事務手数料が無料はドコモオンラインショップ
iPhoneXrが機種代込で1480円で維持できる
詳細はこちらから

高額なスマホ 10万円を超える機種の購入は困難に 分割を組めない 与信でひっかかる

au

最近のスマホは非常に高額な機種が色々と出てきております。10万円を超える機種もザラになってきております。

10万円を超える機種を一括で購入することは厳しいと感じている人もかなり多くいると思います。

10万円を超える機種はやはり分割購入をする人がかなり多いのですが、その分割購入という仕組み自体が色々と弊害を産んでいるようです。

 

機種を分割で購入する時の注意点

10万円以上の高額機種を分割で購入しようとする場合ですが、基本的にはローンを組むということになります。

ローンを組むということは、基本的には自動車などのオートローンと同じとおもっておけばいいでしょう。基本的にはローンというのは返済することが前提になってきますので、その人に返済能力があるかどうかということを見極める必要があるのです。

返済能力の必要があるかどうかという判断に関しては、基本的にはローン会社自体が行います。

現在利用しているキャリアで分割を組む場合ですが、分割を行っているキャリアにてまずは簡単な審査が行われると思われます。それは過去の支払い実績などから今後も新しい機種を購入する時に分割を行っても大丈夫かどうかの審査となっております。基本的に過去の支払い実績というのは非常に重要です。過去に未払いなどがあったり、スマホの利用を止められたりということがない場合はこの審査はおそらく問題ないと思います。

10万円という高額ローンの場合は基本的には収入など色々な観点からその人に返済能力があるのかということを見極める必要があるのです。

そのため一括で購入出来ない場合は分割購入が出来ないという自体も発生するのです。

docomoauSoftBank

分割で購入することが出来ない場合は一括購入

分割で購入することが出来ないという場合は一括購入をするしか方法はありません。一括で10万円以上の支払いが厳しいという人が分割を利用するわけですから、正直なところ新しい機種の購入を諦める必要も出てくるわけです。

とはいうもののせっかく購入したい機種があるのに分割購入が出来ないというのは非常に残念なことではないでしょうか。

やはりこういうナイーブな問題というのは、本当に辛いところです。

大学生などは厳しい可能性も

親が契約者になっている場合はたいていの場合は与信でひっかかることはなく、普通であれば分割で購入を行うことが可能となっております。

ただし大学生などのまだ収入が安定していない人が契約をしようとするとやはりこのような与信にひっかかるわけです。

高額なスマホを欲しいという年代は大学生くらいが非常に多いと思いますので、正直なところかなり辛いですよね。

大学生くらいになるとやはり高額なスマホが欲しいと思う人も多いと思います。10万円といったところで2ヶ月くらいアルバイトをしたら購入することが出来る金額だと思います。

ただし普通の人は仮に5万円のアルバイト代があったところで、それをすべてスマホの購入代金にするとは思えません。

基本的にはやはりそれはそれで生活費の一部に消えていくのでしょう。そういうことを考えると大学生が収入5万円のアルバイト収入しかない場合契約出来ないということも十分に考えられるわけです。

docomoauSoftBank

今後も高額スマホの需要は多い

最近になって10万円を超えるような機種が色々出てきているわけですが、今後もおそらく10万円を超える高額機種というものはどんどん出てくるでしょう。

10万円というのはある意味リミットの金額です。10万円を超えるような機種を購入しようとおもっている人がいたら与信のことは少しくらい心配したほうがいいのかもしれません。

基本的に与信というのは多角的に見られる傾向があるので、短期的ではなく、過去の支払い実績やカードを作れるかどうかなども審査ポイントになるでしょう。

そういうことを考えるとやはり支払いに関してはきっちり行っておくほうがいいと思います。

企業も貸し倒れにならないように与信に関してはきっちり見ていくでしょうね。

非常に微妙なところではあるかと思いますが、きっちり支払いは行いましょう。

基本的にスマホの価格というものは10万円を超えるものも非常に増えてきております。

高額スマホというのはキャリアモデルを中心に出てきているわけですが、10万円を超える機種というのはさすがに高いスマホと言わざるを得ません。

それでも10万円以上もするスマホはかなり売れているのです。なぜ10万円以上もするスマホが売れているのでしょうか。その理由はやはり他社にはない差別化がされているからです。

格安スマホと10万円以上もするスマホを比較したときにやはり差別化というのはかなりのものがあると思います。

普通に考えて10万円のスマホは高いわけですが、いわゆる実質価格というものなど、本来の価格とは別の価格の見せ方で販売したりしているということもあり、高額スマホを購入する上でそういう需要は高いわけです。今後もキャリアは高額なスマホを提供することは間違いないと思いますね。

docomoauSoftBank

学割時期は親が代理で買うことをオススメ

学割の時期は親が代理で買うことをオススメします。本当にスマホの価格が値上がりしたことにより、10万円を超える機種がかなりたくさん発売されているのです。また10万円を超える機種というのは、欲しいと思うような機種が非常に多いです。

iPhoneXを選択した時点で10万円を超えるのです。iPhoneXはこれからもかなり売れる機種になることは間違いなく、学割のシーズンに合わせてかなり売れることは間違いないでしょう。

そうなると学割の時期になると間違いなく、学生自ら購入しようと思っても購入出来ない可能性が可能性が以上に高いです。

その場合はやはり両親が代理で購入する必要があるかと思います。そうでないとやはりかなり購入することが出来ないと思います。

購入できればかなりラッキーですよね。両親にお願いして購入をしてください。学割の時期にかぎらず学生が購入しようとしたら与信でひっかかる可能性があるので、そういう場合は親に購入をお願いしましょう。

分割が組めないことにより自分の与信を知る

分割が組めないということに対して自分の与信を知るということも重要です。

分割が組めないということは、それだけ世間に対して信用されていないということです。たかが携帯電話の契約で与信が組めないということは、オートローンなどを通すことは本当に困難なことになるのです。

オートローンを通すということはさらにローンの金額を上げることになるのです。

ローンの金額をさらにあげるということは、当然スマホの契約が出来ないということで、さらに契約しづらくなります。

分割が組めないということに対して本当の理由を知っておきたいと思います。

初めてスマホの分割をするのにローンを組めない

実はこの初めてスマホの分割をするにもかかわらずローンが組めないということがかなりわかりにくいですね。

実際にローンを組めない条件というのは携帯会社は教えてくれません。

与信でひっかかったとして言ってくれないわけです。店舗の人もその情報しかこないので、理由がわからないのです。

想像できるのは他社での未納があったとかそういったところだけなのです。実際にローンが組めないということの原因まではわからないのです。そのため初めてスマホを契約しようとしてそのようなことがあると非常に厄介なのです。

とはいうものの他で何も事故がない人はおそらく大丈夫だと思います。

基本的に初めて分割を組む場合落とされることはまずないと覚えておきましょう。

初めて分割を組む時に10万円という少額で落とされるということは基本的にこれから先審査が通りにくくなることがあるということなので、実際にはありえないと思います。

結局のところ本人にローンなどでの事故があるかどうかを見極めるだけなので、基本的にはそのようなことは起きないと思うのが普通ですからね。

iPhoneの中でもiPhoneXsやiPhoneXsMAXなどは注意が必要

iPhoneの価格も10万円を超えることが普通になりました。10万円を超える機種は当然ながらかなり人気も高くほしいと思う人が多いモデルとなっております。

そのiPhoneXsやiPhoneXsMAXでは分割ができないという人が急増しているのです。

分割ができないということで、各社売上が下がるわけです。

信用というもので高額商品の購入ができないということが今後スマホ業界での課題になるのではないでしょうか。

基本的には高額商品を売りたいわけですが、審査が降りないという非常に残念な感じになっているのです。

もともと購入しやすいように分割を始めたのはキャリアですが、その分割により、スマホが売れないという非常に残念な状態になっているわけです。

しかも金利はキャリア側が負担するというサービスとしては非常にありがたいサービスですよね。

そのサービスを利用しようとしても受けることができないということはちょっと残念な感じです。

タイトルとURLをコピーしました