au ブラックリスト 短期解約は信用をなくす 契約出来ない場合どうすればいい?

au

auに加入したいけどauの加入を断られたなんて人もいると思います。

いわゆるブラックリストに入った可能性もあり、正直なところ辛いですよね。

auというのはわりと他社と比較しても加入しやすいキャリアとなっております。auで落とされるというのは結構よっぽどかと思いますが、それでもauへの加入を断られる人というのはいるのですね・・・












auへ加入出来ない人

auへ加入出来ない人というのはどういう人なのでしょうか?

まずは以下のことを気にしてみてもらいたいですね。

・ドコモ、ソフトバンクなどに未納がある。
・過去にauへの支払いを滞ったことがある。
・同一名義でauに過去2ヶ月以内2回線購入したことがある。(2ヶ月分の支払いが終わっていない)
・auを短期解約したことがある。

これらが間違いなく契約出来ない人の条件となります。

一番気になるのは、他社いわゆるドコモやソフトバンクでの未納です。

他社の情報なのになぜauで契約が出来ないの?とおもった人はいるでしょうね。

実は他社情報というのは共有されているのです。auがドコモ、ソフトバンクから直接情報をもらうわけではありません。そのような情報機関というものが存在するわけです。

そしてそこに情報を問い合せているのです。そして他社での未納というのは、自社にとっても未納になる可能性が高いということで、auとしては契約を断る可能性が非常に高いのです。

ブラックにならないために

絶対に支払いの滞りはないようにしたいところです。支払いが滞るとそれだけで信用のない人として捉えられるのです。

信用してもらえない人というのは残念ながらauにしかり他のキャリアからでも契約をもらえない可能性があるのです。

そういう人は一度契約すると絶対に解約しないほうがいいと思いますね。

もちろん強制解約にならないように毎月の支払いはきっちりと行ったほうが間違いなくよいと思います。

最近支払いを行わない人もそれなりにいるようです。支払いを行えないということは、将来的に本当に致命的です。

一般の人なら間違いなく毎月の支払いを行いますが、そういう人は残念ながら支払いません。

支払わないので、当然ですが、信用はどんどん落ちていくのです。そういう人は残念ながら自動車のローンなどの組めないのです。

自動車ローンも組めない、最悪の場合賃貸に済むことが出来ないということにもなりかねません。携帯の支払いを滞っただけで、かなりの制裁がやってくるのです。

auが支払えないとかそういう問題ではありません。むしろ裏では世の中つながっているとおもったほうがいいですね。

そういうことからauでブラックにならないために各社の支払いはきっちりしておきたいとところですね。

学生は気をつける

学生の時は本当に気をつけたほうがいいと思います。ローンなどの知識も乏しく正直なところ携帯電話でブラックになったことにより、将来に影響を及ぼすこともかなりあるのです。

最近は10万円を超える機種もあるので、10万円を超える機種の場合審査が通常審査になります。

通常審査など一度ブラックになった人はほぼ通ることはありません。

ある意味ブラックに一度陥ったら今後かなり世間の目が厳しくなるということです。

実はそれをあまり知らない人が多いのです。ブラックになるということはかなりキツイのです。

そういうことは学生の間に勉強しておいたほうがいいと思います。

特に割賦契約は金利手数料が0円ということで、非常にお得に感じるのかもしれませんが、ローンをしていることにかわりありません。

ローンをするということは借金をするということなので、借金を一度すると実は抜け出しにくくなります。

ローンをしても結果的に後から支払いがやってくるのです。そのことをわからずにブラックに陥る人は本当に多くいるのです。

そのようにならないように割賦契約は注意したいところです。

最近のスマホは非常に高額な機種が色々と出てきております。10万円を超える機種もザラになってきております。 10万円を超える機種...

与信は通ったとしても一番怖いのは支払いが滞るということです。少しくらい支払いが遅延しても大丈夫と思ってはいけません。

借金をしているという意識を持ちましょう。支払いが遅延するということは世間的信用はかなりなくなります。

世間的信用をなくすということは、今後の生活にも影響を及ぼすわけです。たちまちすぐに世間的信用が地に落ちるということはありませんが、今後社会生活を送っていく上でかなり世間的な信用というものは落ちていくわけです。世間的な信用が落ちたことがその時点ではよくわからないので、問題なしと思う人がいるわけですが、社会的信用というのは他には代えがたいものがあるわけです。

そのあたりは間違いなく肝に銘じておくべきでしょう。

docomo au SoftBank

一度契約してみるしかない

auでブラックリストになっているかどうかわからない人はやはり一度契約してみるしかないでしょう。

特にMNPでは非常にお得な案件が目白押しのため、個人的にもauへの契約はオススメしたいですね。


こちらが、au Online Shopとなっております。ブラックリスト入りをしていても自宅にいながら購入を行うことが出来るのであれば、かなりお得に購入することが可能かと思います。

契約できなかったとしても店舗までわざわざ足を運ぶ必要はありません。

MNPなら機種変更より安価な一括価格で購入することが出来るので、こちらはぜひ検討してもらいたいですね。

基本的にこのページを見る人はブラックリストになったことのある人が見るページなので、実際のところブラックリストに入ってすぐに購入することはできません。

やはりある程度のスパンが必要になります。基本的には1年ほどは様子を見る必要はあるのかもしれませんね。

それでもブラックの要因を排除してあげればいつかは契約出来るので、その時には契約を行いたいものですね。

契約出来ない期間は人によってことなる?

契約出来ない期間というのはその人によってことなるケースが非常に多いです。

契約が出来ないということは可能性の一つがこのブラックリスト入りなのですが、人によって異なります。

そのため一概にいつになったら契約することができるようになるということはいえません。

とはいうものの契約をしたいという人をそこまで断る理由というのはないので、ブラックリストというのはいずれは解除されるわけです。

実際には解除されるわけではなく、ブラックリストの期間を過ぎただけにしかすぎませんが・・・

そのためブラック履歴というのは基本的に残り続けるわけです。

いわゆる喪明けといわれる期間というのは120程度と言われており、短期解約などの別の理由で契約出来ない場合は120日程度契約が出来ないだけで、それ以降は契約を行うことが可能となっております。

期間に関してはキャンペーンの内容によっても異なるかもしれません。基本的に大きな問題がなければauは契約させてくれるわけですが、やりすぎという問題もあります。やりすぎてしまうと契約できないケースもありますので、やりすぎには注意したいですね。

契約できない期間というのは、きっちり料金の支払いを行っている場合でも存在するので、そのあたりも注意が必要でしょう。契約時にもし契約できない場合は店員から最近解約されましたか?など聞かれるかもしれませんね。

店員にも契約できない理由というのは明かされていませんが、ある程度理由というのは理解している店員も多いので、可能性を探ってみる必要があるかと思います。契約できないということは、なんらかの問題があるわけで、店員が悪いわけではありません。ある意味審査部隊が決定していることなので、店員は一切非がありませんので、店員に詰め寄っても仕方ありません。

解約後の契約は注意が必要

auのスマホを解約してからの契約というのは非常に注意が必要です。昨今auの携帯を解約してからすぐに携帯を購入しようと思うと契約時に契約できないことが非常に多いです。

解約後すぐには契約出来ないようになっているのでしょう。

その場合はどうしたらいいのかということですが、契約後すぐに契約出来ないということは契約後に解約してしまえばいいのです。

1人あたり5回線までという縛りがあるので、残念ながら契約したくても契約の枠がないという場合先に解約をしてしまう人も結構いるかと思いますが、そのあたりは注意が必要となります。

5回線までしか契約出来ないということで、正直なところauは安価でスマホが買えるために契約が集まりやすくなっております。

そのためこの縛りというのはある意味auとしても仕方ないのかもしれませんね。

とにかく5回線の場合は仕方ありませんが、4回線の場合はとりあえず契約を終わらせてから解約をするようにしたいですね。そのほうが間違いなく契約できるでしょう。

解約というのは次回契約し続けようと思っても契約できないケースということが多いので、本当に気をつけたいと思います。

ある意味短期解約もそうですが、解約すると契約名義人というのは解約する人という判定がされるかと思います。そのような判定ロジックにひっかかるとどうしても次回契約しづらかったりします。今はシステム的にある程度契約に関することというのはわかるので、実際にはそんなことはないと思っていてもシステムが判断したら次回契約ができなくなるわけです。

解約後すぐに契約できないという人も半年ほど経過すれば次回の契約は基本的には問題ないかと思います。とはいうものの解約は無理せず行いましょう。解約というのはキャリアとしてはいわゆる問題があったからやめた人という位置づけになります。

そうならないためにも契約する時には注意したいですね。