事務手数料が無料はドコモオンラインショップ
iPhoneXRが機種代込で1480円で維持できる
詳細はこちらから

XPERIA XZ3 / XPERIA XZ2 / PREMIUM /Compact 比較 違い どう進化した?

XPERIA XZ3
 

XPERIA XZ3が世界的に発表され、どう進化していったのでしょうか?

XPERIAシリーズというのは、日本製のスマホとしては代表格といえるスマホとなっております。

ソニーは今回のXPERIA XZ3で本当に思い切って舵を切ったと評価できるようなスマホを製造しました。

それではまず日本のキャリアとして取扱の開始が予想されるので、予約などに関して紹介しておきたいと思います。

 

XPERIA XZ3の購入及び予約


まずはドコモオンラインショップからですが、2018年9月1日より、事務手数料が撤廃されるということで、利用する人もかなり多いと思います。

ドコモオンラインショップというのは、最近かなりの人が利用しているオンラインショップとなっており、かなりおすすめです。

基本的に店舗で並ぶという概念はありませんので、かなりいいと思います。

個人的にも利用しますが、発売日に自宅まで送付してくれるということもかなりのメリットですね。


続いてau Online Shopですが、こちらのオンラインショップも並ばずに購入することが可能となっており、非常に便利なオンラインショップです。

基本的にオンラインショップというのは、並ぶことはありません。だいたい15分程度で処理が完了するので、利用する人の利便性を考えると基本的に利用するほうがいいかと思いますね。

ソフトバンクも同様に公式オンラインショップをもっています。

公式オンラインショップを利用する人は年々増えていっております。やはり便利だからということではないでしょうか。

特に若い人はネットからの購入に関しては特に意識することなく便利だから利用するという風潮になっております。

それはそれで非常にいいことだと思いますね。

それではXPERIA XZ3が発表されましたので、XZ2と比較してどうスペックが変更されたのかお伝えしたいと思います。

 

XPERIA XZ3 / XPERIA XZ2 / PREMIUM / Compact スペックの違い 比較

モデル名XPERIA XZ3XPERIA XZ2 PREMIUMXPERIA XZ2XPERIA XZ2 Compact
大きさ158.0 x 73.0 x 9.9mm158.0 x 80.0 X 11.9mm153.0 x 72.0 x 11.1 mm135.0 x 65.0 x 12.1 mm
重さ193g236g198g189g
OSAndroid9.0Android8.0 OreoAndroid8.0 OreoAndroid8.0 Oreo
CPUSnapDragon845SnapDragon845SnapDragon845SnapDragon845
RAM4GB6GB4GB4GB
ROM64GB64GB64GB64GB
画面サイズ6.0インチ5.8インチ5.7インチ5.0インチ
解像度2880 x 1440ドット QHD+3840 x 2160 ドット2160×1080ドット2160×1080ドット
カメラ1900万画素 F値2.0/1300万画素 F値2.21920万画素x1220万画素(デュアルカメラ)/1300万画素1900万画素 F値2.0/500万画素 F値2.21900万画素 F値2.0/500万画素 F値2.2
カラーブルゴーニュ(レッド)、ブラック、ホワイト、グリーンクロムブラック、クロムシルバーブラック、ホワイトシルバー、モスグリーン、コーラルピンクブラック、ホワイトシルバー、モスグリーン、コーラルピンク
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac
その他3330mAhバッテリー、IP68防水防塵、3330mAhバッテリー、指紋認証機能3540mAhバッテリー、防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)、ワイヤレス給電3180mAhバッテリー2870mAhバッテリー

こちらがスペックの比較記事となっております。今回発売される予定になっているXPERIA XZ3は他のXPERIAと比較してもこれだけではそこまでわからないと思いますね。

ただしかなりの進化を果たしているようなのです。

その進化はどのような進化になっているのでしょうか?それはかなり気になるところでしょう。

 

有機ELを採用でエッジ・スタイルに

今回有機ELを初めて採用しました。今までのXPERIAでは有機ELの採用というものはありませんでした。

これは非常に高く評価できるのではないでしょうか。

有機ELを初めてソニーはスマホにて採用させたのです。有機ELというのは現在市場でもかなり注目度の高いものとなっており、これに関してはかなりの注目度が上がることは間違いないと思います。

有機ELを採用したことにより、エッジのデザインになりました。

見た目もエッジ部分がわかるようになり、GALAXYのような見た目になりました。今までのソニーのスマホに関してはベゼルがあるとかいろいろ言われておりましたが、ベゼル部分がなくなったことにより、非常にかっこよくなりました。

ベゼル部分がある分どうしても本体サイズが大きくなります。

本体サイズが大きいのに画面サイズを大きくしようとするとポケットに入らなくなります。そのあたりの持ち方などがかなり改善されると思われます。

またAIを採用しており、自分が次に何をしたいかということを学習し、このエッジ・スタイルの部分に次にする動作を表示されるような仕組みも搭載されるようですね。

そのような機能が搭載されるということは非常にありがたいことではないでしょうか。

 

下部のベゼルもなくなり6インチに

下部のベゼルもなくなり6インチになりました。6インチというのはPREMIUMモデルよりも大画面ということになります。

上記のスペック表にはPREMIUMモデルは5.8インチとありますが、それがさらに0.2インチアップするのです。

こちらはPREMIUMモデルの見た目となっております。

今後新しいXPERIA XZ3を購入しようと思う人もPREMIUMモデルと比較して購入したいと思う人も多いと思いますが、そのあたり参考になるのではないでしょうか。

PREMIUMモデルは下部のベゼルが残ったままになっており、そのあたりの部分が0.2インチサイズアップしたという感じですからね。

基本的にサイズアップするということは、それだけ大画面かつ大きさはほぼ同じということを維持することが可能になるわけです。

また本体サイズということを言えば、液晶の採用をやめたことにより、本体サイズがかなり薄型になりました。

1cmを切っているサイズとなっており、ついにソニーもここまで薄型のスマホを販売できたかという感じです。

液晶を搭載している時というのはバックライトを搭載する必要があり、どうしても薄型にはなりませんでした。

それがかなりの薄型になったということで、非常に期待が持てると思います。

PREMIUMモデルとの比較でも0.2mm薄くなっているのです。そこまで薄くなるならかなりいいと思いますね。

 

今のタイミングでの発表ならXZ2の安売りが開始されるのか

XPERIA XZ2に関してもまだ発売されてから間もないスマホとなっており、今のタイミングで有機ELのモデルが発表されるということは、かなりの勇気でしょう。

これならXPERIA XZ2との比較としても正直なところXZ3を買うかと思います。

カメラもシングルカメラということで、基本的に同じです。

カメラのことを考えるのであれば、どちらを購入しても同じということになります。基本的にはカメラもソフトウェア的には機能アップされているわけですが、ソフトウェアでの機能追加なら、今後XZ2でも同様のカメラ機能になるかと思います。

そういう意味ではXPERIA XZ2と比較した時どうしてもこちらのXPERIA XZ3を購入したくなりますよね・・・

今回のXPERIA XZ3はかなり洗練されており、見た目もかなりかっこいい見た目になっており、個人的にはかなりおすすめできるスマホに成長したのではないでしょうか。

オンラインショップで購入
タイトルとURLをコピーしました