事務手数料が無料はドコモオンラインショップ
iPhoneXrが機種代込で1480円で維持できる
詳細はこちらから

GALAXY S9 Lite S8と同じ見た目 スペック 廉価版で登場 中国向け

Android

GALAXY S9 Liteというスマホが発売される予定になっております。

こちらのスマホはGALAXY S9の廉価版モデルとして発売される予定になっております。

主な販売先は中国になると思われます。

 

GALAXY S9 Liteのスペックは?

このスマホのスペックはどのようなものになるのでしょうか。

GALAXY S9 ギャラクシーS9 /S9+ 日本 予約 ドコモ au 速度 レビュー 使い勝手は
GALAXYS9及びGALAXYS9+が世界的に発表されました。GALAXY S8までが日本国内で発売されており、全面ディスプレイを採用されるなどかなり人気の機種になってきております。auから発表され、次はドコモの発表です。日本での...

まずはGALAXY S9及びGALAXY S9+のスペックを確認いただきたいと思います。

基本的にはこのスマホをベースにと考えたいところです。

こちら情報提供元はTwitterとなっております。

こちらのGALAXY S9 LITEですが、SnapDragon660を搭載する予定になっているようです。

また4GBのRAMを搭載し、1600万画素、800万画素のカメラを搭載するとも言われております。

今回発売されるこのスマホはS8と同じ筐体を利用しているようなので、見た目はS8ということになります。それでも名称はLITEとなっているので、廉価版であることは間違いありません。

派生系モデルは売れる

派生系のモデルというものはかなり売れると思われます。派生系するものというのはどうしてもメインのスマホを意識しているということを考える人も多いわけです。そのため派生しているモデルというはやはり売れ筋モデルとなります。

実際に派生しているモデルというのはかなり売れるという印象があります。

XPERIAシリーズなどでは日本ではXPERIAのZシリーズというものしかありませんでしたが、海外ではそれ以外の派生系モデルというものは結構売れております。

そういうことを考えると派生系のモデルというものはかなり販売実績があるということです。

元々の名前もなく完全なる無名な感じよりもその機種の派生モデルは名前が売れているというだけでいいわけですね。

5月21日に発売開始

5月21日に発売開始されるようですね。

残念ながら日本での発売はありませんので、購入するなら海外のサイトなどからの購入になると思われます。

CPUもSnapDragon6番台ということで、8番台よりも安価に設定されております。

具体的な価格は未定ですが、おそらく5万円程度での販売価格になると思われます。

それでも中国価格として考えるのであれば、結構高額な機種であることは間違いありません。

日本で発売してもこのスマホなら売れると思いますが・・・とはいうものの日本ならMVNOでの販売となるかと思いますね。

GALAXY S10でもLITEモデルの発売はありえる

GALAXY S10でもLITEモデルの発売はありえると思います。

S10に関して言えば4つのモデルが販売されると言われております。

GALAXY Sシリーズとして4つのモデルというのもすごいですが、その中の一つのモデルがLITEモデルになる可能性が高いのです。

日本でGALAXY S9 LITEを買うことはNETなどからしか無理ですが、非常に期待できるモデルであると思われます。

タイトルとURLをコピーしました