事務手数料が無料はドコモオンラインショップ
iPhoneXRが機種代込で1480円で維持できる
詳細はこちらから

GALAXY NOTE10 ギャラクシーノート10 スペック 発売日 価格 レビュー ドコモ au

GALAXY NOTE10
 

GALAXY NOTE10に関する情報をお伝えしていきたいと思います。GALAXYシリーズの中でもSペンというガジェットを利用することができるものがGALAXY NOTEシリーズとなります。GALAXY NOTEシリーズというのは、日本では以前NOTE3を発売されており、その後GALAXY NOTE8の発売までありませんでした。

当然ですが、GALAXY NOTE10に関して期待している人も多いでしょう。スペックや発売日などを予想していきたいと思います。

その後日本ではGALAXY NOTE8そしてGALAXY NOTE9の発売を行うことが予想されております。

GALAXY NOTE9の発売も行われ、さすがというスペックとして登場しました。

そしてGALAXY NOTEは10を今後発売する予定にしていると思われます。

 

GALAXY NOTE10はドコモ及びauから発売予定

GALAXY NOTE10というのは、ドコモ及びauから発売される予定になると思われます。

また予約特典というものもあるでしょう。予約特典というのは、GALAXY S10の時にはGALAXY Budsというものをもらうことが出来ました。

それと同様のものをもらうことができる可能性が非常に高いと思われますので、予約購入を是非行ってもらいたいと思います。

ドコモオンラインショップからですが、機種変更やMNP、新規契約時の事務手数料が無料となっております。

これはかなりのメリットがあるのではないかと思います。

ドコモオンラインショップから購入する人は年々増えており、非常にメリットがあるということで、これからもさらに伸びていくことは間違いないでしょう。

au Online Shopですが、こちらも予約を行うことで、かなりお得に購入出来ます。

au Online Shopでの購入は残念ながら機種変更時の事務手数料があります。

そこは改善してもらいたい部分ではありますが、予約特典はドコモと同様に行うと思われますので、楽しみですね。

 

GALAXY NOTE10のスペックを予想

GALAXY NOTE10のスペックを予想したいと思います。GALAXY NOTEシリーズというのはGALAXYSシリーズの発売された年の後半に発売されることは今までの流れからしてそうです。

となると2019年に発売されることは間違いないかと思います。2019年にはSnapDragon855と呼ばれるCPUが世の中に出ていっている頃なので、搭載されるCPUというのはSnapDragon855と呼ばれるCPUとなる可能性が非常に高いです。

SnapDragon855 スナドラ855 2019年に発売されるスマホには搭載される予定

こちらにSnapDragon855に関する記載を掲載しておきます。こちらも合わせてご確認ください。

このように最新のCPUが採用されることはほぼ間違いないかと思います。

このCPUというのはGALAXY S10にも採用される可能性が非常に高いことが今の時点でわかっております。

GALAXY S10 /S10+ ギャラクシーS10を予想する 噂 スペック 発売 ドコモ auから発表は?

こちらにGALAXY S10の記事を掲載しておきますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

基本的にGALAXY Sシリーズをより洗練させたモデルという位置づけとなっております。

GALAXYSシリーズというのは、サムスンもかなり力を入れているガジェットとなっており、当然ながらそれの別の位置づけとなっておりますが、GALAXYSシリーズの流れを踏んでいるGALAXY NOTEシリーズに関してもかなり力を入れていることは間違いないでしょう。

CPUに関してはSnapDragon855が採用される可能性が高いということですが、RAMに関してはどうでしょうか?

RAMと言われるものは基本的にメモリと呼ばれるものとなっております。こちらの量が多いほうが快適に動作させるといわれております。もともとSペンを利用することを想定しており、はじめからSペンを利用するためのアプリなどもGALAXY NOTEシリーズには搭載されております。そのためSシリーズよりもメモリの量を利用するということで、SシリーズよりもRAMの容量は多いです。
おそらくRAMの容量に関しては8GBを期待したいですね。
8GBものRAMがあれば非常に便利であることは間違いないかと思います。相当RAMの容量は多いと思います。今後RAMの容量に関しても飛躍的に向上していくことは間違いないと思われますので、期待値を込めて8GBになると予想しておきます。

続いてROMですが、おそらくグローバルモデルでは複数のモデルが発売されると思われます。日本で発売されるモデルはおそらく128GBのROMを搭載しているモデルになるのではないでしょうか。

128GBものROMを搭載していたら正直なところ十分ですね。そしてMicroSDにて容量を増やすことも可能かと思いますので、こちらに関してもかなり期待できるかと思います。昨今大容量化がかなり進んでおり、動画やカメラを端末に残すという人も非常に増えてきております。

ROMの大容量化というのはエンドユーザーにとっては非常にありがたいですね。

 

トリプルカメラには期待

トリプルカメラにはかなり期待したいですね。トリプルカメラを搭載しているスマホというのは2018年の時点ではP20 Proくらいですが、今後間違いなく増えてくると予想されます。

このGALAXY NOTE10でもトリプルカメラを搭載してくるかもしれません。トリプルカメラを搭載するということは、非常にキレイな動画や写真を撮ることが可能ということになります。これはかなり期待できる機能の一つではないでしょうか。

GALAXYシリーズも今後カメラはトリプルカメラ化していくと言われており、GALAXYSシリーズでもトリプルカメラを搭載するモデルが登場する見込みとなっております。

トリプルカメラには本当に期待が持てると思います。

GALAXY NOTE10が発売されるときにはすでにGALAXY S10の発売も行われております。

GALAXY S10では+モデルに限り、クアッドカメラが搭載される見込みです。

クアッドカメラというのは4つのカメラなのです。

こちらクアッドカメラを搭載する予定になっており、GALAXY NOTE10でも同様にクアッドカメラの搭載は考えられるわけです。

GALAXYシリーズももう10までになりました。GALAXY NOTEに関してはGALAXY NOTE6を飛ばして、NOTE7、8、9と販売しております。NOTE10の発売も継続して行われる予想となっており、かなり期待できるモデルになっているでしょうね。

 

GALAXY NOTE9が発売されスペックの参考になるか

Galaxy Note9
寸法161.9 x 76.4 x 8.8mm
重さ201g
OSAndroid 8.1 (Oreo)
画面サイズ6.4インチ
解像度2960 x 1440(516ppi)
ディスプレイQuad HD+ Super AMOLED
プロセッサSnapdragon 845 or Samsung Exynos 9810
RAM6GB or 8GB
内蔵ストレージ128GB or 512GB
microSD最大512GB
前面カメラ8MP、f/1.7
背面カメラDual cameras:
12MP、f/1.5, f/2.4(ワイド)
12MP、f/2.4 (テレ)
LTECat.18 Enhanced 4×4 MIMO, 5CA
WiFi802.11ac
Bluetoothv5.0
PaymentNFC, MST
S-Pen106.37 x 5.7 x 4.35mm、3.1g
バッテリー容量4000mAh
認証センサー虹彩認証、指紋、インテリジェントスキャン(虹彩+指紋)
その他IP68防水防塵

こちらGALAXY NOTE9のスペックとなっております。こちらの発表を受けてGALAXY NOTE10というのはこれよりもいいスペックになることは予想されることです。

これよりいいスペックというのは、一番期待できるのはCPUでしょうね。

Android One ミドル ローエンド向けの スマホ 安いスマホでアップデートが定期的に行えるスマホ
Android Oneという言葉を聞いたことありませんか?Android Oneという機種はソフトバンクやワイモバイルを中心に販売されている低価格スマホとなっております。低価格スマホという位置づけですが、Android Oneシリーズがかな

こちら最新のCPU情報となっております。最新のCPUが搭載されるわけですが、こちらのCPUというのは2019年に採用されるハイエンドモデルで搭載が予想されているCPUとなっております。こちらのCPUが採用される可能性が非常に高いです。

実際にこのCPUというのはSnapDragon855になる可能性が高いと言われていたモデルとなっております。

2019年モデルではこのCPUが採用される可能性が非常に高いでしょうね。

 

CPUはSnapDragon855

2019年にも出てくると思われるCPUの最新モデルというのはSnapDragon855になると思われます。

Android One ミドル ローエンド向けの スマホ 安いスマホでアップデートが定期的に行えるスマホ
Android Oneという言葉を聞いたことありませんか?Android Oneという機種はソフトバンクやワイモバイルを中心に販売されている低価格スマホとなっております。低価格スマホという位置づけですが、Android Oneシリーズがかな

こちらがそのCPUとなっております。

こちらが2019年に発売されるスマホに搭載されるのではないかと言われており、非常に期待できるCPUです。

2018年はSnapDragon845というモデルがハイエンドモデルに搭載されておりましたが、型番の変更が若干あるのかもしれませんね。

ベースモデルと言われているSnapDragonというのはAndroidではハイエンドモデルに利用されます。GALAXY NOTE10でも搭載される可能性は非常に高いでしょうね。

SnapDragonシリーズの中でも一番上位のものが搭載されると思われます。

 

GALAXY NOTE10の画面は4K解像度になる可能性が高い

GALAXY NOTE10の画面解像度は4K解像度になる可能性が非常に高いことがわかりました。

現在日本ではXPERIA XZ2 PREMIUMが4K解像度となっております。4K解像度というのは当然ながらかなりきれいに見ることが可能です。

美しい画面を楽しむためのものというイメージです。

4K解像度の異種は今のところ非常に少なく、今後GALAXY NOTE10で解像度が4Kのものが採用されるとなるとかなり期待できるのではないでしょうか。

NOTE10が発売するより前にGALAXY S10の発売もあると思われます。

そちらもひょっとすると4K解像度を搭載してくる可能性が高いですね。

4K解像度にするかそうしないのかというのは設定で変更を行うことも可能になると思われますので、4K解像度にはかなり期待できるのではないでしょうか。

4K解像度というとかなりの解像度になりますが、XPERIAシリーズでも4K解像度のモデルが発売されているなどAndroid機種のフラッグシップモデルとして捉えるのであれば、当然の対応なのかもしれません。

 

画面サイズは6.5インチ以上に?

画面サイズは6.5インチ以上になるのではないかと言われております。

GALAXY S10+の画面のサイズは6.4インチとなっており、それよりも大きくなる可能性が高いということです。

GALAXYシリーズではノッチの採用はありませんので、ノッチの採用がないということであれば、それなりの本体サイズになるのではないかと思います。

さらにSペンを片付けるスペースも必要になるのです。

厚みに関してはSペンが格納するスペースを確保しながらかなり薄型になっており、ある意味技術の結晶といえる機種ではないかと思います。

画面サイズは基本的にGALAXY NOTE9とほぼスライドされると思われますが、大画面を望む声もかなり多いのではないかと思います。

 

GALAXY S10発表に見るGALAXY NOTE10のスペック

GALAXY S10が発表されました。

その中でもGALAXY S10+のスペックが参考になるかと思います。

モデル名Galaxy S10+
寸法未定
重さ未定
OSAndroid 9.0
画面サイズ6.4インチ
画面占有率93.1%
解像度QHD+
ディスプレイQuad HD+ Curved Dynamic AMOLED
プロセッサSnapdragon 855 or Samsung Exynos 9820
RAM8GB or 12GB
内蔵ストレージ128GB or 512GB or 1TB
microSD最大512GB
前面カメラ10MP、f/1.9、8MP f/2.2
背面カメラ1600万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)
LTECat.20 Enhanced 4×4 MIMO, 7CA
WiFi802.11ax
Bluetoothv5.0
PaymentNFC, MST
カラーバリエーションPrism Black、Prism White、Prism Green、Prism Blue、Ceramic White、Ceramic Black
バッテリー容量4100mAh
認証センサー指紋認証(画面内蔵)
その他IP68防水防塵、ワイヤレスパワーシェア

こちらがGALAXY S10のスペックとなっております。こちらのスペックが非常に参考になるのではないかと思います。

この中でワイヤレスパワーシェアという機能があると思われますが、その機能は搭載されることは間違いないと思います。

この機能に伴い周辺機器の充電などが可能となるのです。これはかなりありがたい機能の一つですね。

タイトルとURLをコピーしました