au iPhoneXs iPhoneXsMAX 実質価格 毎月割 値段 維持費はどうなる?

auからiPhoneXs及びiPhoneXsMAXの発売が開始されておりますが、auのiPhoneXs、iPhoneXsMAXの実質価格に関して紹介しておきたいと思います。

ここ数年定価でスマホを買うという人はほぼいません。基本的には実質価格で購入している人が非常に多いですね。

実質価格で購入するほうが当然ながら安価に維持することが可能となっております。端末代金がそのまま発生する人というのはあまりいないでしょう。

iPhoneを利用するのであれば、実質価格で購入することをオススメしたいですね。

それではauの最新のiPhoneの価格に関して紹介したいと思います。












iPhoneXSシリーズの価格

iPhoneXS iPhoneXS MAX一括価格

iPhoneXS iPhoneXSMAX
64GB 128,640円 141,600円
256GB 146,880円 159,840円
512GB 171,840円 184,800円

一括価格としてはほぼ横並びといってもいいかと思います。

各社だいたいこの価格帯ですね。一昔に比べて本当に価格が上昇したといえるかと思います。

ただしこれはあくまで一括価格です。一括で購入するならこれくらいの支払いが発生するということです。

通常一括価格ではなく実質価格での購入ということになりますので、実質価格での購入はさらに安くなるわけです。

auには毎月割と呼ばれる端末代金の補助システムがあり、それに伴い実質価格では10万円を超えることなく購入することが可能となっております。

それでは毎月割に関してどれくらい安価に購入できるのかお伝えしたいと思います。

iPhoneXSに機種変更をした場合実質価格 毎月割

64GB 256GB 512GB
端末価格 5,360×24回(128,640円) 6,120円x24回(146,880円) 7,160円x24回(171,8400円)
月々サポート -2710円x24回(-65,040円) -2710円x24回(-65,040円) -2710円x24回(-65,040円)
実質負担額 2,650円x24回(63,600円) 3,410円x24回(81,840円) 4,450円x24回(106,680円)

iPhoneXSに新規、MNPをした場合実質価格 毎月割

64GB 256GB 512GB
端末価格 5,360×24回(128,640円) 6,120円x24回(146,880円) 7,160円x24回(171,8400円)
月々サポート -3,110円x24回(-74,640円) -3,110円x24回(-74,640円) -3,110円x24回(-74,640円)
実質負担額 2,250円x24回(54,000円) 3,010円x24回(72,240円) 4,050円x24回(97,200円)

iPhoneXSMAXに機種変更をした場合実質価格 毎月割

64GB 256GB 512GB
端末価格 5,900×24回(141,600円) 6,660円x24回(159,840円) 7,700円x24回(184,800円)
月々サポート -2710円x24回(-65,040円) -2710円x24回(-65,040円) -2710円x24回(-65,040円)
実質負担額 3,190円x24回(76,560円) 3,950円x24回(94,800円) 4,990円x24回(119,760円)

iPhoneXSMAXに新規、MNPをした場合実質価格 毎月割

64GB 256GB 512GB
端末価格 5,900×24回(141,600円) 6,660円x24回(159,840円) 7,700円x24回(184,800円)
月々サポート -3,110円x24回(-74,640円) -3,110円x24回(-74,640円) -3,110円x24回(-74,640円)
実質負担額 2,790円x24回(66,960円) 3,550円x24回(85,200円) 4,590円x24回(110,160円)

毎月割は機種変更と新規、MNPで異なる

毎月割は機種変更と新規、MNPで異なります。

新規及びMNPのほうで高くなっており、毎月の維持費が安価になるということです。

iPhoneXsMAXの512GBにまでなるとかなりの機種代金の支払いを行なうひつようがあり、7万ほどの値引きがあるにもかかわらずかなり毎月端末の支払いが発生しますね。

相当高い価格設定になっていると思います。

それでもこの毎月割のおかげで少しだけでも安価な価格設定となっているわけです。

毎月割というのは少しでも安価に維持したいという人なら利用してもらいたいですよね。

それではiPhoneXS及びiPhoneXSMAXのスペックを紹介したいと思います。

iPhoneXS iPhoneXSMAXのスペック

機種 iPhone XS iPhone XSMAX
仕上げ
大きさ 143.6×70.9×7.7mm 157.5×77.4×7.7mm
重さ 177g 208g
OS iOS12 iOS12
CPU A12 A12
RAM 4GB 4GB
ROM 64、256GB、512GB 64、256GB、512GB
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ
解像度 2,436 x 1,125ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
2,688 x 1,242ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
画面その他 True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
カメラ デュアル12MPカメラ(広角と望遠)
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
写真のスマートHDR
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
ローカルトーンマッピング
高度な赤目修正
露出コントロール
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
TrueDepthカメラ 7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
アニ文字とミー文字
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
写真のスマートHDR
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
Retina Flash
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレー
対応バンド FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD‑LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
その他 Face ID、指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

こちらがスペックとなっております。スペック的にはどうでしょうか?

結構高めのスペックになっていることは間違いありません。