IMX586 4800万画素 スマートフォン用のCMOSセンサーが登場予定

ソニーはIMX586と呼ばれる新しいCMOSセンサーを開発しました。

こちらのセンサーというのは、スマートフォン用ということで、今後世の中に出てくるハイスペックスマートフォンにはこのIMX586が搭載される可能性が非常に高いということです。

それではこのIMX586がどのようなCMOSセンサーなのかお伝えしていきたいと思います。












IMX586はどんなCMOSセンサーなのか

Quad Bayer配列を採用しています。このQuad Bayer配列というのは、隣接4画素の同じ色のカラーフィルターが配置されており、高感度撮影も可能となっております。

また暗い場所での撮影時には、1.6μm相当に感度を高めることで低ノイズの明るい撮影が可能ということです。

暗い場所では1200万画素に画素数を下げて感度を上げるということです。通常は4800万画素となっており、非常に鮮明な画層を撮ることが可能となっております。

また従来比の4倍となるダイナミックレンジの広い撮影が可能です。また明るい場所と暗い場所の共存するシーンでもキレイな写真を撮ることが可能となっております。

価格及び性能

サンプル出荷価格は3000円となっております。2018年9月からサンプル出荷が可能ということになり、2019年に発売されるスマホに搭載される可能性も非常に高いと思われます。

昨今のスマホに搭載されているカメラの画素数というのは2000万画素が普通レベルです。以前に比べると画素数があがってきましたが、やはり4800万画素という画素数まではなかなかといった感じです。

性能に関しては4800万画素というかなりの性能を誇ります。

こちら実際に写真を撮ったところですが、写真を撮ったところを見るとかなりの解像度の高さが伺えるかと思います。

左側の写真でも十分キレイなのですが右側は本当に鮮明ですよね。解像度が高いということはそれだけこのような効果があるということです。

性能はかなり高くなっているかと思います。

IMX586スペック

型名 IMX586
有効画素数 8000(H)×6000(V)4800万画素※2
イメージサイズ Diagonal 8.000mm(Type 1/2)
ユニットセルサイズ 0.8μm(H)×0.8μm(V)
フレームレート Full 30fps
Movie
4K(4096×2160)
90fps
1080p
240fps
720p
480fps(w/ crop)
感度(標準値F5.6) 約133LSB
センサー飽和信号量(最小値) 約4500e-
電源電圧 アナログ 2.8V, 1.8V
デジタル 1.1V
インターフェース 1.8V
主な機能 像面位相差AF、HDRイメージング
出力 MIPI C-PHY1.0(3trio)/ D-PHY 1.2(4lane)
カラーフィルター配列 Quad Bayer 配列
出力画像フォーマット Bayer RAW

XPERIA XZ3でも採用の可能性

XPERIA XZ3でも採用される可能性が高いことがわかりました。

XPERIA XZ3の最新の画像がリークしたという情報が出てきました。 XPERIA XZ3というのはXPERIA XZ2の後継モデル...

こちらXPERIA XZ3のカメラに関して触れられている記事となっておりますが、XPERIA XZ3でも採用されるということで、少しは期待できるのではないでしょうか。

XPERIA XZ3は発売するまでわかりませんが、最新の情報ではシングルカメラを搭載する可能性が高いと報じられております。

シングルカメラしか搭載しないのであれば、残念ながらデュアルカメラのような異なる2つのレンズに対応するような写真を撮ることができなくなる可能性が高いということです。

他社ではすでにデュアルカメラが当たり前になりつつあるなかで、少しさびしい選択肢となってしまっています。

それでも基本的にはソニーのスマホというのは人気のあるスマホとなっており、市場の期待は裏切らないと思います。

4800万画素というとてつもない高い画素数のものを搭載するということは非常に期待したいところではあります。

ソニーはこのような技術力があるわけですので、そういうカメラを使って、もっとXPERIAシリーズに力を注いでほしいと思います。

最近ではデュアルカメラは当たり前になりつつあり、今後採用されるモデルにこれくらいの画素数のカメラが搭載されると相当売れると思われます。非常に期待したいところですが、今後もこのような力の入れ方をしてもらいたいですね。

引用元:sony