ドコモ ブラック 信用情報 携帯に契約が出来ない ローンが組めない 割賦が払えない

ドコモブラック

ドコモに契約しようとおもっても契約出来ないというケースがあるようです。

ドコモの携帯に新しく携帯を契約しようとおもっても契約出来なかったり、特価を受けることができなかったりしたことありませんか?

その場合はドコモの持っている信用情報に傷がいっている可能性が非常に高いです。

ドコモに契約できなかった理由というものを一度記載してみたいと思います。












ドコモに契約した時に契約を断られた時確認すること

・他社への未納がある。
・割賦の支払いを放置したことがある。
・クレジットカードが作れない。
・ここ2年以内に大量に解約をした
・ここ2年以内に短期解約をした

これらの条件にマッチした時にブラックリストに入る可能性があります。ブラックリストというのは、ドコモとしては契約出来ないという意味です。

まず最も注意したいことをお伝えしたいと思います。

ドコモの契約を断られないために

ドコモの契約を断られないために絶対してはいけないことをお伝えしたいと思います。

基本的に他社含めて未納情報があると間違いなく契約は出来ないでしょう。

未納情報というのは各社共通で持っていますので、未納情報があるということは本当に致命的なのです。

なぜ他社の未納情報をドコモが持っているの??と思う人もいるかとおもいますが、未納情報というのは各社共通で持っているのです。

なぜなら各社が損をしないように契約させたくない人の情報は共有情報として持っているのです。

その為auで契約して未納状態があったり、ソフトバンクで契約して未納状態があったりすると当然ながらドコモでの購入は蹴られます。

これは当然といえば当然でしょう。ちなみにこの情報は各社で共通している情報なので、他社だから大丈夫というわけではありません。基本的にはドコモでも同様のことが起きるということは他社でも同様のことが起きるということです。

過去に支払ったことがないという情報があるのであれば、それはすぐに対処してもらいたいですね。

やはり支払いというのは信用情報に関わる重要な部分なので、確実に支払いは済ませたいところです。

docomo au SoftBank

短期解約は基本的にNG

短期解約を過去に繰り返した人は契約が出来ない可能性が非常に高いです。

短期解約の定義ですが、90日以内としている場合が非常に多いです。90日以内に解約をしている場合は契約を断られる可能性が高いです。

1回くらいは大丈夫かと思いますが、複数回やると短期解約をする人という形で見られますので、どうしても対処としては契約が出来ないということになります。

短期解約は絶対にしないようにしたいですね。この短期解約の情報というのは他社と共有されませんので、ドコモで短期解約をしたところで、auやソフトバンクでは問題ないと思います。

とはいうもののドコモだけ突出して短期解約をする人は他社でも短期解約をする可能性が高いので、他社も同様のことが言えるので、注意が必要ですね。

短期解約は基本的にあまりいいことはないので、どうせなら180日以上契約は継続させたいですね。

180日ほど契約を継続させているのであれば、基本的に短期解約扱いにはならないケースが多いので、大丈夫かと思います。

いわゆる半年は契約を続けたいところです。解約するなら7ヶ月目程度が最短の解約になるということです。

このことからブラックになるケースいわゆる契約が出来ないケースというのは、短期解約も入ってくるということになります。

契約が出来ないという人でどうしても契約したいという人なら家族にお願いするしかなさそうですね。家族にお願いすることで、契約が可能になる可能性が非常に高くなります。

短期解約は普通に考えてありえない

短期解約というのは普通に考えてありえません。

契約をしたいけど短期解約を過去にしてその後すぐに契約をしようとしているのです。

短期解約をする人というのは、携帯が不要になったということもしくは自宅で電波が入らなかった人などとある意味限定的なのです。

限定的な人が再度また契約するということは普通に考えてありえないと思いませんか?

短期解約をして再度契約を試みるという人は普通の感覚ではありえません。

そういうことを考えるとやはり短期解約を行うということは普通ではありえないのです。そのため何かいわくつきがあるということで、契約出来ないようにストップをかけるのです。キャリアとしてはそこでストップをかける必要があるということは、当然だと思います。普通のお客様と別の動きをしているわけですからね・・・

普通の人なら間違いなく契約はしないでしょう。

本来なら短期解約というのは次に契約出来ないというだけなので、実はそこまで心配はいらないのかもしれません。本来短期解約を行う場合は次には契約することが永久にないもしくはかなり期間がたってから契約を行うということなので、ここで触れているブラックの扱いにはほぼ該当しないでしょう。

短期解約をするというのは別の目的で解約をする人だからですね。その別の目的というのはいわゆる美味しい案件ばかりを狙って契約をしている人ということです。今はそういう人も少なくなってきているので、基本的にここに該当する人は少ないでしょう。

docomo au SoftBank

高額な本体代金で分割が組めないケースも

高額な本体代金で分割が組めないというケースもあるようです。

最近のスマホは非常に高額な機種が色々と出てきております。10万円を超える機種もザラになってきております。 10万円を超える機種...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、本体代金が最近かなり値上がりしていることは知っている人も多いと思います。

そのため本体代金が払えないという人も急増しております。

本体代金を一括価格で購入しようと思うと10万円を一括で払うということは相当厳しいことでしょう。

そのため本体代金を分割で購入したいとおもっている人も多いはずです。それが最近の値上がりで、全く与信が通らないという人も多いようです。

iPhoneXなども10万円を超える機種となっており、分割購入の場合与信がかなり厳しくなるわけです。

10万円以上する品物をローンで購入するわけですから当然といえば当然です。

そのため購入することが出来ないという人もかなり多いのです。そういう人は一括で購入するか何か方法を考える必要があるわけですね。

本体代金が高くなり、通信費も高いので、本当にスマホの購入は一部の金持ちしか行えなくなってきているような気がします。

MVNOという安価なものを選択する人も増えておりますが、やはりまだまだキャリアモデルを利用する人が多いです。

キャリアモデルも高額モデルを選択する場合分割が組めるか組めないかというところも考える必要がありますね。

ローンが組めないことは意外と痛い

ローンが組めないということは実は結構痛いことです。なぜ痛いのかということですが、ローンを組めないということで、端末代金を一括で払う人もいるということです。

ローンが組めないということは本当に痛いですね。

ローンを組めないということは正直なところ他でのブラックがある人なので、そこまでの一括で支払えるお金を持っていない可能性もあるわけです。

そういう人が契約をしようと思うこと自体がある意味すごいのですが、世の中にはすごい人がいますからね・・・

高額スマホの契約時は他の名義を検討することも

ブラックリストに入って契約出来ない人というのは他の人の名義を利用して契約することもあるようです。

おじいちゃんやおばあちゃんの名義を利用して契約する人も結構いるようです。

また配偶者の名義などを利用する場合もあるようです。結果的にブラック入りしている人は喪があけるまでかなりの期間を要するため喪があけるまでの間は他の人の名義で契約をするしか方法がありません。

ただしあくまでその購入したスマホというものはその人の名義ではなく契約した人の名義となってしまいます。契約した人の名義ということは、残念ながら機種変更をしようとした時などでも本人の承諾なしに機種変更が出来ないなど実は不便なことが非常に多いのです。

高額スマホを契約出来ないというのは、まだ審査が降りないという可能性もありますが、基本的には高額スマホの契約を行う時には気をつけたいところではありますよね。

高額スマホを利用したいと思う若者も増えておりますが、他の人の名義を借りるということは本当に避けたいところです。

せめて親の名義までにしておきましょう。親の名義を借りるということは子供の場合よくあることです。

その場合なら特に問題ありませんが、親の年齢になってブラックで契約が出来ないということはなんとも残念なことですね。

iPhoneは契約出来ない人が多い

ブラックというわけではないのですが、iPhoneは契約出来ない人がかなり多いようですね。

最近スマホの値段が上がってきたと実感している人は本当に多いと思います。 スマホの価格が上昇してきたことに伴いiPhoneXsやiPho...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhoneは機種の価格が高くなっており、契約出来ない人がかなり増えているようです。

これはiPhoneに限った話ではないのですが、10万円を超えるような高額機種というのは審査がかなり厳しくなります。

審査が厳しくなると契約出来ない恐れがあるわけです。実際にかなりの人がiPhoneの購入時の割賦の審査で落とされているようですね。

iPhoneの審査が通らないという人はどうしたらいいのでしょうか?

ここまで機種の代金が高くなるというのはびっくりですよね。

それでもiPhoneXsやiPhoneXsMAXというのは非常に人気の高い機種となっているので、ほしいと思う人がかなり多いわけです。

そういう人はiPhoneの購入に関しては諦めるしかないのでしょうか?

それらを解決する記事を上記に掲載しております。

基本的にはブラックにならず契約できればいいわけですが、なかなかそういうわけにもいかない現状があるわけです。普通のサラリーマンなら問題ないと思いますが、若年層の人は親に契約者になってもらう必要があるのかもしれませんね。