iPhone X2 アイフォーンX2 Ⅺ イレブン 噂 予想 スペック 価格 2018年モデルとして登場?

iPhoneX

iPhoneX2に関して予想してみたいと思います。iPhoneXの後継モデルとしてiPhoneX2というものが期待されております。

iPhoneの発売が10周年ということもあり、iPhoneXが10月27日から発売開始されます。

iPhoneXが今の時点で欲しいとおもっている人はかなり多いと思います。

iPhoneX アイフォーンX 新規 MNP(乗り換え)で5400円分のクーポン 発行 ドコモ

iPhoneXのクーポンは11月末までとなっておりますが、こちらのほうでクーポンを発行しているので、間違いなくこれはGETしてもらいたいと思います。新規及びMNPの人が対象となっておりますが、間違いなくお得に購入出来るクーポンです。新規契約を検討している人はこちらのクーポンを利用してもらいたいですね。

こちらのクーポンはドコモオンラインショップで利用可能なクーポンとなっております。

Xperia XZ2 SO-03K、Galaxy S9 SC-02K、Galaxy S9+ SC-03K 5400円割引クーポン配布ページ

こちらのクーポンは2018年6月でも利用可能なクーポンを紹介しているページとなっております。

<ドコモ>


こちらがドコモオンラインショップになっておりますので、確認頂ければと思います。

またiPhoneの次のモデルは他社からも発売されると思われます。

<au>


<ソフトバンク>

こちらにau及びソフトバンクの公式オンラインページを紹介しておきます。公式Online Shopから購入するということは、セキュリティ的にもかなりいいと思います。また非常に簡単に購入することが可能なので、最近利用する人がかなり増えてきております。利用者増強に向けてかなりの人がこちらのOnline Shopを利用しております。

2017年モデルではiPhoneXでしたが、次のモデルに関してもかなり期待している人が多いのではないでしょうか。

オンラインショップのメリットというのは、自宅にいながら購入をすることが出来るということです。それが最大のメリットです。

通常新機種の購入というのは、以前なら店舗にいって予約をするということもありました。またiPhoneは非常に人気の高い機種のため、自宅での購入をするなんてことは考えられませんでした。それこそAppleストアの前に並んで購入する人もいるほどなのです。

それはある意味話題性がある話なので、本人の好んでやっていると思いますが・・・

iPhoneは今の時代はネットから購入することが当たり前になってきております。それくらい自宅にいながらiPhoneを買うということは便利な行為であることは間違いありません。

docomo au SoftBank












iPhoneX2の予想 iPhoneⅪ(イレブン)になるのか?

iPhoneXの次に発売されるモデルというのはiPhoneX2になるのかiPhoneⅪになるのか非常に気になるところですね。

iPhoneX2というのはどうも違和感がありますので、iPhoneⅪになるような気がします。

iPhoneテンツーということにはならないと思われます。

その為iPhoneイレブンとなることが予想されております。11年目のiPhoneということで、iPhoneXがどのように進化していくのでしょうか?

進化していくにはどのように進化するのでしょうか?

まずはCPUからです。CPUというのはいわゆるコンピュータの頭脳に当たる部分となっており、この部分がよくなれば処理能力は上がるというものです。

iPhone8やiPhoneXで採用されている、A11の次の型番になることは間違いないでしょう。次の型番というのはA12です。

現行のA11は6コアのCPUとなっておりますが、それよりもコア数が増える可能性も十分にアリえますね。

コア数が増えるということは、それだけ処理能力が早くなるということです。ただし6コアもあればすでに十分なような気はしますが・・・

このままのコア数でいくかもしれませんね。

続いてRAMの容量ですが、iPadなどではすでに4GBのRAMを採用しておりますが、iPhoneではどうでしょう。iPhone8ではまだ2GBのRAMの容量となっております。容量としてはそれほど多いというわけではありません。

Androidなら2GBのRAMというのは廉価版の機種に採用されているRAMの容量となっております。そこまでRAMの容量は大きくはありませんが、2018年モデルなら最低容量が3GBになるでしょう。

これら2つの内容でiPhoneの性能がほぼ決まるといっても過言ではありません。

iPhoneに関してはかなり期待されている機種ということです。

2018年に発売されるiPhoneというのは有機ELモデルが2種類と液晶モデルが1種類と今の時点では報じられております。このことは知っている人も多いと思いますが、有機ELモデルがこちらのモデルになるのです。

有機ELモデルというのは部材の価格も非常に高くなっており、2018年時点でもまだ端末の本体価格というのはかなり高い価格を維持するかと思います。

有機ELモデルのスマホは部材価格が非常に高いため仕方ありません。液晶は一般的に流通しており、端末価格もそこまで高くはないのです。そういうことを鑑みると2018年に期待できるスマホというのは安価なスマホの液晶を搭載したモデルのほうが販売台数としては売れるのではないでしょうか。

iPhone9が今後発売されると思われますので、予想などを掲載しておきたいと思います。iPhoneは2018年モデルとなり、2018年には3...

iPhone9が今後発売される可能性があり、そちらのモデルは液晶を搭載する可能性も非常に高いです。売れ筋はやはりiPhone9のほうになるのではないでしょうか。

docomo au SoftBank

カメラはデュアルカメラを継承

カメラはデュアルカメラを継承しております。カメラ性能に関していえばiPhoneのカメラはここ最近かなりレベルがあがっており、期待している人もかなり多いでしょう。

デュアルカメラがiPhone7Plusから採用されてからずっとハイエンドモデルにはデュアルカメラが搭載され続けております。

デュアルカメラのいいところというのは、なんといっても遠近の使い勝手が出来るということです。

このようなデュアルカメラというのは、本当に素晴らしいと思いますね。

今後はデュアルカメラを搭載したスマホがかなり増えてくることは間違いありません。GALAXY NOTEシリーズでもデュアルカメラです。

またXPERIAシリーズもデュアルカメラにする方向性で動いているようですね。今後はデュアルカメラが市場の主導をとっていくのではないでしょうか。

デュアルコアカメラというのは一般的なiPhoneいわゆる今ならiPhone8にも継承されるのでしょうか?

カメラ性能に関しては本当に期待している人が多いと思います。iPhoneX2という新しい新モデルに関しても当然ながらカメラ機能はかなり期待出来るでしょう。カメラというのは日々進化しているのです。カメラ性能が好きで機種を購入する人もかなり多いのです。

カメラに関していえばiPhoneのカメラは相当期待出来ると思います。iPhoneXでは縦型のカメラを搭載しておりますが、これからも引き続き縦型のデュアルカメラを搭載するのでしょうね。デュアルカメラを搭載することはiPhoneの上位モデルでは当たり前になってきており、今後もそうなっていくでしょうね。いわゆる普通のiPhoneでも同様のカメラは搭載してほしいとねがっている人が多いと思います。

最近のレポートではiPhoneに搭載されているデュアルカメラの性能というのは非常に高いということが報告されており、今後も同様にiPhoneに搭載されているデュアルカメラというのは非常によいと報告され続けるのではないでしょうか。カメラ性能を検討するのであれば、iPhoneXのカメラが非常にオススメですね。

こちらiPhoneXで撮った動画となっておりますが、暗い場所でも非常にキレイな動画を撮ることが可能となっております。暗い場所での撮影というのは室内での撮影を想定しており、室内で撮った動画というのは、やはり暗くなるのですが、iPhoneXではそうではありません。iPhone8Plusも同様に非常にキレイな動画を撮ることが可能となっており、非常に期待できるのです。

トリプルカメラになると予想

最新の予想ではトリプルカメラになるかもしれません。2019年に発売されるiPhoneでトリプルカメラが搭載される可能性があるというのです。

トリプルカメラというのは、当然ながら今後飛躍的に採用モデルが増えてくると思います。

日本ではHuaweiがトリプルカメラを採用しているモデルを搭載しております。

今後トリプルカメラが当たり前になる世の中になりつつあるのかもしれません。

トリプルカメラが採用されるとどのように市場が変化するのでしょうか。トリプルカメラというのは、夜間やカメラ専用やビデオ専用などいろいろな用途のカメラを組み合わせることができるかと思います。

今の時点でもiPhoneのカメラはかなり評価が高いのですが、今後さらにカメラに対するニーズが高まることは間違いないと思いますね。

TrueDepthカメラはリアカメラには搭載しない予定

TrueDepth

次に発売されるiPhoneですが、TrueDepthカメラはリアには搭載しない予定のようです。

TrueDepthカメラというのは、FACEIDの承認などに利用する3Dセンサーなどを持っているカメラです。こちらのカメラをリアに搭載する可能性がありましたが、それに関しては見送られる見解となりました。

その理由ですが、このTrueDepthカメラというのは、製造上かなり難しいという観点からリアには搭載しないという見解が出されているのです。

この上記の写真の中にあるドットプロジェクターというものが書いてあると思いますが、これの埋め込みが非常に難しいということのようです。

これらをリアカメラにするということは現実的にないのです。

ないというより、これを量産することが非常に難しく前面に採用するだけでもかなり大変のようですね。現在このドットプロジェクター部分が量産体制にかなりの影響を及ぼしているようです。iPhoneXの在庫不足もこれの製造が非常に難しく生産が遅れているという状態になっているようですね。

iPhoneXでさえ待っている人がかなり多い状況で、次のモデルのことなのですが、やはり前面カメラにしか次のモデルでも搭載されないと思われます。センサー類が非常に複雑化しており、量産するのもかなり大変なんでしょうね。

iPhoneX2で期待される機能

iPhoneX2が発売されると期待される機能というものがあるかと思います。期待される機能というのは、どうしても今よりも上になるのですが、指紋認証機能の搭載です。

指紋認証機能というのは、iPhoneXでは省かれており、FaceIDというものが搭載されております。それはそれで構わないのですが、TouchIDのほうが使い勝手は非常にいいです。

FaceIDの弱点というのは注視しないと画面を開くことが出来ないということが非常にいけてません。

それはどういうことかということですが、FaceIDでは画面を注視した状態でないと画面のロックの解除が出来ない仕組みになっているのです。

とはいうものの、その部分は設定として外すことが出来るので、絶対必須というわけではありませんが・・・

基本的には顔面認証というものは、本人でなければ、開くことが出来ないような仕掛けでないといけません。

ただし寝ている間に誰かがロックを解除するということが起きればそれはかなり状態としては辛い状態となることは間違いありません。

その状態をiPhoneX2では作らないということは当然ですが、指紋認証も組み合わせて欲しいとおもったわけです。

サイドボタンなどに指紋認証を追加するかもしくはディスプレイに指紋認証機能を追加するかなんてことをすれば、実際にはそのあたりの問題は解決できそうですが、指紋認証機能というのは再度搭載してほしいですね。

iPhoneXのPlusモデルも発売の可能性

iPhoneXのPlusモデルが今後発売される可能性があります。

PlusモデルがiPhoneXにはまだ発売されております。

iPhoneXPlusというモデルが2018年に発売される見込みになっているようです。 iPhoneXPlusというモデルというのは、...

こちらを見てもらいたいと思いますが、iPhoneXのPlusモデルは今後発売される可能性があります。

このモデルというのはPlusモデルということもあり、非常に楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

基本的に大画面モデルというのは人気が高いです。

個人的にも大画面モデルというのは本当に人気が高いかと思います。その人気の高い理由というのはスペックです。基本的にスペックが非常に高いことが予想されており、人気が出るわけですね。2018年モデルに向けて現在開発中ということはほぼ間違いないでしょうね。

iPhoneの動画はキレイ

こちらiPhoneXの動画がありますが、iPhoneの動画は非常にいいと思います。

やはりキレイですよね。当然ながら次に発売される可能性のあるiPhoneX2というのは、おそらくスペックはまだカメラはよくなるでしょうね。

カメラ機能がよくなるので、本当に楽しみです。

それだけiPhoneはカメラに力を入れているのではないでしょうか。

iPhoneX2のCPU TSMCで独占受注?

2018年度モデルのiPhoneが今後発売される予定になっておりますが、TSMCでA12の独占受注に成功したといわれております。

TSMCというのは、今までもAppleに対してCPUを提供しておりましたが、A12を独占受注したことにより、2018年度モデルで導入されるCPUはすべてTSMCのものが入っているということがわかったわけです。

Appleは以前CPUに関しては2社購買を行っており、Samsung製のCPUも導入されておりました。

Samsung製のCPUというのは、当時2機種で比較され、TSMCのほうがCPUの能力が勝っていたとも言われておりました。

TSMCのほうがAppleにとってはSamsungよりよかったのでしょう。ただし有機ELなどの部材はSamsungが受注しているので、トータル的にはSamsungの比率はなくなりません。

CPUは全体の部材の中でも価格は高い部類に入るので、TSMCとしても非常にありがたいことではないでしょうか。

一番高いのは有機ELパネルですね。有機ELのパネルに関しては、今後Samsungがさらに増えていくことも予想されますが、ディスプレイならジャパンディスプレイもかなり頑張っていると思われますが、iPhone8の不振で今はかなり辛い思いをしているでしょう。

iPhoneの売れ行きによって部材メーカーというのはかなり左右されるわけですが、世界的にかなりの販売実績のあるiPhoneなだけにCPUの供給に関してもかなりの人が興味を持っていることは間違いないと思います。

docomo au SoftBank

6.1インチの廉価版iPhoneを発売する可能性

2018年に発売されるiPhoneは6.1インチの廉価版のiPhoneを発売する可能性があるようですね。

廉価版のiPhoneといっても6.1インチあるのです。

6.1インチというとかなりの大画面であることは間違いありません。

この6.1インチモデルというのは、金属ボディになる見込みです。金属ボディになってかつワイヤレス給電がなくなるとも言われております。

ワイヤレス給電もなくなり、価格は安価になる予想となっております。いわゆる廉価版のiPhoneです。

液晶を搭載することで、他の機種では有機ELですが、そのあたりも価格を下げるための工夫がなされております。

結果的にiPhoneなら他のiPhoneでもやれることは同じということになると思いますので、仕方ないかもしれません。

6.1インチというiPhoneですが、逆に価格も抑えられ、かなり気になるiPhoneになることは間違いないでしょう。

有機ELの提供をSamsungとLGの2社で提供する予定

有機ELを搭載したモデルが今後も発売される見込みになっているわけですが、今後は有機ELを搭載したモデルの発売に関して、2社提供ということになりそうです。

2018年に発売されるiPhoneは2機種に有機ELを採用するといわれております。

そのため2018年に発売されるiPhoneはSamsungだけでは有機ELの製造が追いつかない可能性が高いのです。

有機ELを製造するにあたって、SamsungだけではなくLGも有機ELを提供するといわれております。有機ELというのはGooglePixel2にも採用されており、非常に現在熱いディスプレイです。

有機ELというのはGALAXYシリーズに採用され、Edgeスタイルという非常に素晴らしいスタイルいわゆる形になっており、薄くて本体自体からの発光を行うために消費電力が非常に少ないというメリットもあるようですね。

そういうことから今後はiPhoneに採用されるディスプレイは有機ELになっていくものと考えられます。

またこの流れはiPhoneだけではなく、今後は他の機種にも流用される可能性が非常に高いです。有機ELを狙っている会社も非常に多いわけです。有機ELはまだそこまで世界的なスマートフォンには流通しておりませんが、今後は間違いなく流通していくでしょうね。

2018年発売のiPhoneにはトリプルカメラが搭載される予定

iPhoneの2018年モデルが発売される予定ですが、カメラ機能がさらに進化する可能性があります。 カメラはトリプルカメラを搭...

2018年に発売される予定のiPhoneにはトリプルカメラが搭載されるかもしれません。

トリプルカメラというのは3つのカメラということですが、これはかなり期待ができるのではないでしょうか。

3つのカメラを搭載しているモデルというのは、P20 ProというHuaweiが発売するスマホだけでしたが、これは本当に期待できそうです。

またこの3つのカメラを搭載するモデルというものは1つのモデルにしか搭載されないということです。

おそらく最も高いモデルになるのではないでしょうか。

iPhonePlus?という名称で発売されるモデルになるのでしょうか。

名称に関しては無印のiPhoneという名称になる可能性があるということなど不明確な部分も多いです。とにかくこのトリプルカメラというものはかなり期待したいところですね。

iPhoneXsという名称になる可能性もあり

iPhoneXsという名称になる可能性も十分にありえます。

iPhoneXの後継モデルとしてiPhoneX2という名称ではなくiPhoneXsという名称になるかもしれないということです。これは十分に考えられることではないでしょうか。

iPhoneXsという名称のモデル及びiPhoneXsPlusという名称のモデルが発売される可能性があるということです。iPhoneXsという名称といったところで、iPhoneXの後継モデルにはかわりないのです。

当然ですが、期待している人はかなり多いと思います。

2018年モデルのiPhoneの名称ルールが決定?

2018年に発売されるiPhoneの名称が決まったようです。 iPhoneの名称に関しては色々囁かれていましたが、iPhone...

2018年に発売される予定のiPhoneですが、iPhoneXsシリーズになる可能性が高いことがわかりました。

iPhoneXシリーズが2017年モデルで2018年モデルで初めてXsシリーズになると思われます。

「S」という文字が名称に入っているというのはiPhone6sなど過去にあったモデルナンバーと同じになります。

2018年モデルでXsとなるということは、2019年に発売されるモデルがⅪになるのでしょうか?

Ⅺモデルが発売されるとなるとその次がⅪsとなるのでしょうか?

そのあたりもまだ命名規則としてはできていないと思いますが、今年はXsとなる見込みです。

iPhoneは命名規則含めて話題がかなりある端末です。さすがに世界的な人気だけありますよね・・・

2モデルがiPhoneXsとiPhoneXsMAX

2モデルが有機ELとして発売される予定となっております。この2つのモデルというものは順調に9月に発売される予定になっているようです。

もう1つの機種が発売される予定ですが、そちらは発売日が遅れると思われます。

有機ELモデルがこれらのモデルになるわけです。

有機ELモデルが非常に人気になることが予想されますが、非常に高額なモデルになるかと思います。

実際に発売され、発売後にかなりの人が予約購入したことは間違いないでしょう。まだ手に入れていない人も多いかと思います。

フラッグシップモデルというのはこの2つの機種となっておりますが、それ以外にもiPhoneXRというモデルの発売もありました。

こちらの機種というのは廉価版という位置づけとなっておりますが、それでも基本的なCPUなどのスペックはiPhoneXSと変わりません。

そう考えるとかなり期待できるモデルになるかと思いますね。

それではこれらのモデルのスペックを紹介しておきたいと思います。

機種 iPhone XS iPhone XSMAX
仕上げ
大きさ 143.6×70.9×7.7mm 157.5×77.4×7.7mm
重さ 177g 208g
OS iOS12 iOS12
CPU A12 A12
RAM 4GB 4GB
ROM 64、256GB、512GB 64、256GB、512GB
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ
解像度 2,436 x 1,125ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
2,688 x 1,242ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
画面その他 True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
カメラ デュアル12MPカメラ(広角と望遠)
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
写真のスマートHDR
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
ローカルトーンマッピング
高度な赤目修正
露出コントロール
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
TrueDepthカメラ 7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
アニ文字とミー文字
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
写真のスマートHDR
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
Retina Flash
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレー
対応バンド FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD‑LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
その他 Touch ID、指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

こちらがスペック表となっております。当然ながら2019年モデルはこれよりよくなることは間違いないでしょうね。非常に期待したいところです。