ドコモ au ソフトバンク 下取り メリット デメリット

ドコモ、au、ソフトバンクの各社がスマホの購入に関して下取りを実施していることは知っている人も多いと思います。

下取りというのはどのようなサービスなのでしょうか?

まずは下取りサービスはどのようなサービスなのかお伝えしたいと思います。












下取りサービスは?

各社の下取りサービスというのは、新しいスマホを購入しようとする時に今利用中のスマホを手放すことにより、新しいスマホの購入を補助してくれるような位置づけとなっております。

下取りに出すことにより、ある一定の売却価格を原資に新しいスマホを購入するというものです。

下取りサービスというのは、新しいスマホを購入するための実質的な割引施策ということになり、新しいスマホを少しでも安価に購入したいと思っている人ならこの下取りサービスを利用するといいと思います。

基本的に新しいスマホを購入するための割引施策になるということを覚えておきましょう。

それでは下取りサービスのメリットに関してお伝えしたいと思います。

下取りサービスのメリットは?

下取りサービスのメリットに関してお伝えしておきましょう。

先程も述べたように下取りサービスのメリットというのは新しいスマホを購入しようと思った時に古いスマホを下取りに出すことにより、少しでも安価に新しいスマホが使えるようになるというサービスです。

実質的な割引施策となっており、ドコモ、au、ソフトバンクの各社が下取りサービスを利用することが可能になっております。

新しいスマホを少しでも安く購入することができるということが最大のメリットとなっております。

この下取りサービスを前提に契約するものが最近話題になっていた4年縛りと呼ばれる契約です。

2年後のスマホの買い替えを前提に実質半額でスマホを購入することができるという施策です。ただし2年後には今利用しているスマホを下取りに出す必要があるという施策となっており、4年間契約し続ける必要があるということで、ネット上では問題になっている施策となっております。

それでは下取りサービスのデメリットに関してお伝えしたいと思います。

下取りサービスのデメリット

下取りサービスのデメリットに関してお伝えしたいと思います。

最大のデメリットというのは今利用してるスマホを手放すということでしょう。

現在利用しているスマホを手放すということは、今まで利用していたアラームの設定、写真や動画などが詰まったスマホを手放す必要があるわけです。

それが最大のメリットではないでしょうか。また個人情報なども大量に詰まっており、基本的には売却したくないと考えるのが普通なのかもしれません。

このデメリットがメリットを上回ると感じる人なら下取りは行うべきです。ただしこのデメリットのほうが大きいという人は下取りサービスを利用するべきではないでしょうか。

各社のスマホ下取り価格表

こちらに各社のスマホ下取り価格を掲載しているページを掲載しておきます。

ドコモ:https://www.nttdocomo.co.jp/campaign_event/shitadori/03.html

au:https://www.au.com/mobile/trade-in/mnp-trade-in/

ソフトバンク:https://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/shitadori-norikae/

 下取りに関しては、各社同じスマホであったとしても買い取り価格が異なるため、どこのキャリアで買い取ってもらうのが一番オトクなのか考える必要があるかと思います。

iPhone7Plusなどはまだ非常に高額買取を実施してくれるということで、非常に魅力的なスマホとなっております。

iPhone7Plusは今が一番美味しいのではないでしょうか。それは発売後そろそろ2年経過します。

2年経過しますが、まだ次のiPhoneが発売されていないので、ここまでの高額で買い取ってくれるわけです。

これはかなりお得なことがわかるかと思いますね

iPhoneの下取りが非常に高額

iPhoneの下取りというのが非常に高額です。

上記でもお伝えしましたがiPhone7Plusならソフトバンクで下取りを出した場合では4万円以上の高額買取を行ってくれます。

ほぼ2年間利用したスマホでもその価格で買い取りを行ってくれるわけです。非常にメリットがあるかと思います。

iPhoneの下取り価格が非常に高いということは、iPhone所持の向上にもつながると思います。

Androidも最新機種はそれなりに高額に買い取りを行ってくれますが、スマホの買い替えが2年程度に1度ということを考えるとiPhoneのほうが選択肢としてはいいのかもしれません。

iPhoneのほうが下取りをする時に高額下取りをしてくれる可能性がかなり高いからです。

ソフトバンクの下取りは注意

ソフトバンクの下取りというのは、一括で下取りをしてくれるわけではありません。

24ヶ月に渡り下取り分を毎月の利用料金から引いてくれるという仕組みを採用しているのです。

これは2年間継続して契約し続けてほしいという思いがあるわけですが、すぐに解約してしまうと下取り分がもったいないです。

これが非常に要注意なのです。

しかも通信料金からの値引きということで、通信料金から値引きということは、すぐに解約してしまうと非常にもったいないです。

本来なら下取りとして受け取っている以上現金化してもらいたいわけですが、そういうわけではありません。

それは本当に注意してもらいたいところです。

ある意味儲けようとおもっての下取りなので、仕方ないのかもしれませんが・・・