トリプルカメラ カラー モノクロ 望遠 3種類の異なるレンズを持つことでキレイな写真に

最近トリプルカメラという話題を目にする人も多いと思います。

昨今デュアルカメラが当たり前になりつつありますが、デュアルカメラを搭載しているモデルが増えてきたことにより、次の世代に移行しようとしているような気がします。

最近ではHuaweiからトリプルカメラを搭載しているモデルというものが発売されることを知っている人も多いと思います。

トリプルカメラというのはどういう形で実装されるのでしょうか。












トリプルカメラは異なる3種類のカメラ

トリプルカメラといってもすべて同じ役割というわけではありません。基本的に役割というものは異なります。

同じ役割だった場合トリプルにする意味がありませんからね・・・

そういうことからトリプルカメラというのは異なる3種類のカメラを搭載しているのです。

・カラー
・モノクロ
・望遠

Huaweiから発売されるP20 PROでは3つのカメラというのは上記3種類に分類されます。

カラーセンサー、モノクロセンサー、望遠レンズというものです。

普通の写真を撮る場合はカラー、モノクロの2つで写真を撮るのだと思います。

そしてズームなどをする時に望遠レンズが利用されます。

またこの望遠では光学3倍ズームのカメラを搭載するということで、望遠で写真を撮る時もかなりキレイに撮ることができるかと思います。

デュアルカメラがモノクロセンサーとカラーセンサーとの組み合わせとはどういうこと?

こちらXPERIA XZ2 PREMIUMで搭載さrているデュアルカメラに関する記事となっております。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

カラーセンサー及びモノクロセンサーというものを用いてキレイな写真に仕上げていくわけです。それをデジタル的に瞬時に行うということです。

暗室ではかなりキレイに撮れること間違いなし

カラーセンサー及びモノクロセンサーを利用することで、暗室でもかなりキレイな写真を撮ることが可能となっております。

暗室で写真を撮ることなんてないという人もいるかもしれませんが、本当に暗い部屋で写真を撮るわけではありません。

室内で写真を撮ることを想像してみてください。パーティや飲み会など室内で写真や動画を撮ることというのは普通にありえることだと思います。

部屋で写真を撮る時にはこのようなセンサーが非常に役立つわけです。

暗室といってもいろいろな照明があるので、その照明に合わせて写真や動画を撮ることができるかと思います。

暗室で動画を撮るというシーンというのは、本当に普通にあると思いますので、そういう時には威力を発揮すると思われます。

子供の成長記録なんかも自宅で撮ることが多い

子供の成長記録なんかも自宅で写真を撮ることが多いと思います。そういう時に複数のカメラを持っており、暗室でもキレイに撮ることが可能なカメラがあるということで、かなり手軽に子供の成長記録なんかも撮ることが可能です。

基本的に自宅の中で普通に撮ってもキレイに撮ることができるということなので、かなりオススメできるかと思いますね。

当然ですが、インスタ映えする写真を撮ることも可能となっており、そういう観点からもインスタ映えする写真を撮る場合は暗いところでの写真撮影もあるではないかと思います。

トリプルカメラのニーズは今後増える

トリプルカメラを搭載しているスマホが今後はかなり増えてくると思われます。

Huaweiがトリプルカメラを採用しているスマホを販売しておりますが、カメラの性能が非常に高いとかなりの人気なモデルになっております。

基本的にはトリプルカメラのニーズというのは、今後ますます増えてくることは間違いないと思います。

トリプルカメラというのは、上記にも記載している通り、いろいろなカメラを搭載しており、その時に最適な撮影箇所で撮影するわけです。

3つもカメラがあれば、今の技術を利用すればかなりきれいに撮影をすることは可能となるでしょう。

またサムスンやアップルでも同様にトリプルカメラを搭載するスマホを発売するということになっているようです。