スマホの維持費を下げる方法 毎月の通信費を抑えて固定費が楽に

スマホの維持費が高いと考えている人が本当に多いと思います。

スマホの維持費が高いので、家計を逼迫していると感じている人は非常に多いと思います。

毎月の通信費を下げて少しでも安価にスマホを持ちたいという人が本当に増えているのです。












スマホの維持費を下げる方法

スマホの維持費を下げる方法ですが、単純にMVNOに契約することをおすすめしたいです。

MVNOというのはいわゆる格安SIMです。格安SIMに変更することが第一におすすめできることです。

スマホの維持費に関していえば、現在docomo、ソフトバンク、auの3社各社ともにほぼ同じ価格帯となっており、非常に高額な価格設定となっております。

価格設定が高額ということもあり、正直なところこのままではスマホの支払いだけで、家計が破綻するという家もあることでしょう。。

現在スマホの通信費を4割ほど下げられるのでは?という菅官房長官の発言などもあり、本当に下がるのかはどうかわかりませんが、各社そのような動きをとっているのです。

ほんとうに4割下がるのでしょうか?現在少しでも価格を下げる努力をしているわけでしょうから、本当に下がるかどうかわかりませんが、各社模索中であることは間違いありません。

とはいうものの今すぐ下げるということはできませんので、エンドユーザーいわゆる利用者としても対策する必要があるわけです。

それにはMVNOというものが本当に必須かと思います。

おすすめMVNO

<ワイモバイル>


<UQmobile>

現在この2つの会社のMVNOいわゆる格安SIMというものが非常に人気なのです。

これら2社のどちらかと契約することができれば本当にお得に契約することが可能となっているのです。

これら2社のうちのどちらがお得かということは正直なところそこまでの大差があるわけではありませんので、わかりませんが、取扱のスマホが異なります。

取扱スマホが異なるということは自分の好きなスマホがあるキャリアを選択すればいいかと思います。

docomo withも安い

docomo With対象のスマホというものはドコモが今後かなり力を入れていこうと考えている分野ということは知っている人も多いと思います。 ...

こちらdocomoのwith戦略を紹介している記事となっておりますが、こちらも非常に安価に維持することが可能となっております。

基本的に安価にスマホを維持しようと思うのであれば、ある程度知識が必要となります。

その知識をうまく活かす必要があるかと思います。昔はユニバだけで維持できた時代もありましたが、今はほぼそういうことをありません。

昔の2円維持、3円維持ということですが、そういうことはありませんので、いかに維持費を安価にするような知識を身につけるということが非常に重要となります。

docomo with戦略というのは最近非常にdocomoはチカラを入れている施策となっております。

2018年の冬モデルでも対象スマホを販売するなどかなりチカラを入れているということはわかるかと思います。

今はiPhone6sをかなりチカラ入れているのです。今後も同様にiPhoneが対象機種に入ればかなり売れるでしょうね。