iPhoneとXPERIA 2018年モデル 違い 比較 どっちのスマホがオススメ?

iPhoneとXPERIAという日本では誰もが耳にする非常に販売台数を伸ばしているスマホですが、どちらのスマホのほうがオススメできるスマホになるのです。

iPhoneとXPERIAというのは非常にオススメできるスマホとなっており、どちらがいいというわけではありません。

まずはiPhoneとXPERIAの比較をお伝えしておきたいと思います。












iPhoneとXPERIAの大きな違い

iPhoneの特徴

iOSというXPERIAに搭載されているOSと異なるOSを採用している。

MicroSDを挿すことが出来ない。

Appleしか製造していない。(XPERIAと比較するならXPERIAはソニーしか製造していない。)

iOS専用のアプリしか利用することが出来ない。

Macとの親和性が高い。

XPERIAの特徴

AndroidというOSを採用しており、Androidはソニー以外のメーカーも採用しているサムスンやシャープなど

MicroSDを挿すことが可能。

XPERIAはソニーしか製造していないが、Androidはそれ以外のメーカーも製造

Android専用アプリしか利用することが出来ない。

実は大きな違いもなくデメリットもそれほどない

システム的には大きな違いというのはOSの違いということになりますが、そのOS上で動作するアプリは基本的にAndroidでもiOSでも開発されているものが多いのです。

そのため一般的に人気アプリと呼ばれているものに関しては、AndroidでもiPhoneでもどちらも楽しむことができることが一般的です。

ただしiOSにしかないアプリやAndroidいわゆるXPERIAでしか利用出来ないアプリというものはあります。

その場合はどちらのOSでも開発してもらえるように開発者にお願いするかもしくは諦めるしかありません。

それが一番のデメリットのような気がします。ただし実際には代替えできるようなアプリというのは、AndroidでもiOSでも実際には存在しており、正直なところそこまで困るということはないような気がします。

iPhoneではMicroSDが利用出来ない

MicroSDがiPhoneでは利用できません。これは最大のネックかもしれませんね。MicroSDがiPhoneの場合ありませんので、iPhoneで容量を増やすためにはどうしたらいいのかということですが、今なら256GBのROMを搭載したモデルを購入するしかありません。

XPERIAの場合は容量は1つのものしか販売しておりませんので、MicroSDを利用して後から容量を増やすということを実施する必要があるわけです。

後から容量を増やすことが簡単にできるのはAndroidだけです。それが最大のネックに感じているユーザーも多いことは周知の事実です。

容量を後からでも増やせるようにしてほしいというのは、ユーザーの願いなのかもしれませんね。

そうすることにより、容量を小さいものを選んだとしても容量不足に陥ることは非常に少ないのです。昨今2年縛りなどということで、2年間スマホを利用することは当たり前になってきております。2年の間に使い勝手も異なる可能性も非常に高く、2年あれば容量は埋まってしまうかもしれません。

そのあたりをうまく使うことができれば問題ありませんが、そういう人ばかりではありません。最近はGoogleフォトなどというアプリを利用することで、ネット上に自分の写真を残すことができるようになりましたが、結果的にそういう使い方をしないと容量不足を解消出来ないケースもあるということです。

利用者数ではiPhoneや約半数

日本国内においてiPhoneの利用者数というのは約50%程度います。そのためiPhoneを利用することで、iPhoneの便利機能などをすぐに聞けるというメリットはあります。

iPhoneの利用者数は日本国内で約半分
利用者数が多いことは非常にメリットがある

iPhoneを持っている人は自分の周りにもかなりいませんか?利用者数が多いということはかなりのメリットがあるということです。どのようなメリットなのかということですが、やはりすぐにiPhoneの使い方などを聞くことができるということです。

iPhoneを利用する上でOSなどが定期的にアップデートされます。その時にどんな機能が追加になったのかなどを簡単に聞くことが出来ます。

そういうことはかなりのメリットであることは間違いありません。OSのアップデートに関しては定期的に行われるわけですが、OSのアップデートを定期的に行ったり、iPhoneの情報やオススメアプリの情報を聞くという上でも周りに使っている人がいるから聞けるわけです。

そういう意味では利用者数が多いということは相当なメリットがあります。

XPERIAは日本品質を楽しめる

XPERIAはソニーという日本メーカーが製造していることもあり、安心感はあると思います。Appleも当然ながら安心感はあるわけですが、日本には日本のメーカーしか信じないという人もいるのです。

昨今ガラケーを選択肢から外さないといけない場合が増えてきました。それはメーカーがガラケーを製造しなくなったということが原因です。そのためガラケーを外さないといけないということは、日本品質を求めるためにXPERIAを選択している人もいるわけですね。

またXPERIAシリーズというのは、以前からずっと日本国内で販売しておりました。iPhone4の頃から日本ではXPERIAシリーズを販売しており、非常に人気があったモデルなので、その頃からXPERIAシリーズを利用している人はずっとXPERIAシリーズを利用しているのかもしれませんね。

デザインが古いことが残念

iPhoneは有機ELを採用するなど非常にオススメできるスペックとなっておりますが、XPERIAシリーズというのはデザインがまだ古めとなっており、そのあたりがまだ不評になっていると思います。

Androidを採用している他社ではベゼルがないモデルなども発売されており、デザインとしてはかなりできているものと思われます。

デザインがいいモデルというのは、かなり販売台数を伸ばしております。

最近では日本市場ではHuaweiが各社に提供するなどかなり力をつけていることは間違いないでしょう。

XPERIAシリーズとしても同じモデルを提供するなどHuaweiの販売戦略からすると斬新です。

そういうことを考えると斬新なモデルというものが今後成功のカギとなる可能性が非常に高いでしょう。

デザインが古いスマホというのはどうしても他社のスマホと比較した時に見劣りしてしまいます。

そういうことを考えるとやはりデザインが古いということは、ソニーとしても致命傷になると思われます。

致命傷になるということで、今後ソニーは開発を立て直す動きに出ているようです。斬新なデザインのモデルも本当はみんな期待しているところではないでしょうか。

XPERIA XZ3 Infinityというスマホが今後発売される見込みとなっているようです。 実質的なXPERIA XZ2の...

このようなInfinityというモデルも今後発売されるようです。このような見た目のモデルにユーザーは期待しているわけです。そういうことをソニーはもう少し汲み取ってもらいたいと思いますね。

同じようなデザインのものを発売しているだけでは正直なところ辛いと思います。今後のソニーにはかなり期待したいところですね。

iPhoneXS及びiPhoneXSMAXが発表

最新のiPhoneXS及びiPhoneXSMAXが発表されました。

今回はiPhoneXの後継モデルということで発表されておりますが、今回antutuベンチマークというベンチマークアプリでも36万という非常に高いスコアを出しました。

かなりのハイスコアを出したことにより、iPhoneにはかなり期待している人が多いのではないでしょうか。

Xperiaシリーズでは残念ながら2018年モデルであるXperia XZ3でもそこまでのスコアを出すことは出来ません。

今回はかなりXperiaを引き離した結果となることは間違いないでしょうね。