arrows Be F-04K docomo With 維持費を安く抑える 3万円ちょっとで販売

ドコモがarrows Be F-04Kを発表しました。こちらのスマホですが、docomo With対象のスマホとなっており、非常に安価に維持をすることが可能なスマホとなっております。

それではF-04Kのスペックを見ていきたいと思います。












F-04Kのスペックを紹介

大きさ 約144 (H)×72(W)×8.3(D)mm
重さ 146g
OS Android8.1
CPU SnapDragon450
RAM 3GB
ROM 32GB
画面サイズ 5.0インチ
解像度 1280×720ドット
カメラ 1220万画素/500万画素
カラー ホワイト、ブラック、ピンク
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 2580mAhバッテリー、防水、防塵

こちらがスペックとなっております。スペック的に比較するなら同じタイミングで発表されたL-03Kというスマホと比較するといいと思います。

ドコモ LG style L-03K docomo With スペック 対象製品 維持費は280円〜

こちらのスマホが同様のスマホとなっております。こちらも同様にdocomo With対象の製品となっております。

スペックだけ見るとL-03Kのほうがスペック的には高めのスペックとなっております。

耐衝撃性能がいい

耐衝撃性能に非常に優れております。割れないスマホというものを富士通は発売しておりましたが、こちらも非常に割れにくいスマホとなっております。

高さ1.5mから26方向でコンクリートに落下させて画面が割れないことを確認する試験をクリア(2018年3月現在。富士通コネクテッドテクノロジーズ調べ)。無故障・無破損を保証するものではございません。

1.5mからコンクリートに落としても問題ないということも非常にいいと思います。

なかなかそこまでのスマホというものはありません。実際はケースをする人もかなり多いと思いますので、ケースをする人にとってはほぼ割れないということになるかと思います。ケースをつけているだけで、かなり割れづらくなります。

本体がそこまで割れにくい強固な作りになっているのであれば、間違いなく割れないスマホということになるかと思います。

洗えるスマホ

洗えるスマホということも非常にありがたいと思います。

スマホを洗うことができるということも非常にオススメかつメリットがあるかと思います。

実際のところケースに入れている人はなかなか洗うことが出来ませんが、洗えるということは汚れた時にはかなりありがたいと思います。

F-04Kの価格は安い

一括価格が33,696円となっております。他のスマホと比較してもかなり安価なことが伺えます。

docomo With対象製品ということで、いわゆる実質価格というものは存在しません。それでもここまでの価格設定であれば間違いなく安価に購入することが可能となっております。

どうせ買うなら比較的安価に購入したいですからね。

元々3万円ちょっとという価格設定のため、3年目以降では間違いなくモトがとれるスマホとなっております。

安価なスマホが売れる時代に

このF-04K含めて安価なスマホが売れる時代になりました。

今まではハイスペックモデルがかなり販売台数を占めていましたが、最近では安価なスマホがかなり売れる時代になってきたように思います。

安価なスマホというのは維持費が安いだけではありません。Androidを搭載しており、他のAndroidスマホと比較しても当然ながら同じことをすることが可能なのです。

パソコンならWindowsがインストールされているのであれば、間違いなく他のWindowsでも同じことができるということです。

Androidも同じAndroidなら同じことができるわけですね。そういうことを考えるとこのスマホでもいいのかなぁ〜なんて思う人がいるわけです。

安価なスマホというのはこれから売れる時代にシフトしていくものと思われます。

安価なスマホのほうが当然ながら購入しやすいですからね。