サムスンが2018年のiPhone用の有機ELパネルの量産を開始

サムスンが2018年に発売されるiPhone用の有機ELパネルの量産を開始のスケジュールを発表したようです。

有機ELというのは、今世界的に需要不足ということで各社が取り合いになっているものです。

有機ELというのはAppleは初めてiPhoneXに採用しました。iPhoneXは減産などと言われており、当初の予定を大幅に下回ったとも言われております。

2018年に発売されるiPhoneの量産を以下のスケジュールで開始するようです。












サムスンの生産開始は5月から

有機ELの生産開始は5月から行われる予定になっております。そして6月からは生産を倍増して対応するとも言われております。

月産200万〜300万程度の生産量と言われており、6月からは400万〜600万の生産を行うとされております。

このペースでいくのであれば、2000万台分ほどの積み増しが発売前に可能ということになります。

製造するのはサムスンだけなの?

有機ELの製造はサムスンだけなのでしょうか?

LGに関しても製造すると見られております。とはいうものの、LGからの受注があったとしても大半はサムスンになると見られております。

有機ELの提供はサムスンかもしくはLGの2社からの提供になる可能性が非常に高いということです。

有機ELを製造できるメーカーが少ない

そもそも有機ELを製造できるメーカーがまだ非常に少ないということも原因の一つでしょう。

有機ELをシャープが製造するというニュースが入ってきました。有機ELというのは今最も有名なディスプレイです。 シャープが有機ELを製造...

シャープも有機ELを製造できるようになったわけですが、残念ながらまだiPhoneの受注にはいたってないようですね。

iPhoneXを提供していたというサムスンのほうに軍配があがった形となっております。

有機ELはジャパンディスプレイも製造を2019年から稼働させる予定にしており、今後有機ELの製造メーカーが徐々に増えていくことを考えるとジャパンディスプレイやシャープへの発注というのも十分に考えられます。

有機ELの製造はiPhoneは2モデル

2018年に発売されるiPhoneの中で有機ELを採用するモデルは2モデルといわれております。おそらくiPhoneXの後継モデルにあたるiPhoneⅪになると予想されております。

iPhoneX2に関して予想してみたいと思います。iPhoneXの後継モデルとしてiPhoneX2というものが期待されております。 ...

こちらのモデルが今後有機ELを採用すると言われております。

iPhoneXPlusというモデルが2018年に発売される見込みになっているようです。 iPhoneXPlusというモデルというのは、...

こちらのモデルも発売されるといわれており、有機ELを採用するモデルというのはこの2モデルになる可能性が高いといわれております。

有機ELを採用するモデルというのは省エネかつ薄型になる可能性が非常に高いと言われており、かなり期待できるスマホになると予想されます。

液晶モデルはジャパンディスプレイに大量発注

液晶モデルも発売される予定になっており、Appleはジャパンディスプレイに大量発注をしているようです。

ジャパンディスプレイというのは日本のメーカーとなっており、ディスプレイを製造しているメーカーとなっております。

基本的な取引はBtoBとなっており、一般消費者は知らない人もかなり多いと思います。

日本メーカーがどんどん参入してくるというのは非常に嬉しいことですね。

日本の企業もかなりがんばっているかと思います。今のところ日本の液晶というのはかなり評価は高そうです。

ディスプレイというのは、世界的にも評価が高い

ディスプレイというのはアジアがかなり評価が高いです。韓国や日本というのはディスプレイの製造に関してはかなり知名度も高く世界的にもかなりのものかと思います。

ディスプレイというのはスマホには欠かせないものです。ディスプレイは日本ではシャープを中心にかなり勢いで工場が出来ております。

サムスンも世界的な企業ということとかなり力を入れていることは間違いありません。

日本は今空前の人と出不足ということで、日本での工場の立ち上げというのはかなり厳しいかもしれませんが、日本市場は中国などにもっと進出してもらいたいですね。また日本でも移民を受け入れる必要もあるかもしれません。

世界的にみてサムスンもかなりすごい企業となっておりますので、日本もまけてられないのではないでしょうか。

iPhoneの有機ELモデルは2機種発売の予定

2018年に発売される有機ELモデルというのは2機種発売される予定になっております。

2018年に発売されるモデルは3つのモデルといわれております。

そして2018年に発売されるモデルの中で2機種のモデルというものが発売される可能性が非常に高いことがわかっております。

有機ELを搭載したモデルが2つ発売されるということで、かなりサムスンの有機ELというのは売れるでしょうね。

部品を供給しているメーカーとしてはこれはかなりありがたい話でしょう。数年前は有機ELの価格が高くて見向きもされませんでしたが、今にきてiPhoneに採用され、各社から有機ELを搭載したモデルが採用されるということで、サムスンもかなりありがたいことでしょうね。