TSMCで製造のCPUの A12 2018年 iPhoneに搭載予定 製造に遅れか

TSMCという会社はiPhoneにCPUを提供している会社です。

TSMCという会社はA12と呼ばれる2018年に発売される予定のiPhoneに搭載されるCPUを現在製造しておりますが、歩留まりなどの問題から製造に遅れが出ているというのです。

7nmという非常に細かいプロセス・ルールにて製造されているiPhoneのCPUとなっておりますが、同社は7nmのプロセス・ルールで製造されており、それに伴い消費電力などもかなり少なくなっていると思われます。












量産開始は8月にずれ込む?

量産の開始は8月にずれ込む可能性が高いことがわかりました。8月にずれ込むということはiPhoneの発売が9月です。CPUの製造の量産が8月ということはそれから組み立てということにもなりかねませんので、おそらく発売は11月くらいにまでずれ込む可能性もあるわけです。

CPUの量産開始の遅れということは組み立て含めてすべてに影響を及ぼすために、正直なところAppleとしてもかなり辛いのではないでしょうか。

A12というのは非常に期待されているCPUとなっており、TSMCでも本気で取り組んでいることは間違いありません。

この量産開始の遅れが全体へ影響するということも十分に考えられますね。

2018年発売の3種類のiPhoneに搭載予定

2018年に発売される予定の3種類のiPhoneに搭載される予定になっております。3種類のiPhoneに搭載されるということは、かなりの数のCPUを製造する必要があり、量産開始含めて遅れというのはかなりのものになるのではないでしょうか。

3種類のiPhoneの発売に関して言えば相当みんな期待しているでしょう。

期待度というのはかなりのものになっていると思います。これらの遅れがないことを期待したいところではありますが、実際に7nmという細かいプロセス・ルールで製造されていることは今までないことなので、ある意味仕方ないことかもしれませんね。

それでも遅れということはエンドユーザーにとっては嬉しいことではありません。

かなりの人がiPhoneの発売を待っているわけです。世界中の人が待っている為にできることなら遅れずに製造してもらいたいですね。

引用元:chinatimes