iPhoneXS / MAX iPhoneXR 量販店 ヤマダ ジョーシン エディオン コジマの状況

iPhoneXS及びMAX、iPhoneXRが発表されました。

当然ですがかなり期待できる機種になっていることは間違いありません。iPhoneXSというモデルはiPhoneXの後継モデルということで非常に期待できるモデルの一つになっております。

iPhoneXSやiPhoneXSMAX、iPhoneXRの予約をしようと思っている人も多いと思いますが、予約をする時に量販店を利用しますか?

ショップを利用しますか?店舗を利用する人は年々非常に少なくなってきているのです。

ショップを利用するということは、わざわざ店舗まで足を運ぶことをする必要があり、非常に面倒なのです。

そのため最近はショップを利用する人というのは本当に少なくなってきているのです。

それでは量販店で契約するもしくは予約するという人も結構いるかと思いますが、ネットからの情報をもとにそれらを検討する人も多いと思います。

特に3連休があるため3連休を使って店舗を回ろうかなんて考えている人もいるでしょう。

それでは状況のほうをお伝えしたいと思います。












量販店で購入するメリット

まずは量販店で購入するメリットをお伝えしたいと思います。

量販店で購入するメリットというのはやはり手にんと話しながら購入することが可能ということです。

予約に関しても基本的には予約した順番に購入することが可能となります。

そのため量販店でのメリットというのは人と対話しながらの購入が可能ということが最大のメリットとなるわけです。

また店舗によってはキャンペーンを実施している店舗もあるかもしれません。

キャンペーンを実施している店舗なら結構お得かもしれませんが、iPhoneに関してはそこまでのキャンペーンをしている店舗はないでしょう。それはやはりほっといても売れるという強みがあるわけです。キャンペーンをすることなく販売台数を伸ばすことができるiPhoneならではの強みですね。

1年に1度の販売しかありませんが、それでもかなりの数のiPhoneがこの時期にかなり売れるわけです。

量販店側の相当強みがあるかと思います。

それでは量販店で購入するデメリットをお伝えしましょう。

量販店で購入するデメリット

大手量販店というのはヤマダ ジョーシン エディオン コジマ他にはヨドバシ、ビックカメラ、ケーズデンキなどが大手量販店としては日本全国にあります。

これら量販店でもかなりの数のiPhoneを仕入れているとは思いますが、iPhoneの仕入れは各店舗に散らばっているのです。

そのため大量の在庫を1つの店舗で確保できるとは思いません。

よって量販店での購入というのは、おそらく在庫を確保するまでにかなりの時間がかかるものと思われます。

やはり量販店で購入しても在庫確保をするのに時間がかかるということで、今予約をしても年末近くまで手に入れることが難しいということもあるかと思います。

どこの店舗も在庫確保にはかなりチカラを入れておりますが、それでもなかなか在庫の確保は難しいという現状があるわけです。

特に大手の量販店というのは、主要都市などではじめに在庫が出てくるようになるかと思いますので、地方都市には在庫確保されるまでの期間というのはかなりかかるでしょう。

在庫の問題だけではありません。それ以外にも在庫を確保するためには量販店に行く必要があります。

たいていの店舗では電話予約というものは受け付けてくれないと思われます。そのため基本的には店舗に足を運んで購入する必要があるわけです。

わざわざ店舗に行く必要があるというだけで面倒ではないですか?また早く在庫を確保したいがために複数の店舗に足を運ぶ人も現れるでしょう。

それは非常にデメリットがあるわけです。移動時間だけでもかなりの時間がかかりますからね・・・

その移動時間だけでもかなりのデメリットです。量販店が好きな人ならいいわけですが、そんな人ばかりではありませんからね。そう考えるとデメリットのほうが間違いなく多いと思います。

ヤマダは店舗が非常に多い

ヤマダは非常に店舗が多く在庫確保をしたいのであれば、複数のヤマダを回れば在庫確保ができるかもしれません。

関西ではジョーシンですかね。ジョーシンもかなりの数の店舗があるので、在庫確保もそれほど難しいというわけではないかもしれません。

それでもやはり店舗が多いだけあり、結構回る必要があります。それは本当にメリットのあることなのでしょうか・・・

それではどうすれば効率よく在庫確保が可能なのでしょうか?

オンラインショップを利用する

オンラインショップを利用することがかなりオススメです。このオンラインショップというのは、各社のオンラインショップとなっており公式サイトとなります。

そのため公式サイトを利用する人にとっては非常にありがたいことなのです。

公式サイトなので、安心して購入することが可能となっており、これらのサイトを利用して購入する人が非常に多くいるわけです。

ドコモ


こちらドコモオンラインショップですが、現在事務手数料が無料ということもあり、かなりの人が契約をしているようですね。

ドコモオンラインショップは事務手数料及び頭金が不要ということで、それだけでもかなりのメリットがあります。

ドコモから今後iPhoneXS及びiPhoneXSMAXの予約が開始されます。 予約開始時間は2018年9月14日16時1分からとなっ...

こちらオンラインショップでの予約ガイドラインを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

予約をする時は非常に簡単です。

こちらに予約手順を掲載しております。こちらの動画も合わせてご確認いただければと思いますね。

au


auにて購入する人も非常に増えているのです。auで契約する人というのは現在安価な割引きプランなども適用になりかなりメリットがあります。

またauは頭金不要ということもあり、かなりメリットがあります。予約をするだけなら非常に簡単に予約を行なうことが可能となっておりますので、ぜひ検討してみてください。

au Online Shopは自宅まで送料無料で送付してくれるので、かなりメリットがあります。

結果的に量販店までとりに行く必要はありません。とりに行く必要がないので、かなりそれだけでメリットがあるかと思いますね。在庫を確保したいのであれば、オンラインショップで間違いないでしょう。

auのiPhoneXS及びiPhoneXSMAXの予約の開始がスタートします。 予約開始時間は9月14日16時1分からのスタートとなっ...

こちらにauの買い方などを掲載しているページがありますので、こちらも合わせてご確認ください。

ソフトバンク

こちらソフトバンクです。ソフトバンクオンラインショップを利用する人が年々増えており、今は店舗のライバルとなっております。ソフトバンクオンラインショップを利用する人は特に若者が多く新しいiPhoneがほしいという人はどうしてもソフトバンクオンラインショップを利用するでしょう。

そのほうが在庫確保など間違いなく早いですからね。ソフトバンクオンラインショップを利用するメリットというのは在庫確保及び頭金不要、自宅まで送料無料にて送付などがあります。

最速で予約を行なうのであれば、ソフトバンクもオンラインショップからの購入を非常にオススメしたいと思います。

時間短縮、混雑もないオンラインショップが吉

やはり時間短縮や混雑も非常に少ないオンラインショップが吉です。

オンラインショップというのは年々契約を伸ばしているため、今さらという感じはありますが、混雑も16時1分の時だけ混雑するにしかすぎません。

それ以降というのは混雑することもありません。

そういう観点からすると基本的にはオンラインショップはいつでもどこでも購入及び予約を行なうことが可能になっているのです。

そのため非常に契約しやすいということになります。

また時間の短縮に関してはオンラインショップですが、人混みという混雑もありません。

やはり店舗に行くと興味のある人がかなり多くいるため混雑しているということが普通にありえるかと思います。

そういった混雑ということはまずありません。

人混みが嫌いという人にとっては間違いなく便利かと思いますね。

改めてiPhoneXS及びiPhoneXSMAXのスペックを紹介

機種 iPhone XS iPhone XSMAX
仕上げ
大きさ 143.6×70.9×7.7mm 157.5×77.4×7.7mm
重さ 177g 208g
OS iOS12 iOS12
CPU A12 A12
RAM 4GB 4GB
ROM 64、256GB、512GB 64、256GB、512GB
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ
解像度 2,436 x 1,125ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
2,688 x 1,242ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
画面その他 True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
カメラ デュアル12MPカメラ(広角と望遠)
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
写真のスマートHDR
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
ローカルトーンマッピング
高度な赤目修正
露出コントロール
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
TrueDepthカメラ 7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
アニ文字とミー文字
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
写真のスマートHDR
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
Retina Flash
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレー
対応バンド FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD‑LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
その他 Touch ID、指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

こちらがスペックとなっております。スペック的にはiPhone史上最高のスペックとなっております。

そのため非常にメリットがあるかと思いますね。

量販店での購入もいいのですが、やはりオンラインショップでの購入をオススメしたいですね。