iPhone11,2 (2018年モデル) iPhoneXとのベンチマーク比較が掲載される

2018年モデルのiPhoneのベンチマークが出てきました。iPhoneXとの比較となっており、当然ですが、iPhoneXと比較すると上位に位置づけされております。

iPhoneXでも十分な動作速度ですが、それよりも高速に動作するということを期待している人はかなり多いと思います。

またiOS12という最新のOS同士で比較されており、結果としては非常におもしろい結果となっております。












iPhoneXとiPhone2018年モデルのベンチマーク結果

こちらがiPhoneXとiPhone2018年モデルのベンチマーク結果となっております。

結果の内容としては、当然ながら2018年モデルのほうがよくなっていることは明白です。

またRAMの容量は3GBから4GBに増量されていることがわかるかと思います。

RAMの容量に関してはAndroidでは6GBや8GBを搭載しているモデルが発売されているにもかかわらず、iPhoneでは3GBとなっており、その容量は半分です。ついに4GBとなったようですね。これはかなり期待が持てるかと思います。

またCPUのクロック数ですが、2.49GHzと2.39GHzでその差はそれほどありません。コア数は6コアとなっており、オクタコアにはなりませんでした。それでも6コアでも十分の能力を発揮すると思われますので、非常に期待はできるかと思います。

若干ながらクロック数が増えたという程度にとどまります。ただしキャッシュは32KBから128KBと非常に増えていることからキャッシュが増えたことにより、高速に動作させることが可能になることを示しております。

モデルナンバー

iPhone 10,1 – iPhone 8
iPhone 10,2 – iPhone 8 Plus
iPhone 10,3 – iPhone X
iPhone 10,4 – iPhone 8
iPhone 10,5 – iPhone 8 Plus
iPhone 10,6 – iPhone X

このようなモデルナンバーとなっており、iPhone11というのは2018年モデルということになるかと思います。

2018年モデルではCPUは7nmにもなるかと思われますので、非常に期待できると思いますね。

A12と呼ばれるCPUが2018年に搭載されるAppleのiPhoneに搭載される予定になっております。 A12というCPUと...

こちらがA12の情報を掲載しているページとなっております。A12は非常に期待できるCPUになりそうですね。

そこまでのスペックアップはなし

iPhoneの2018年モデルですが、そこまでのスペックアップはなさそうです。

クロック数も若干のアップはあるものの大幅アップというのはなさそうですね。

それはそれでトータル的にスペックがよくなっているということもありますので、特に問題ないでしょう。

実はそれよりも大きなものというのは、iPhoneはOSの刷新も行うのです。

それにより、実はCPUなどの能力があがらなくてもスペックがあがると判断したのではないでしょうか。

基本的にはiPhone5sまでiOS12はインストールすることが可能です。

ほぼ5年ほど前まで最新のOSが適用されるということになり、それに伴い最新モデルのスペックアップというのはそこまで行われないのかもしれません。

とはいうもののプロセス・ルールが下がったことにより、全ての点においてスペックアップが図られることは間違いないと思います。

引用元:venturebeat