SnapDragon 1000シリーズをパソコン向けに新設予定

PC向けのCPUというのはインテルを採用しているということを知っている人も多いと思いますが、SnapDragon1000番台シリーズというものを今後採用する可能性が高いことがわかりました。

最近850シリーズというものを発表しましたが、それよりも上位の位置づけとなる可能性が非常に高いことがわかりました。












通信モジュールを内蔵したPCに搭載か?

通信モジュールを搭載したPCに搭載される可能性が高いと思われます。

昨今SIMフリーのPCなども出てきております。

SIMフリースマホなどはよく聞くと思いますが、PCのSIMフリーというものはあまり聞かないことが多いと思います。

それでも世の中にはSIMフリーのPCというものは存在するのです。

そういうものに搭載される可能性が高いと思われます。

ちなみに通信モジュールを内蔵しており、CPUの能力として非常に高いのであれば、かなり楽しみでしょう。

Qualcommというメーカーは最近CPUをいろいろ販売しており、スマホの世界では知らない人はいないでしょう。

Qualcommの1000台が発売されると地位的に脅かされるのはインテルですね。インテルとしてはPCのCPUでかなりの割合を占めていることは知っている人も多いと思います。

こちらの分野にもかなり出てくると思われます。CPUというのはパソコンでいうと頭脳にあたる部分です。その頭脳というのは基本的にパソコンなら絶対1つは入っているのです。世界的にパソコンというのは仕事でも利用されるためかなり販売されているわけですが、それの置き換えが仮に進んだ場合インテルとしては致命的でしょうね。

当然ですが、かなり期待している人も多いと思います。今はインテルが市場の大部分を占めているので、今後間違いなく市場を奪いに行くQualcommはかなりの脅威であることは間違いないでしょう。

インテル1強時代からAMDとQualcommとなる可能性もあります。

AMDはまだ搭載されているケースもありますが、実際には搭載されていることはビジネスモデルなどではほぼありません。

コンシューマ向けの一部のモデルで採用されているにしかすぎません。

そういうことを考えるとAMDはQualcommにすぐに抜かれてしまうような気がしますね・・・

本当に今のQualcommの勢いというのはすごいと思います。このようなテクノロジーに日本企業があがってきていないことが非常に残念ですが、仕方ないことかもしれませんね・・・

引用元:yingjiesheng