iPhone 2018年モデルで新色 カラバリが増える iPhone5cと同じ位置づけに?

iPhoneの2018年モデルが今後発売される予定になっておりますが、新色が登場するようですね。

カラーバリエーションが増えるという情報が出てきました。












廉価版という位置づけに

カラーバリエーションが増えるモデルというのは6.1インチのでLCDで製造される予定のモデルとなっており、価格は最も抑えられたモデルとなっております。

価格が最も抑えられたモデルということで、廉価版という位置づけになるモデルであることは間違いありません。

廉価版といったところで、実際にはiPhone8の後継モデルということもあり、当然ながら非常に人気の高いモデルになることは間違いないでしょう。

今回このモデルの発売にあたり、iPhoneの2018年モデルで新色が増える予定になっております。

ブルー、レッド、オレンジ、ゴールドなどの色は増えると予想されております。

トータル5色になる可能性が非常に高いモデルとなっており、廉価版という位置づけですが、スペックはハイエンドモデルとさほど変化はないと思われます。

ハイスペックiPhoneとの差別化

これはハイスペックiPhoneとの差別化ではないでしょうか。ハイスペックのiPhoneの配色はそれほど多くは発売されない見込みとなっております。

今のところ2色もしくは3色となっております。

それくらいの少ない配色となるわけです。廉価版モデルは最も売れるモデルと予想されており、5色展開になる可能性もあるわけです。

5色展開となる可能性が高いということで、今からかなり期待されていると思われます。

好きな色を選択できることがいい

好きな色が選択できるということが非常にオススメです。やはり新しいスマホを所持する時に自分の好きないろを選択できるということは非常に素晴らしいことです。

以前のiPhone5cの時もそうでしたが、色々な配色がありその時はかなり販売台数を伸ばしました。

当時は樹脂だったので個人的にはあまり好きではありませんでしたが・・・今回も筐体は樹脂になるのでしょうか?そのあたりはかなり気になるところです。

持った時の質感ということもかなり重要になるかと思いますので、そのあたりは樹脂ではなく別の素材でがんばってもらいたいですね。

とはいうものの価格を抑えるためには色々なところのコストを削っていくようなことはしていると思われますので、そういうところも価格を下げる努力ということになる可能性は高いですね。

発売まであと2ヶ月少々です。非常に期待はもてるのではないでしょうか。

引用元:keitaijoho