SO-03K XPERIA XZ2 ドコモ レビュー カメラ 写真 評価 見た目 動画性能 スローモーション

ドコモからXPERIA XZ2 SO-03Kが発売されております。

XPERIA XZ2というスマホは2018年夏モデルで登場したソニーの最新モデルとなっております。

XPERIAシリーズは非常に日本では人気が高いモデルとなっており、期待もかなりできるかと思います。

今回はXPERIA XZ2のレビューを行いたいと思います。

それより前にXPERIA XZ2のスペックに関して触れておきましょう。












XPERIA XZ2 スペック

モデル名 XPERIA XZ2
大きさ 153.0 x 72.0 x 11.1 mm
重さ 198g
OS Android8.0 Oreo
CPU SnapDragon845
RAM 4GB
ROM 64GB
画面サイズ 5.7インチ
解像度 2160×1080ドット
カメラ 1900万画素 F値2.0/500万画素 F値2.2
カラー ブラック、ホワイトシルバー、モスグリーン、コーラルピンク
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 3180mAhバッテリー

こちらがスペックとなっております。こちらのスペックを見るだけではわからないかもしれませんが、最新のCPUを採用しております。

SnapDragon845というCPUを採用しており、非常に高性能なCPUです。

そのため処理速度は全く問題ないでしょう。実際に利用してみても全く問題ありません。非常に動作速度はよくできていると思います。

高速に動作させたい人にとってはかなりこちらはオススメできるかと思います。

今回はドコモとしてPREMIUMモデルの発表も同時にありましたが、それと同じCPUとなっております。2年に1度XPERIAを購入している人はPREMIUMモデルまで待てないと思います。PREMIUMモデルは8月ごろの発売となってしまいますので、それより早くにスマホを持ちたいという人ならこちらのXPERIA XZ2ではないでしょうか。

XPERIA XZ2 開封

こちらXPERIA XZ2のパッケージとなっております。パッケージの大きさはそれほど大きくはありません。

本体のサイズより若干大きめのパッケージとなっております。

こちらは中身を開けてみたところです。中身を開けてみたところは本体が一番上に乗っかっていますね。

最近はこのようなパッケージが非常に多いです。一般的なパッケージと思ってもらえればいいかと思います。

XPERIA XZ2で撮った画像

こちら近距離の画像です。どうでしょうか。近距離は非常にキレイに撮れていると思いませんか?

こちらさらにズームをしたときの画像となっております。

かなり細部まで写真としては撮れていることがこちらを見てもらえればわかるかと思います。

こちらがその時の動画となっております。

動画を撮っている時のカメラからの状態ですが、非常にキレイな写真を撮れていると思いませんか?

基本的にオートフォーカス機能を使って動画や写真を撮るとオートフォーカスでキレイにピントがあってくれます。

XPERIAシリーズのカメラ性能はかなりいいという評判です。

こちら普通に撮ったカメラの画像となります。こちらもかなりキレイな写真として撮れているでしょう。

カメラ性能に関してはかなりオススメできるかと思います。最近はデュアルカメラを搭載しているモデルが非常に多いものの、XPERIAシリーズではまだシングルカメラを搭載しております。

シングルカメラでも十分の実力ということがこちらを見てもわかるでしょう。

こちらXPERIA XZ2で動画を撮ってみました。

動画性能というのは8倍のズームまで撮ることが可能となっており、結構よることができます。

ハルカスも遠くに写っていることがわかるかと思います。

左上の大きな建物がハルカスです。ズームでよるとやはり若干ぼやけてしまうのですが、広角で動画を撮ればかなりキレイでしょう。

動画などは風景ばかりを撮るわけではありませんので、そこまでのズームで動画を撮るということはしない場合が多いと思います。

こちらはスローモーションの動画となっております。スローモーションの動画は見ても分かりづらいかもしれません。

あまり動きのないものでスローモーションを撮ったので、そこまではわからないでしょう。それでもスローモーション動画を撮ることができるということはこのスマホのいいところでもあるわけです。

スタミナモードなども搭載

XPERIAシリーズはバッテリーの持ちをよくするためのスタミナモードなども存在します。

スタミナモードなどを利用すればバッテリーの持ちはかなりよくなるでしょう。

とはいうものの、数年前のスマホと比較すると今のスマホのバッテリーの持ちというのは格段によくなっています。

とはいうもののバッテリーの充電を忘れてしまったなんて日もあるかと思います。そのような時に利用すればいいと思いますね。

バッテリーも3000mAhを超えるようになり、格段によくなっていることは間違いないでしょう。

XPERIA XZ2はオススメスマホ

XPERIA XZ2というのはかなりオススメできるスマホであると思います。

その理由はソニーというブランド力の中で、今までと同様のコンセプトのもとに作られているということです。

まだ発売されたばかりなので、そこまで使い込んでいる人は多くはないと思いますが、やはりコンセプトとして非常にいいので、今ままでのいいところを引き継ぎつつもブラッシュアップされているという印象です。

見た目などはそこまで代わり映えしませんが、XPERIAは逆にこのような見た目のほうがいいのかもしれませんね。

世間的にはベゼルレスなどのスマホなども出ておりますが、個人的にはベゼルレスはあまり好きではありません。

動画やウェブ閲覧時にベゼル部分を触ってしまうことで、誤動作を起こしてしまうこともあるのです。そういうことから個人的にはあまり好きではありません。

XPERIA XZ2くらいのベゼルがちょうどいいのです。

とはいうものの他社はベゼルレスのモデルも発売されていることから、今後XPERIAシリーズもその方向にシフトしていくのでしょうか。それはそれで少し残念な感じもしますが、世の中の流れなのかもしれませんね。

antutuベンチマークの結果

antutuベンチマークの結果をお伝えしたいと思います。

こちらがベンチマークの結果となっております。ベンチマークに関してはその端末を客観的に図る能力があり、その数値が高いほうがそのスマホの能力が高いと判定することが可能となっております。

ベンチマークアプリの結果が全てというわけではありませんが、SnapDragon845を採用しているスマホの結果というのはこの程度の結果ということになるかと思います。

ベンチマークアプリに関しては、世界的に一番利用されているantutuベンチマークというのは一番ではないかと思います。

ベンチマークアプリは他のスマホでも同様にスコア化されますので、かなり面白いアプリで有ることは間違いないでしょう。

ベンチマークの結果としてはまずまずといったところではないでしょうか。

XPERIAシリーズはドコモからは3モデル発売される予定になっており、今回のモデルと他のモデルはともにそれほど変わらないものとになると思います。

変わらないというのは、ベンチマークスコアが変わらないということです。24万というスコアは結構よくなっているかと思います。

夜の写真

XPERIA XZ2で夜の画像を撮ってみました。

こちら夜の画像です。

どうですか?個人的には割とキレイに撮れているような感じがしますが・・・

夜にこのような場所を撮ることはあまりないと思いますが、食事などの時に画像を撮ることはよくすると思います。

暗い場所での写真というのは普通にとったりするものです。

夜に写真を撮ることで、わりとそのスマホの性能というものは見えてくると思います。

こちらは夜の照明を撮ってみました。特に問題なく普通に撮れていると思います。

あまり夜に照明だけ撮ることはないかと思いますが、夜の撮影にはそれなりに強そうなイメージですね。