XPERIAXZ4は完全なベゼルレスモデルに 縁もなくノッチを採用か

XPERIA XZ4の発売が2019年に発売される予定になっておりますが、デザインが完全に変更になるようですね。

ノッチを完全に排除した形になるかもしれません。

ノッチが排除されると完全なベゼルレスモデルとなるのです。












有機ELの恩恵?

ベゼルが完全に排除されたモデルというのはやはり有機ELになったことによる恩恵でしょうか?

iPhoneではiPhoneXrに関しては液晶でありながらほぼベゼルレスとなっております。ベゼルレスという言葉は最近出てきましたが、ベゼルがないということに関して喜んでいる人もかなり多いでしょう。

有機ELに伴いバックライトの配置などをあまり考えることもなくなったと思いますので、有機ELの恩恵は少なからずあるでしょうね。

有機ELというのは、それ自体が発光するという性能があり、有機ELを用いた製品というのはこれからますます増えてくることが予想されます。

スマホの世界ではこのようにベゼルレスにしやすいという特徴もあるようですね。

ベゼルレスになるということは少なからずこのような恩恵を受けていることは間違いないでしょうね。

ただしベゼルレスというのが本当にいいのか?と言われるとそれはそれで疑問ですね。その理由はベゼルレスにすることにより動画や写真を撮るときに親指が画面にあたったりすることで、変な動作になってしまうこともあるからです。

XPERIAは今までデザイン性が優れていないと言われていた

XPERIAシリーズはここ数年デザインは遅れているとかある意味悪口ともとれるような感じで言われておりました。

確かに私もXPERIAシリーズというのは、正直なところモノは悪くないのですが、他社と比較してもデザインに関しては遅れをとっていたように感じます。

今後デザインに関しては改良を重ねてもらいたいところですが、iPhoneXが発売されてからは正直なところデザインに関してはノッチスタイルという感じに世の中の流れが変化してきたようにも感じます。

基本的に同じような見た目のものが非常に多いということです。

ある意味製品ごとの特徴が少なくなってきたようにも感じますね。

特徴が少ないということで、XPERIAシリーズだけがベゼルレスではないモデルを採用し続けているような感じでした。

ベゼルレスモデルが採用されることで、他社に追いついたというレベルなのかもしれません。

引用元:iphone-tech