スマホのやりすぎで睡眠不足に寝る前のスマホは我慢したほうがいい

スマホのやりすぎで睡眠不足という人が最近かなり多いと思います。

これはスマホが世の中に普及する前からガラケー時代から色々言われていたことです。

特にスマホが普及してからは睡眠不足になる人が非常に増えました。睡眠不足の原因の一つがスマホです。












スマホのゲームが楽しい

睡眠不足の原因の一つにゲームのやりすぎという人もいるでしょう。ゲームを寝ながらにしてすることができるのです。

ゲームが好きな人にとっては寝ながらゲームができるということはかなりオススメできるかと思います。

ゲームをするということで、確実に睡眠不足に陥ります。寝る前の頭というのは活性化してはダメなのですが、ゲームなどのアクションが活性化させてさらに寝れないという状態になってしまうのです。

基本的にゲームをする時というのは起きている状態で普通にする必要がありますが、寝る前にゲームをすることで、結果的に覚醒してしまい寝れないなんてこともありえます。

寝る前のゲームは控えておくほうがいいですね。

SNSのやりすぎ

SNSというのがここ数年得に話題に上がってきますが、SNSをする人が急増しており、そのSNSをやるために夜中まで起きているという人も多いと思います。

SNS疲れとまで言われるようになり、人のSNSの投稿をチェックしにいったり、またはSNSを自分のものを投稿したり、またいいねのようなものを押されたりするとそれの返信などを行うわけです。

結果的に無限ループにハマってしまうわけです。このようにSNSのやりすぎにより寝不足という人もかなり多いと思います。

SNSはハマれば面白いのですが、やらなければ気にすることはありません。

やめるというわけではありませんが、回数をへらすとか時間をきめてやるとか自分なりに抑止をしながらする必要がありますね。

SNSは非常に面白いのですが、やりすぎには注意したいところですね。

テレビやYouTubeを見る

スマホでテレビが見れるものが非常に増えてきました。スマホからテレビが見れるとなると遅くまでテレビを見てしまう人も多いでしょう。

これまた覚醒してしまうのです。寝る前にちょっとだけテレビを見てしまうなんてことは普通よくあることです。

テレビを見ながら寝てしまうのであれば、まだいいのですが、基本的にはそれもあまりよくありません。

基本的には消してから寝たいところです。

またYouTubeは本当にそういう意味では困ったものです。YouTube動画は自分の好きなものをエンドレスに見ることが可能です。

知らない間にそれこそ寝れるのであれば、幸せなのですがそうでないこともしばしばです。

基本的にはテレビやYouTubeなどの動画というのは自分の知らない間に中毒性がありますので、本当に注意したいところです。

寝る前のスマホは我慢したほうがいい

寝れないからスマホを見るという人もいるかもしれませんが、目をつぶっていればそのうち寝れるはずです。

寝ないことが一番体への悪影響です。

寝る前のスマホは少しでも減らして少しでも睡眠時間を確保するほうがいいと思います。

どちらかというと早寝早起きが一番なのです。寝る前のスマホというのは、オススメできません。体への影響を考えるのであれば寝る前は本を読むくらいにしておきましょう。

テレビなども本来ならあまりよくありません。

基本的には寝る前というのは寝れるような準備が必要なわけです。基本的には寝る1時間くらい前というのは色々我慢したほうがいいと思いますね。