スマホの販売台数の陰りが 売れない 買わないの時代に突入してきたか

スマホの販売台数というのは世界的に見ても頭打ちをしてきたようですね。

スマホはITの起爆剤として世界でかなりの販売台数を伸ばしてきました。

それが昨今スマホはそれほど売れなくなってきております。












ガートナーも販売台数減を報告

ガートナーにしても販売台数減を報告しているようです。販売台数が少なくなってきていながら、世界的にはまだまだ開発をしているような印象です。

実際のところ販売台数が少なくなってきているということは経済活動に関してもかなり影響を及ぼすことは間違いありません。

日本国内においてもスマホの販売台数はほぼ横ばいといったところになっているようです。

日本ではAppleがまだ半数程度シェアがある

日本ではAppleのシェアいわゆるiPhoneのシェアが約半数以上あります。

以前は実質0円などでiPhoneも販売されておりましたが、今は実質0円で販売することはほぼありません。

MNPの場合なら一括0円で購入することができる店舗もありますが、一括0円で購入することはどんどんできなくなってきました。

それでも総務省はMNP規制などを行っており、そこまで安売りで購入することができなくなってきております。

今後日本はどのような感じで進んでいくのでしょうか?

スマホが売れない時代がくると部品メーカーも困る

日本のキャリアから発売されているスマホというのは日本国産モデルもありますが、海外からの輸入に頼っているモデルというものもあります。

日本国産モデルというのは部材を日本に頼っているケースも結構あり、iPhoneでも日本国内の部材に頼っているケースも結構あるのです。

スマホはいろいろな部品からできているため、スマホが売れないという時代はやはり部品メーカーとしても非常にこまるわけですね。

日本では総務省が色々安売りを規制してきました。そのため日本でもこのように売れないという時代がやってきたのです。

売れない時代がやってくると結果的に経済が回らないため、正直なところメーカーなどもかなり苦しいでしょうね。

長期間維持してもエンドユーザーは安く維持可能

docomo Withなどの長期間利用し続けることで恩恵を得るような施策も出てきました。

docomo with対象のスマホがハイスペックながらも280円で維持が可能ということで、今後間違いなく人気が出ると思われます。 ...
ドコモがarrows Be F-04Kを発表しました。こちらのスマホですが、docomo With対象のスマホとなっており、非常に安価に維持...

このようなスマホです。これらのスマホは維持することも安いわけですが、メーカーとしてはあまり美味しくありません。

2年以上同じスマホを維持される可能性があるわけです。そのためメーカーとしてはスマホが売れない可能性もあるわけです。

そういう観点からするとユーザーとしては嬉しい施策でもメーカーとしては美味しくない施策になっているケースもあるわけです。

今後総務省やキャリアはメーカーに対して売りやすいという施策を持っていく必要があるわけですが、メーカーにしてもかなり辛いでしょうね。

総務省が色々な施策そしてキャリアの施策に板挟みされており、今後はSIMフリーの業界にいくしかない可能性もありますが、MVNOでは格安スマホをメインに販売しており、利益はそれほど出ない可能性が高いわけです。そういうことを考えるとやはりメーカーの立ち位置としてもかなり辛いわけです。