2018年 学割 U25施策でパケット増額キャンペーン 家族のための学割に

2018年になると学割も登場してくるようになります。毎年恒例ですが、2018年の1月中旬頃から学割のキャンペーンを開始するようになると思われます。学割というのは今ではU25いわゆる25歳以下でも対象となることが多いです。
その中でも18歳以下にはさらに手厚い学割になることが予想されております。

U25含めて18歳以下はパケット増量キャンペーンなども実際されると思われます。












ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQmobileからキャンペーン開始

<ドコモ>


こちらドコモです。ドコモは2017年ははau及びソフトバンクと異なる施策でかなり成功を収めました。
シェアという家族まとめて加入出来るという強みがドコモにはあるのではないでしょうか。
ドコモオンラインショップでの購入はぜひオススメしたいですね。

新規契約が非常にお得なのです。一括価格で販売している機種もあるので、ぜひ検討してもらいたいですね。

一括648円で発売されている機種も非常人気です。

L-01Jこちらの機種も648円です。非常に人気のある機種なので、かなりお得ですね。

まだ学割は間に合います。5月31日まで学割を実施しているため2018年の学割はまだ大丈夫なのです。

学割の施策を実施している間に検討することをオススメしたいですね。

学割施策が終わってしまうと通常施策に戻ってしまいます。学割を利用できる家庭は間違いなく学割施策をオススメしたいと思います。

また5月には新製品の発表会が開催されます。5月中に発売されるスマホもありますので、それを元に学割施策を検討してもいいのではないでしょうか。

おそらくGALAXY S9などは5月中の発売になると思われます。

GALAXYS9及びGALAXYS9+が世界的に発表されました。GALAXY S8までが日本国内で発売されており、全面ディスプレイを...

こちらがGALAXY S9の情報となっております。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

<au>


auはパケットの増額をかなり行いました。パケットというのは、動画などを見ることですぐになくなるので、パケットの増量というのは学割の次期は本当に必須です。
大量のパケット契約を行うとそれだけで高くなるので、この学割の施策を組み合わせることで安価に契約することが可能です。特に18歳以下では抜群の効果があるかと思います。

<ソフトバンク>

ソフトバンクの家族に対する学割をメインに打ち出してくるでしょう。
ソフトバンクも家族に関するCMなどを行っており、家族ということを中心に考えているキャリアであることは間違いありません。
家族全員がソフトバンクへ加入するとメリットがあるということを全力で訴えてくることは間違いありません。
昨年と同様にソフトバンクだけ前倒しで学割を訴求してくるのか非常に楽しみですね。本当にどうなるのでしょうか。

<ワイモバイル>


<UQmobile>

こちら各社からパケット増額キャンペーンなどは出てくることが予想されております。

最近はわざわざ店舗に行くことなく、ネットから購入しようと考えている人がかなり多いです。

ネットでの購入は非常に楽で便利ですからね。2018年の学割の頃になるとiPhone8やiPhoneXの在庫もそれなりに潤沢に準備されていることは間違いないでしょう。

そのため、それらiPhoneを狙う人がかなり多いことは間違いありません。

よって今後契約を行うのであれば、iPhoneなどの契約を行うほうがお得に契約出来ることは間違いないと思います。

2018年6月のクーポンが出てきました。 当然ながら6月のクーポンなので、最新機種も盛りだくさんです。 かなりお得に契約すること...

こちら現在クーポンを配布しております。クーポンを利用することで、かなりお安くスマホを購入することが可能となっております。

どうせならクーポンを活用してみることをオススメしたいですね。

学割を利用してもこのクーポンは利用することが可能となっております。新規・MNPでも利用することが可能となっておりますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

docomo au SoftBank

機種価格の軽減 パケット増量

機種の価格の軽減というものは行われると思われます。機種価格は高止まりしており、機種をサクサク購入する人というのはかなり減りました。

最近はMNPをする人もかなり少なくなり、補助金もかなり少なくなったと思います。

機種変更を行う人がかなり増えている現状の中でキャリアとしてはかなり儲けているわけです。

その儲けの一部を利用者に還元するという施策は最近打ち出されている中で、総務省もかなり関与しております。

総務省主導の元MNPを行う人というのはかなり減りました。

その為各社は自社に契約している人に対しての優遇措置というものをかなり出してきております。その優遇措置というのは、やはり端末代金等の還元及びパケット還元ということになると思います。

ある程度キャリアの通信費及び通話料が固定化されているなかで、いわゆるその収益分を利用者に還元してもらう必要があるわけです。

その為にはある程度顧客の固定化というものは必要になるわけですね。魅力ある端末が発売された時に自社でも同様の商品を発売し、自社に顧客を食い止めるということは間違いなく必要になるわけですね。となるとやはり家族含めてのメリットを出す必要になってくると思われます。

今回注目すべきは以下の通りです。

・端末購入価格の補助
・パケット通信の増量

こちらの2つがどうしてもキャリアとしての命題になってくるわけですね。

docomo au SoftBank

家族まで囲い込むのがポイント

家族まで囲い込むということがポイントになってくると思われます。家族まで囲い込むと当然ながら契約者数がかなり増えるのです。

キャリアとしては毎月の通信費などの入り数を増やすわけですね。

薄利多売というわけではありませんが、1人が仮に1万円払ってくれると仮定した時に4人が8000円払ってもらうほうがメリットがあるわけです。

そのため家族の学割というのは必須となってくるわけです。パケットというのはいわゆる水道の蛇口と同じなのです。

水道の蛇口というのはどういう意味か?ということですが、水道は設備の設置さえすれば、後は利用が使うか使わないか判断します。

パケット通信もそれなのです。アンテナをたてたら後はユーザーが利用するかしないか?ということだけなのです。

キャリアとしては家族含めて同じ蛇口から電波を出せば問題ないということになります。そうなるような機種変更施策が必要になると思います。

家族の囲い込みがキャリアにとっても最近は急務になってきております。家族まで囲い込むと数台が一気に契約者数となりますからね。当然ですが、それが最もお得であることは間違いありません。

docomo au SoftBank

iPhone8及びiPhone8Plusがオススメ

この学割の時期というのはiPhone8及びiPhone8Plusを購入する人が非常に多いです。

各社iPhoneを購入してもらうために非常にがんばって施策をうつのです。iPhoneはほっといてもそれなりに販売可能な機種です。

ドコモ、au、ソフトバンク共にiPhone8及びiPhone8Plusは売れ筋機種であることは間違いありません。

売れ筋機種というのは当然ながら各社学割時期にはかなり売りたいのです。

すでにiPhone8及びiPhone8Plusというのはわりと在庫も潤沢にある機種となっておりますので、これらの機種というのはかなりオススメ出来ると思います。

学生の間は写真を撮る機会もかなり増えると思いますので、大容量モデルが非常にオススメです。

大容量モデルなら写真や動画をかなり残すことが可能となっております。そのため最新の機種であるiPhoneの大容量モデルというのは本当にこの時とばかり売れるのです。

非常にオススメ出来る機種であることは間違いありませんので、ぜひ検討してほしいと思います。

iPhone8もiPhone8Plusも本当にいい機種ですからね。学割の時期には本当にこれらiPhoneというのはかなりオススメ出来ると思います。

iPhoneXの在庫もかなり確保できそう

学割は3月頃に一番販売量が増えます。

iPhoneXが発売されてから半年近くが立つわけですが、その頃になるとiPhoneXの在庫もかなり確保されることが予想されます。

iPhoneXを欲しい学生というのはかなり多いでしょう。iPhoneXのFaceIDは色々言われておりますが、学割とセットで安価に購入することができればかなりいいと思います。

iPhoneXは今のところ最も人気がある機種です。

11月に発売され、予約は過去最高レベルで入っていることは間違いありません。今の時期に購入できなかった人は今後学割のシーズンに合わせての購入が最もお得でしょうね。

学割シーズンに合わせての購入でパケット容量も増大してくれるわけですので、パケットもそれほど気にする必要はありません。

学割の時期に合わせて新しい料金プランというものを持ってくるかもしれません。

今のところiPhoneXが最も人気の高い機種になると思いますので、学割を検討している人なら学割の時期を待ってからの購入でもいいのかもしれませんね。最近はiPhoneXの在庫も徐々に落ち着いてきており、それなりに手に入れやすくなってきたのではないでしょうか。

iPhoneXは今後ひょっとすると新色を発売するかもしれません。新色まで待つか今購入するか・・・非常に悩ましいところですね。別にiPhoneXが機種のすべてではありません。それでもiPhoneXが欲しいとおもっているユーザーは多いのは間違いないでしょうね。iPhoneXは見た目も含めてかなりかっこいいですからね。

価格だけで考えるならiPhoneXはダメ

学生が持つということを考えるならiPhoneXはどうしても高い機種となってしまいます。基本的に与信を通すことはかなり厳しいでしょう。契約者は親にならないとダメだと思います。いわゆる利用者登録をいうものを行うことで、審査がかなりおりやすくなるでしょう。

iPhoneXは通常の価格が10万円を超える機種となっており、2年間利用することを考えても毎月5000円近く親は払うことになります。携帯代金以外に機種代金として5000円です。相当高額だということがわかるかと思います。

またお子さんがiPhoneを所持したところで、基本的にはゲームなどのアプリをメインに遊ぶことは間違いありません。高校生くらいになったらある意味スマホを持たせるということは仕方ないことかもしれませんが、普通に考えると今の経済からするとスマホは本当にかなり高いものです。価格だけ考えるのであれば、iPhoneは本当に微妙ですね。とはいうものの、実際にはiPhoneくらいしか欲しい機種はないのかもしれません。

せめてiPhone8にしておいてほしいと親はおもっているでしょうね・・・

機種変更がメインの学割にシフト

数年前まではMNPがメインの学割でしたが、これから先は機種変更がメインの学割にシフトしていくことは間違いないでしょう。

現在キャリアは機種変更の顧客を非常に大事にしていっているようです。

以前はMNPの顧客に関してはキャッシュバックや学割の施策もかなりいいものを出してきておりましたが、今は機種変更の顧客を大事にしているような施策が目立ってきております。

機種変更というのは、結果的に同じ会社を長く使ってくれるという顧客になっており、やめない限りその顧客は毎月通信料金を払ってくれるのです。

ある意味有料顧客というわけですが、MNPが最近出来なくなってきたこと(MNPが美味しくない)を受けて、学割も機種変更がメインになってきました。

機種変更をメインに行うと売上はそこまで伸びることはないのかもしれませんが、結果的に機種変更を行うユーザーというのは学割の時期には増えるのです。

学割の恩恵を受け続けるためにそのキャリアと長く契約し続ける可能性も高いわけですね。そういったユーザーを取り込むことが非常にいいのかと思いますが、2018年の学割も間違いなくそのような方向でシフトしているのでしょうね。

auの2018年学割が出てきた

auの学割が出てきました。

ピタット学割及びフラット学割という2種類の学割が出てきました。

それぞれ500円と520円の割引を12ヶ月にわたり受けることが可能です。

ピタット学割は1480円という非常に低価格から利用することが可能となっております。

かなり安価に学割を利用することが可能ですね。

またそれだけではなく、実はかなりお得なサービスがあります。それはauスマートパスプレミアムです。

それは本当にお得です。148円という非常に低価格でありながらかなりのサービスを受けることが可能なのです。

これだけのサービスを受けることが可能となっており、間違いなくお得に契約出来るサービスです。ぜひこちらのサービスは活用してもらいたいですね。

docomo au SoftBank

ドコモ 2018年 学割発表

ドコモが学割を発表しました。

ドコモオンラインショップでも利用することが可能となっておりますので、ドコモオンラインショップを利用頂ければと思います。

それではどのような学割になっているのでしょうか。

25歳以下で利用可能な学割

25歳以下で利用することが出来る学割となっております。

提供開始日は12月27日となっております。

申し込み月から12ヶ月間毎月1500円の割引が適用されます。

この施策に伴い現在25歳以下向けの施策であるU25応援割というプランが12月26日に終了します。

1500円引きポイントプレゼントの対象ユーザー

対象ユーザーというのは「カケホーダイ&パケあえる」のプランに新規契約、あるいはFOMAプランから契約変更する25歳以下のユーザーが対象です。

機種変更は対象外になることは注意したいと思います。

また今回対象となるユーザーがシェアパックの子回線に加入するとシェアグループ全員がdポイントへ1人あたり3000ポイントプレゼントされるということがメリットです。

いわゆるこのあたりは家族への学割ということになります。

docomo Withとの併用は無理

残念ながらdocomo Withとの併用は無理ということです。docomo Withとの併用となれば、トータル3000円の値引きだとおもった人も多いと思いますが、残念ながらそれは出来ないようです。

ある意味それはそれで仕方ありません。docomo Withと併用することが出来ないということはかなり厳しいのではないでしょうか。

docomo Withと併用することが出来たら3000円マイナスということになりますが、さすがにそこまでは・・・ということでしょう。

逆に併用出来ないのであれば、この時とばかりにハイスペックモデルの購入をオススメしたいと思います。

ハイスペックモデルであれば、月々サポートと併用することが可能なので、月々サポート+毎月1500円の値引きを受けることが可能です。

それが一番お得でオススメ出来る施策ではないでしょうか。

ドコモは12月27日から ハイスペック機種を狙うべし

ドコモは2017年12月27日から学割開始です。

当然ながらハイスペックを狙うことをオススメしたいですね。iPhoneXは最もハイスペックな機種の一つかと思いますが、これを狙うことをオススメしたいと思います。

1500円の学割を貰えるのであれば、間違いなくiPhoneXでしょう。

docomo Withとの併用が無理ということで、選択肢はハイスペックモデルへと移行しました。

今回のdocomoの学割ならiPhoneXでしょうね。

AndroidならGALAXY NOTE8XPERIA XZ1 COMPACTXPERIA XZ1の3機種のどれかになるかと思います。

これらの機種が間違いなく一番いい機種ではないでしょうか。Androidはかなり多くドコモは発売しているので、当然ながらかなり力を入れているのです。

AndroidかiPhone悩んでいる人も多いかと思います。年末年始にはぜひドコモの学割を利用してみてはどうでしょうか?

学割は4月以降も継続

学割というのは4月以降も継続しております。学割は5月31日まで有効となっておりますので、検討してもらいたいですね。

2018年4月以降も継続しているキャンペーンを紹介したいと思います。 V30+というスマホがドコモから発売しており、こちらのスマホを購...

こちらのように学割を利用してVRを利用することが可能なので、非常にお得です。DayDreamViewもかなりメリットのあるガジェットとなっておりますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

学割を利用することで、かなりお得に契約することが可能です。

2019年学割も楽しみ

2019年学割も2018年の12月ごろからスタートするものと思われます。 学割の時期というのは一番スマホが売れる時期となっており、この...

こちらですが、2019年の学割も非常に楽しみですね。

2019年学割ではどんな機種が発売されるのでしょうか。

個人的にはGALAXY NOTE9もかなり楽しみです。

2018年モデルの中で一番オススメできそうなものはやはりGALAXY NOTE9もしくはXPERIA XZ3ではないでしょうかね。