人工知能 AIがスマホにも搭載 色々なシーンや自分の行動を理解してくれる

人工知能を持ったスマホが今後登場してくることが予想されます。

すでにカメラを撮る時というのは人工知能を搭載したモデルというものも出てきております。カメラを撮る時に人工知能なんているの?と思うのかもしれませんが、人工知能の機能を利用して、自分が今撮りたい写真に合わせたモードで撮影してくれるというものです。

それがどんどん進化していわゆるAIにて写真が撮れるということにもなるのかもしれません。

AI機能が搭載されるということは今後どのようにスマホが進化していくのでしょうか。

AI機能というのは人工知能ということになり、人工知能というのは言われたことをするというよりも自分で考えて行動を起こすということになります。

自分で考えて行動を起こすといってもいきなりあるきだしたりするわけではなく、利用者が普段している行動などについて分析し、今このタイミングで○○がしたいという欲求を事前に察知する機能などが搭載されるものと思われます。












毎日の行動把握

スマホはGPSなどが搭載されており、毎日の行動を把握することなどたやすいことです。最近ではGoogle Mapsと連携して自分が過去に訪れた場所や自分が行った軌跡などを表示する機能などを有しています。

ある意味すごい機能の一つとなっており、今かなりの人がすでにある機能に関してでも驚きがあるかと思います。

そのような自分が過去にいったことある場所を覚えておいて、それらの情報に基づいて自分の趣味や思考など将来自分が行きたいであろう場所などを提案してくれたり今後はしていってくれるようになると思います。

例えば旅行などもそうです。把握するのは自分だけではありません。ネットワーク上には他人の情報なども蓄積されており、自分が過去にいった場所、これから訪れてもらいたい場所などをマッチングして、○○月○○日に○○方面への旅行がオススメといった感じに行動を先読みしてくれるような機能なども出てくると思われます。

例えばその○○月○○日というのは天気予報なども加味した情報として表示されたり、また他人にはその場所をオススメせず他の場所をオススメして渋滞を避ける狙いなどもあるかもしれません。すべての周りの条件なども複合的に加味した上で人工知能が判断してスマホに表示してくれたりするわけです。また宿などの情報もそうです。ネットにある情報を集めてきて表示させるだけなら簡単ですが、普段利用しているネットワーク上のサービスや他には自分が過去に止まった宿などを加味した条件などが表示されたり、とかなりすごい機能が今後は搭載されていきそうです。

人工知能なので育つ

人工知能というだけあって当然ながら育っていきます。自分の意図しないことを提案されたりすることもはじめのうちはあるかもしれません。それが年々育っていくわけです。また最近ではその機種に依存されるということもなく、ネットワーク上にそのような人工知能に関する情報もあがっており、それらをベースに自分にあった情報をどんどん提案してくれるようになると思います。

端末固有のサービスではなく、自分のIDに紐付いて人工知能はどんどん発展していくのではないでしょうか。

それにはまだ時間がかなり要すると思いますが、人工知能を育てるためにはあらゆる情報が必要となりまうs.

そのあらゆる情報というのはすでにネットワーク上に蓄積されており、それらをどう活用するのかということが今議論されているところではないでしょうか。例えば新しいサービスでいえば各社スマホのGPSから取得できる情報を元に人がどの程度の範囲をどのように動くのかというような情報を元に出店計画をしたりということも実際にやっております。

それはあくまで出店計画ということであり、実際に出店に関することをAIが自動で判断したりするようになるわけです。今はまだ人間が判断していることが非常に多いのですが、今後はAIが自動で判断することも非常に増えてくると思われます。

AIが自動で判断するほうが間違いが少ないということを人間が認知するようになってくるのでしょう。あらゆる情報をインプットし、その情報を元に最適な結果を出してくれるというところまでは今でもできますが、それ以降の人間的な考え方いわゆる意思決定まで今後は人工知能がやってくれるようになるのです。

スマホと連携する機能など非常に面白い機能も今後どんどん増えてくると思いますが、人工知能がどのように育っていくのかということはかなり楽しみですね。