画を撮ってみました。背面の性能はこんな感じです。

AQUOS SENSE Plusでもこれくらいの動画ならいいのではないでしょうか。それでも若干ながら背面動画はイマイチになるかもしれませんね。

AQUOS R2は動画専用カメラをもっており、AQUOS SENSE Plusはそこまでスペックは高くはありません。

それでもそれなりにキレイな動画は撮れるかと思います。

 

低価格スマホは売れる

昨今低価格スマホはかなり売れます。低価格スマホは相当人気があります。

格安スマホというジャンルではシャープのスマホがかなり人気があるのです。

低価格スマホの人気というのはかなりのものです。なぜ人気があるのかということはやはり低価格というところでしょう。

低価格のスマホでありながら、やれることというのはAndroidスマホは基本的に同じなのです。

低価格スマホであったとしてもユーチューブも見れるし、なんでもできるわけです。

なんでもできるので、ハイスペックスマホと同じなのです。安いWindowsパソコンと高いWindowsパソコンがあるのと同じなのです。

高いものというのは、高速に動作することができますが、安価なものというのは、若干速度が遅いのです。

それでも高いものというのは、基本的いいわけですが、そのあたりはコストバランスです。コストバランスという意味では安価なものでも十分なわけですね。

そのため安価なものがかなり売れるわけです。

オンラインショップで購入
タイトルとURLをコピーしました