Galaxy Tab S4 スペック 発売日 日本 ノートパソコンのように使える

GALAXY TAB S4のスペックがリークしたようです。GALAXYシリーズの中でもタブレットのジャンルに入ります。

スタイラスを利用することで、文字を書くことも可能となっており、日本での発売が期待されるタブレットです。

それではGalaxy Tab S4のスペックを紹介しておきたいと思います。












Galaxy Tab S4のスペック

スペックは10.5インチの有機ELディスプレイを搭載し、画面の解像度は2560×1600となっております。

CPUはSnapDragon835を搭載し、4GBのRAM、64GBのROMを搭載しております。

カメラは背面1300万画素、前面800万画素、バッテリーの容量は7300mAhとなっております。OSはAndroid8.1が搭載されております。

スタイラスも刷新されており、GALAXY NOTE9などで採用されるスタイラスになる可能性もあります。

スペック的には現行発売されている最新のスマホとまではいきませんが、2017年に発売されているスマホと同等レベルのものと同じくらいになっております。

GALAXYシリーズというのは、日本ではSシリーズ及びNOTEシリーズがメインで発売されておりますが、タブレットは最近あまり発売されておりませんでした。

スペックも2017年モデルと同等ということで、価格も若干安価になると予想されております。価格が若干安価になればキャリアでも採用しやすくなると思います。

IFA2018で登場するかもしれない

IFA2018で採用する可能性もあります。IFA2018ではXPERIA XZ3なども登場するかもしれません。その頃に発売されるスマホはかなり期待されているものが登場すると思われます。

GALAXY NOTE9はそれよりも早く発表され8月9日に発表される予定になっております。

8月は秋モデルを中心に各社新しいスマホを開発しており、またこれからラッシュが続きます。

タブレットは世界的に見ても売れ行きは現象傾向にありますが、今回発表される予定のGALAXY TAB S4に関しては画面サイズが10.5インチと、iPadを意識した画面サイズとなっており、まさにライバルを意識したものとなっております。

10インチ前後のタブレットというものは持ちやすく携帯するのにも非常にいいと思いますので、日本での発売にも期待したいところですね。