廉価版のSurfaceが400ドル程度で発売される可能性が高い

廉価版のSurfaceが400ドル程度で発売されることが高いことがわかりました。

Surfaceというのは、Microソフトが発売しているWindows純正の端末となっております。

このSurfaceが400ドルという非常に安価な価格設定で販売される可能性が非常に高いようです。












ベンチマークも出回る

ベンチマークも出回っているようです。

Pentium 4415YというCPUで動作させることが可能なSurfaceを開発しているようですね。

基本的にはマイクロソフトというのはインテルベースでのCPUを搭載するケースが非常に多いです。

今回このベンチマークはMac Bookと比較されておりますが、数値的にはそれほどの差はありません。

そしてマイクロソフトが発売するこのモデルがSurfaceというのであれば、かなり安価であることがわかるかと思います。Macbookは正直なところ10万円を超える価格設定となっており、非常に高いです。

それが400ドル程度で発売されるSurfaceとほぼ変わらないとなれば、エンドユーザーとしてはかなりオススメできることではないでしょうか。ただし気になるところでいえば、SurfaceとMacではOSがことなり、実際のベンチマークの結果が使い勝手に変わるのかと言われるとそういうわけではありません。

Windows10も徐々によくなってきているということですが、Windows10に関しては定期的にアップデートをする必要もあり、企業が利用しているとどうしても使い勝手は、Windowsになるかと思います。

今後Surfaceに切り替える企業も増える?

今後Surfaceに切り替えていく企業というのは徐々に増えていくと思われます。

ノートパソコンのニーズもありますが、やはりタブレットで十分だと考えている企業も多くいるわけです。

タブレットですが、Surfaceの場合はノートパソコンのスタイルに変更することも容易なので、今後企業でますますSurfaceに移行する可能性もあります。

とはいうものの企業ではマウスがあるので、タッチパネルは不要と考えている企業も多いことは間違いないでしょう。

情報システム部門の考え方次第なのですが、今後は徐々にSurfaceに移行していく会社が増えていくことは間違いないでしょうね。価格も下がるということで余計にSurfaceでいいかなと思う企業が増えていくでしょう。

引用元:neowin