カケホーダイというものは必要なのか LINEでも通話だけなら十分ではないのか?

カケホーダイプランというものがドコモ、au、ソフトバンクなどから出ておりますが、カケホーダイというのは本当に必要なのでしょうか?

カケホーダイプランというのはいわゆる一般の人というのはあまり必要ないのでは?と思います。

というのも、最近のコミュニケーションというのは文字などで行われる場合などが非常に多くあり、通話をそこまで必要とすることは非常に少ないからです。












通話が本当に必要な人は?

通話が本当に必要な人というのはビジネス用途で利用する人が多いと思います。ビジネス用途でなら通話というのはかなり必要になるかと思います。

基本的にビジネス用途でLINEなどを利用している人は非常に少ないのです。その為ビジネス用途ならLINE通話を利用する人は本当に少ないと思います。

ビジネス用途の人なら通話をカケホーダイにすることで、かなりお得に通話が出来るようになったと感じている人は多いと思います。

ビジネス用途の場合カケホーダイなどのプランが出る前というのは、1万円ほどの通話料の支払いがあったという人もかなり多いと思いますが、カケホーダイにかわって、かなり通話料が安くなったという人もいるのです。

通話料というのは、必要不可欠に感じているので必要経費という捉え方をしている人が多かったのですが、その必要経費というものが、かなり安くなりました。

そういう人はカケホーダイさまさま・・・と感じている人は相当多いですね。

企業で仕事をしている人ならそこまで考えることはなかったのかもしれませんが、個人で経営をしている人にとっては毎月の通信費というのは本当に痛いですからね。通信費に関してはかなりの人が頭を抱えていたことが事実です。

それが毎月固定で通話料がのかってくるのです。それなら計算も非常に楽でしやすいものとなりました。

個人は通信し放題のほうが嬉しい

個人なら通信し放題のほうが間違いなく嬉しいでしょうね。通信はそれこそ最近○○GBまでの利用ならいくらという形が一般的になってきました。いわゆる従量課金になっているのです。昔は通話料が従量課金で通信費というのは固定という場合が非常に多かったわけです。

それが通信費が最近は従量課金にかわってきて、かなり通信をしにくくなってきたという現状があります。

通信をするとそれだけお金がかかるという意識に変わってきたのです。Wi-Fi環境で自宅に光を引いている人ならそれほど問題はないのかもしれませんが、実際にはそういう人ばかりではありません。

最近は自宅に光を引かない人もかなり多いのです。自宅に光がないという人はWi-Fi環境も自宅にないという人がかなり多いわけです。そういう人はYouTubeなどの比較的簡単に見れる動画に関しても通信費というものを払って見る必要があるわけですね。

自宅に光回線を引いている人はそこまで通信に関しては気にすることはないと思います。

カケホーダイは必要なのか?

それではカケホーダイは本当に必要なのか?ということに関して考えてみたいのですが、カケホーダイは本当に必要かと言われると工夫すれば毎月の通話料を下げることが可能です。

自分の周りの人がLINEを利用している人がいるならLINEの通話機能を利用するほうが安価に抑えられることが多いのです。

また自宅から電話をする人なら自宅ならWi-Fi環境が整っている場合も多いと思いますので、LINE通話をオススメしたいですね。

LINE通話でも通信を使うと思うと思いますが、通信はそこまで使いません。カケホーダイを上回るほど通信を使うことというのは非常に少ないのです。

そのため、最近ではLINE通話をかなり利用する人が増えてきたことは間違いないと思います。

今後も通話のために通信を利用する人というのはかなり増えてくると思いますね。

LINE通話はプライベートなら必須

LINE

LINEの通話というのはプライベートなら必須ではないでしょうか。プライベートで必須ということで、本当にLINE通話を利用する人というのはかなり増えました。

LINEで通話が出来るということで、本当に便利な世の中になりました。

数年前にはスカイプで会話するということが流行りましたが、今では利用者数が段違いに多いLINEで通話を行う人がかなり増えました。

LINEモバイル

上記のLINEモバイルなら格安SIMでありながらLINEの通信がカウントフリーです。

カウントフリーというのは最近出てきたサービスとなっておりますが、カウントフリーならLINEモバイルが非常にオススメなのです。

LINEの通信が全くカウントされないという非常に素晴らしいサービスなのです。

そのためLINEモバイルを契約する人が最近は非常に増えてきました。

LINEモバイルを契約することにより、通話の分がカウントフリーです。

電話をかけるということが少なくなってきた

年々電話をかけるということが非常に少なくなってきたと思いませんか?

電話をかけるということは、相手の時間を潰してしまうということです。

要するに自分の都合で相手の作業を止めてしまうということになりかねないのです。

特に結婚している人というのは家族の時間があったり、それ以外は仕事の時間です。そのためプライベートで電話をすることというのは本当に少なくなりました。

プライベートで電話をしても要件だけ済ませてスマートに電話を切るという人が非常に多いのではないでしょうか。

このように電話をするという行為自体をする人が非常に少なくなってきたように感じます。

そのため電話をかけるということをする人にとってはカケホーダイのようなプランは必要かもしれませんが、そうでない人にとっては本当に不要です。

最近の若い人も電話はラインで済ませる人がかなり増えてきており、どちらかというとデータ通信のほうが重要になってきているのではないでしょうか。

それくらい最近では、電話をかける人が少なくなってきました。

とはいいつつもスマホはパソコンのようにつかえないと困るという人はかなり多いでしょうね。色々な情報が溢れている世の中で正直なところ、スマホで情報を集約している人も多いでしょう。

電話ではなく、自分の情報収集にスマホを利用するという人もかなり多くなってきていることは間違いないと思いますね。

Wi-Fi通信中ならデータ利用のみでパケット代は不要

LINEの通話というのはWi-Fi通信中なら本当の無料電話になります。LTE回線を利用して通話をする場合は残念ながらデータを利用するわけで、通常の場合だと3GBや5GBなどの制限にひっかかる可能性があるのです。

元々LINEの通話自体はパケットをそこまで食うというわけではありませんが、それでもLTE通信がLINEの通話により消費されるわけです。

それがWi-Fi通信の場合はそういうことがありません。

Wi-Fi通信中というのは、パケットをWi-Fiのほうから賄うため、基本的にはLTE通信は一切行いません。

そのためWi-Fi環境でLINEにて通話を行う場合というものは消費するものはWi-Fiの通信のみなのです。Wi-Fi通信がテザリングなら意味ありませんが、Wi-Fi環境が光回線などの場合は完全に無料で利用することができるわけです。

最近ではWi-Fi環境が自宅にある人もかなり増えてきました。そのため自宅からの通信は基本的にキャリア契約のパケットの消費はありません。そのため自宅を中心に電話をする人はLINEの通話が非常に増えるわけですね。

むしろそのほうがいいのでしょう。

通話をする人が減った

最近通話をする人が非常に少なくなりました。やはり相手のことを考えて通話を少なくするということを考えるのではないでしょうか。

通話をする人が少なくなったことにより、文字だけでの通話を行う人がかなり増えてきたのです。

文字だけでの通話を行う人が増えてきたということはカケホーダイは不要だと思う人が多くなってきていることは間違いないと思います。

文字だけのやりとりのほうが間違いなく楽だからです。

文字だけなら相手の感情のこともそれほど気にすることはありません。仕事でメールを使っている人もそのほうがいいのではないかと思いますね。

企業文化として考えたときに実際のところそのあたりは本当に難しい部分でもあるかと思います。