iPhoneXs アイフォン Xs /MAX XR 2018年 スペック 予約 ドコモ au ソフトバンク 入荷 在庫

iPhone Xsが発売されました。

最新のiPhoneは毎年かなりのイベントとなっており、世界中からも注目というのはかなりのものです。

そのためこの時期にiPhoneを買い求める人もかなり多いのです。

特に発売日というのは各社のショップなどもかなりの人が集まり本当にイベントとなっており、ショップの開店もいつもより早める店舗が非常に多く、最近は8時にオープンするという店舗がほとんどのようですね。

発売日は従業員にとってもかなりのイベントなのです。そんなiPhoneXsですが、どうせ買うなら発売日にほしいですよね。

iPhoneXsを発売日に購入する方法をお伝えしたいと思います。












iPhoneXs、iPhoneXsPlus、iPhone9を発売日にGETする方法

<ドコモ>


ドコモオンラインショップでは事務手数料が無料で購入することが可能となっており、非常にお得に購入することが可能です。

すべての契約で事務手数料が無料です。そのため最近はオンラインショップで契約を行う人がかなり増えているのです。オンラインショップでぜひ契約してもらいたいですね。

<au>


<ソフトバンク>

各社オンラインショップを利用するという手があります。オンラインショップを利用することで、発売日にiPhoneをGETすることが可能となります。

オンラインショップを最近は利用する人もかなり増えてきており、非常にお得感が強くなっております。



ドコモから今後iPhoneXS及びiPhoneXSMAXの予約が開始されます。 予約開始時間は2018年9月14日16時1分からとなっ...

こちらがドコモの購入です。最近はドコモは事務手数料を撤廃しました。

そのためドコモオンラインショップを利用する人が非常に増えてきているのです。

それだけ人気なオンラインショップということになります。

auのiPhoneXS及びiPhoneXSMAXの予約の開始がスタートします。 予約開始時間は9月14日16時1分からのスタートとなっ...

こちらはauとなっております。auもオンラインショップでの契約を最近かなり伸ばしており、非常に人気が高いですね。

ソフトバンクからiPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRが発売されます。 予約開始時間は9月14日16時1分からです...

こちらはソフトバンクです。ソフトバンクはiPhoneの老舗ということで、非常に契約者数が多いと思います。

ぜひオンラインショップを利用して最新のiPhoneの購入を行ってもらいたいですね。

それでは最新のiPhoneの話題に関して触れてみたいと思います。

iPhoneのモデルナンバーに関しては非常に興味深いです。2017年にiPhoneXが発売されモデルナンバーが一新しました。

このことを受けて、モデルナンバーはどうなるのか非常に気になっている人も多いでしょう。

モデルナンバーは本当にどうなるのでしょうか?まずは2017年に発売されたiPhoneを紹介しましょう。

A12の実力

今回iPhoneXSシリーズに搭載されているA12の実力をお伝えしたいと思います。

公式ページに掲載もされているのですが、A12というのは正式にはA12 Bionicと呼ばれているCPUとなっております。

今までの情報からするとTSMCで100%の製造を行っているCPUとなっており、非常に高速処理を行なうことが可能となります。

A12 Bionic
Appleが開発したCPU。2つの性能コアが負荷の高い演算タスクに取り組み、4つの効率コアが日常的なタスクを引き受けます。Appleの最新のパフォーマンスコントローラが、これらのコアの間で作業を動的に振り分け、圧倒的なパワーが必要な時には6つすべてを使えるようにします。
2つの性能コア
最大15%高速
(A11 Bionicとの比較)
4つの効率コア
最大50%少ない消費電力
(A11 Bionicとの比較)
Appleが開発したGPU。新しい4番目のコアとロスレスメモリ圧縮は、ゲーム、ビデオ編集、高度で複雑な表示が求められるアプリケーションのグラフィックス性能に大きな進化をもたらします。
4コア
のGPU
グラフィックス性能
最大50%高速
(A11 Bionicとの比較)
Metal 2
向けに最適化
Appleが開発したNeural Engine。AppleのNeural Engineは、リアルタイムの高度な機械学習のために作られています。つまり、iPhone XRはあなたと同じような方法でパターンを認識したり、何かを予測したり、体験から学ぶことができるのです。
Neural Engineは驚くほど高速なので、毎秒5兆の演算処理を行えます。驚くほど効率が良いので、リアルタイムで様々な新しいことをこなせます。そして驚くほど賢いので、あなたは臨場感あふれるARの世界に飛び込んだり、探している写真すべてをすばやく見つけることができます。それが犬の写真でも、ビーチの写真でも、赤ちゃんの写真でも。

さらに私たちは、Neural EngineをCore MLのプラットフォームに公開したので、デベロッパのみなさんもパワフルなリアルタイムの機械学習を自分たちのアプリケーションに組み込めます。学習の舞台は、あなたのiPhone上です。

8コア
のアーキテクチャ
毎秒5兆
の演算処理
Core MLの動作
最大9倍高速
(A11 Bionicとの比較)
強化されたISP。先進的な深度エンジンを搭載した画像信号プロセッサが、ポートレートモードで驚異的なディテールをとらえます。スマートHDRを使えば、あなたの写真のダイナミックレンジが目を見張るほど広がります。

こちら引用情報ですが、A11というiPhone8系に搭載されているCPUより確実にレベルアップしていることは間違いありません。

グラフィックス性能が50%アップとなっており、ゲームなどをメインに行なう人にとっては間違いなくオススメできるCPUとなっているのです。

他には消費電力に関しても50%ダウンとなっており、非常に高い処理効率となっているのです。

そのため今回発売されたiPhoneXSなどでは軒並みそのあたりの改善がされており、バッテリーの持ちに関してもトータル的には改善されております。



2017年に発売されたiPhone

iPhoneX
iPhone8
iPhone8Plus

この3モデルが発売されました。この内訳ですが、iPhoneXというのは誰もが知っているAppleのフラッグシップモデルとなっております。

今回iPhoneXが発売されたことにより、ベゼルがなくなりまたホームボタンも排除されました。

iPhoneXが発売されiPhoneはかなり生まれ変わったと思われます。基本的なスペックは同じなのですが、実際にはiPhoneXというのはユーザーインターフェイスを変更するなどかなりの躍進を遂げたと思われます。

ホームボタンを排除し見た目も刷新しました。かなりかっこいいモデルとなりました。画面サイズも5.8インチとかなりの大画面ですが、大画面でありながら、コンパクトサイズに仕上げてきました。

非常に売れているスマホの一つとなっております。



iPhone8はiPhone7の見た目を踏襲しつつもスペックを確実にあげてきました。

また価格もiPhoneの中でも一番安価に設定されており、非常に人気です。人気の秘密というのはやはり価格にあるかと思います。

カメラは単眼レンズですが、iPhone8のカメラは非常に定評もよくなっており、オススメデュアルカメラにまさるとも劣らない性能となっております。

これらの3つのスマホの後継モデルというものが発売される予定となっております。

2018年に発売されるiPhoneというものはどんなiPhoneになるのでしょうか?

今のところ出ている最新情報をお伝えしたいと思います。

docomo au SoftBank

9月13日発表後のスペック

機種 iPhone XS iPhone XSMAX
仕上げ
大きさ 143.6×70.9×7.7mm 157.5×77.4×7.7mm
重さ 177g 208g
OS iOS12 iOS12
CPU A12 A12
RAM 4GB 4GB
ROM 64、256GB、512GB 64、256GB、512GB
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ
解像度 2,436 x 1,125ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
2,688 x 1,242ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
画面その他 True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
カメラ デュアル12MPカメラ(広角と望遠)
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
写真のスマートHDR
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
ローカルトーンマッピング
高度な赤目修正
露出コントロール
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
TrueDepthカメラ 7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
アニ文字とミー文字
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
写真のスマートHDR
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
Retina Flash
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレー
対応バンド FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD‑LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
その他 Face ID、指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

こちらがスペックとなっております。スペック的には非常に高いことがわかるでしょう。



2018年も3モデルの発売で確定か

iPhoneの2018年モデルというものは3モデルが発売されると思われます。この画像は見たことのある人もかなり多いと思います。

こちらを見る限りでは有機ELを搭載したモデルというものが2機種発売される予定になっており、残り1台はLCDモデルとなっております。

iPhoneXが2017年に発売されiPhoneXsと呼ばれる最新のiPhoneが2018年に発売されます。 2018年に発売...

こちら過去モデルとの比較です。過去モデルといっても2017年の後半に発売されたiPhoneXです。発売開始後まだ1年経過しておりません。

1年経過していない機種との比較になりますが、スペックアップに関しては着実に行われていることは間違いありません。

今回はかなりiPhoneXSというiPhoneXの後継モデルが発売されます。完全な形状が変化してから次のモデルということで、確実にブラッシュアップされていると思われます。

ブラッシュアップされたモデルということで、不具合なども基本的にはなくなっていると思われます。

LCDモデルの予想はiPhoneSE2?

iPhoneSE2が発売されると噂になっておりますが、まだ発売されておりません。

最近の情報ではiPhoneSE2というのは、価格も非常に高くなるとも言われております。

そのためひょっとするとここのLCDモデルというものがiPhoneSE2になるかもしれません。

iPhoneSE2という機種が今後発売される可能性があります。 iPhoneSEというのは4インチモデルのiPhoneというこ...

こちらにiPhoneSE2の情報を掲載しておきます。iPhoneSE2というのがLCDモデルになるということはiPhone9という名称でiPhone8の後継モデルが発売されないのでしょうか?

3つのモデルが発売されることはほぼ確定でしょう。3つのモデルが発売されることで、LCDモデルは6.1インチモデルになると思います。

iPhoneSE2というのは2018年8月の情報ではデベロッパーツールでiPhoneXXという名称のiPhoneSE2にあたるものが見つかったなんていう情報もありましたが、発売される可能性というのは十分にありえるかと思います。

LCDモデルだったとしても十分キレイに見ることは可能でしょう。

iPhone9?

iPhone9が今後発売されると思われますので、予想などを掲載しておきたいと思います。iPhoneは2018年モデルとなり、2018年には3...

こちらにiPhone9の情報も含めて掲載しておきます。

iPhone9という名称で発売されるかどうかわかりませんが、こちらがLCDモデルになるかもしれません。

そのため今のところiPhoneSE2という名称で発売されるiPhoneかiPhone9という名称で発売されるiPhoneがおそらくLCDモデルになることは間違いないと思います。

今のところiPhone9という名称にはならない可能性が非常に高いことがわかりました。

iPhone 2018という名称になる可能性があるというのです。iPhone9という名称ではなく、iPhone 2018という名称になる可能性があります。

実質的にiPhone8の後継モデルと言いたいわけですが、実際にはiPhone8の後継モデルという位置づけというより、完全に新しいモデルとなっております。

言い方は悪いのかもしれませんが、廉価版のiPhoneということになります。

iPhoneXRが正式に発表されました。iPhoneXRというモデルは一番安価なモデルとなっており、一番安価なものなら8万円台から購...

こちらにiPhoneXRのスペックを掲載しておきます。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

iPhoneXRというのは、iPhone8から大幅な画面サイズアップをはかり非常に期待できるモデルになっていることは間違いありません。

フラッグシップモデルはiPhoneXsになる可能性

iPhoneXの後継モデルとして発売される予定になっているのがiPhoneXsもしくはiPhoneⅪになる可能性があります。

iPhoneX2に関して予想してみたいと思います。iPhoneXの後継モデルとしてiPhoneX2というものが期待されております。 ...

こちらに最新の情報を掲載しておきます。こちらのモデルも最新のモデルになる可能性もあります。

ライバル機種XPERIAとのカメラ比較

XPERIA XZ3の発売が開始されました。 XPERIA XZ3とiPhoneXsMAXのどちらの機種にしようかと悩んでいる人も結構...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、ライバル機種であるXPERIAシリーズとのカメラ比較という記事を紹介しておきます。

iPhoneとXPERIAを動画で撮影しました。

どちらの機種もかなりきれいな動画を撮ることが出来ますよね。

本当にそういう意味ではオススメできるのではないでしょうか。



トータル3モデル

これらを統合するとトータル的には3モデルの発売になる可能性が非常に高いような気がします。

大画面を搭載するPlusモデルiPhone8Plusの後継モデルではなく、iPhoneXの後継機かつ大画面を持ったスマホ、そしてiPhoneXの後継モデル、iPhone8もしくはiPhoneSEの後継モデルとしてLCDモデルが1台の合計3つのモデルです。

そしてiPhone8の後継モデルのみがカメラが単眼レンズであとのモデルはデュアルカメラを持っている可能性が非常に高いです。

売れ筋はやはりLCDモデルになるのではないでしょうか。

トータル3モデルの発売とはいうものの、ある程度スペック的には同じで機能が若干異なるレベルになると予想されます。

今回このトータル3つのモデルですが、感圧センサーがなくなるという噂もあります。感圧センサーというのは3DTouchのことです。

その機能が排除される可能性が出てきております。感圧センサーがなぜ排除されるのかということですが、やはり押して見ないと挙動がわからないということで、結果的にそこまで普及しなかったということのようです。感圧センサーが3つのモデルでなくなるという非常に衝撃的なことですが、この機能を使っていた人にとっては少し残念な感じですね。

A12 CPUは共通のスペック

次に発売されるiPhoneではA12というCPUが発売されるわけですが、共通のスペックとしてCPUは同じものが採用されると思われます。2017年モデルでもA11というCPUは共通ですべてのモデルで採用されておりました。

CPUのみ別のものを利用するということはなさそうですね。同じCPUをすべてのモデルで採用しそうです。

そのためあとは機能と画面サイズ、カメラ性能なので選ぶしかないと思われます。

トータル的にどのモデルを選択してもiPhoneの場合あたりかと思いますが、これはかなり悩ましいところですね。

2018年に発売されるiPhoneの名称はiPhone?

2018年に発売される予定のiPhoneの名称はiPhoneになる可能性が高いことがわかりました。

2018年に発売されるiPhoneですが、名称に関しては色々でております。 iPhone8の次のモデルにあたるので、iPhone9、i...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhoneの名称はiPhoneとなる可能性が高いことがわかりました。

iPhone9でもiPhoneX2でもない可能性があるわけです。

iPhoneの名称に関しては色々な憶測が2017年のiPhone8発売直後から色々言われておりましたが、iPhoneの名称がiPhoneに戻るということはある意味シンプルでいいのではないでしょうか。

いわゆる無印のiPadのようなイメージとなります。無印のiPadも以前はiPadAirなど呼ばれておりましたが、今はiPadPro及びiPadの2つのモデルに集約されております。

異なるのは画面サイズくらいではないでしょうか。そのためiPadと同様にiPhoneとなる流れというものは別に不思議な流れではありません。

iPhoneとシンプルな呼び方のほうがある意味いいのかもしれませんね。メーカーもモデルのナンバリングに関してはかなり苦労していると思います。

XPERIAもZシリーズがXZシリーズに変更になるなど名称に関しては色々な憶測があるなかでメーカーがその名称を変更しているわけです。iPhoneは今後も色々な情報が出て来ると思われますので、逐一チェックしておきたいですね。

iPhoneXsになる情報はいろいろ出ている

iPhoneXsになるという情報というのはいろいろ出ております。

Apple iPhone Xs Plus は512GBのROM 4GBのRAM 6.5インチ ハイスペックスマホに

こちらの情報を見てもらいたいと思います。こちらの情報というのはiPhoneXsになる可能性を示唆している情報となっております。

iPhoneXsPlusという名称のスマホが発売されるかもしれません。

となるとやはり次に発売されるiPhoneというのはiPhoneXsとなってもおかしくはありません。

2018年モデルというのは3モデル発売される可能性があるといわれておりますが、iPhoneXs、iPhoneXsPlus、iPhone9?という名称のものが発売される可能性もありえます。

iPhoneX2なんて名称になるのかもしれません。そのあたり名称に関してはまだわかりませんが、非常に楽しみですね。

名称を考えるだけで相当楽しめると思います。

実際にiPhoneXsという名称に関しての情報というものはほぼあがってきておりません。それでもSがモデルナンバーとして付くという可能性に関しては十分ありえるのではないでしょうか。

iPhoneXsでUSB Type-Cのサポートを開始?

iPhoneにUSB Type-Cが搭載されるということが以前から言われておりましたが、2018年モデルでは本当に対応されるかもしれません。

USB Type-CというのはAndroidなら2018年に発売されているモデルで考えるとかなり一般的になりました。

逆にUSB Type−Cを搭載している端末のほうが多いのではないでしょうか。

それくらいの勢いで普及していっている端子となっております。iPhoneの2018年モデルでついにUSB TypeーCを搭載したモデルが発売される可能性があるというのです。

実際には搭載されるのであれば、すべてのモデルに対応されると思われます。

2018年 iPhoneでUSB-Cをサポート Lightning廃止の動きになるのか?

こちらの記事を確認してみてください。こちらの記事にその件は記載しております。

USB Type-Cが流行れば世の中は間違いなく、USB TypeーC一色になるでしょうか。

たいていの人がiPhoneもしくはAndroidを持っています。そんな中でこちらの端子を付けるスマホが世の中の大半を占めるようになるのです。

そうなれば汎用性も高いケーブルなどいろいろ世の中に出てくるでしょうね。

5.8インチの有機ELモデルとなるのかl

iPhoneXsという名称になるかどうかはわかりませんが、やはり5.8インチの有機ELを採用するモデルになることはほぼ間違いないかと思います。

こちら2018年モデルのiPhoneの図となっておりますが、iPhoneXsというのが2018年の5.8インチモデルになる可能性が非常に高いです。

iPhoneXの後継モデルとなる見込みとなっており、スペック的にはすべて進化するものと思われます。

3つのモデルのiPhoneが発売されるということで、5.8インチモデルのみ現行のiPhoneXの後継モデルということになります。

他の2つのモデルは新しく2018年から発売されるモデルとなり、そちらも非常に期待したいモデルの一つではないでしょうか。

5.8インチのiPhoneというと2年前まで遡るとかなり大画面という印象でしたが、今思えばそこまでの大画面ではありません。

5.8インチでもホームボタンが排除され、前面がほぼディスプレイになりました。その技術というのは本当にすごいと思いますね。

5.8インチモデルの名称はiPhoneXsに?

5.8インチモデルの名称というのはiPhoneXsになる可能性が非常に高いことがわかりました。

当然ながらこの情報というのは以前から出ておりましたが、2018年8月に入ってもこの情報は継続しているようです。

iPhoneXs、iPhoneXsPlus、iPhone 2018のこの3つのモデルが発売される可能性が非常に高いことがわかっております。

iPhoneXsPlusが最上位モデルとなっており、6.5インチモデルとなる予定です。iPhoneXsは5.8インチモデルとなり、まさにiPhoneXの後継モデルです。

iPhone 2018というのは6.1インチモデルで一番安価なモデルになると思われます。

iPhoneXsというのはiPhoneXと見た目などに関してもほぼ同じになる見込みです。よってケースなどは流用できるものと思われます。

ケースはiPhoneXが発売されてから9ヶ月ほど経過しており、すでに市場は飽和状態となっております。そのためケースなどもかなり安価に購入することが可能です。

iPhoneを利用する人はケースを利用する人も非常に多いことからケースなどで楽しむということもできますからね。



2018年発売のすべてのモデルでFaceIDが搭載

FaceIDがすべてのモデルで搭載される予定になっております。FaceIDは使い勝手が悪いと思う人も多いと思いますが、2018年モデルですべてのiPhoneに搭載されるのであれば、ある程度覚悟が必要となります。

日本では冬の間はマスクをする人も多く残念ながらFaceIDではロック解除することができません。

それはある程度諦める必要があるかもしれません。

FaceIDが搭載されるiPhoneというのが世界標準になるのであれば、日本も従う必要があるわけです。

とはいうものの日本仕様のiPhoneが発売されているようにひょっとすると日本モデルのみ異なるかもしれません。

一応日本仕様のものというものを日本でも発売されており、それが日本に展開されるかもしれません。

その時は背面に指紋認証機能が搭載されるなんてことはないでしょうか・・・おそらくそれはないかと思いますが・・・

それでもとにかくFaceIDが搭載されるということを考えれば、iPhone2018年モデルの検討を考える必要がありそうですね。



最新のiPhoneXsを最速で予約する方法

最新のiPhoneXSは人よりも早く手に入れたいですよね。最速で予約する方法を掲載しております。

以下のページを一度確認いただければと思いますね。

auのiPhoneXS及びiPhoneXSMAXの予約の開始がスタートします。 予約開始時間は9月14日16時1分からのスタートとなっ...

auのiPhoneXsを最速で予約する方法です。

ソフトバンクからiPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRが発売されます。 予約開始時間は9月14日16時1分からです...

こちらはソフトバンクです。

ドコモから今後iPhoneXS及びiPhoneXSMAXの予約が開始されます。 予約開始時間は2018年9月14日16時1分からとなっ...

こちらがドコモです。

各社オンラインショップから購入するということが当たり前になってきました。予約に関してもオンラインショップを利用するケースというのが非常に増えてきております。

オンラインショップからiPhoneXsの予約を行うということで、最速で予約を完了させることが可能となっております。

iPhoneXsはかなり人気が出るということで、発売直後すぐに予約で完売してしまう可能性が非常に高いですからね。そういうことを考えるとiPhoneの2018年モデルというのはかなり期待が高まることは間違いないのではないでしょうか。

iPhoneXsには搭載されない機能

iPhoneXsに搭載されない機能を紹介したいと思います。

iPhoneの2018年モデルに関して非常に気になっている人も多いのではないでしょうか。 2018年に発売されるiPhoneというのは...

こちらのページを見てもらいたいと思いますが、今回は3DTouchが採用されない可能性が非常に高いです。

3DTouchを利用している人もいるかと思いますが、3DTouchは排除される可能性が非常に高いです。

iPhoneでの3DTouchがなくなる理由というのは、実際に押してみないとどんな挙動になるのかわかりません。そのどんな挙動になるのかわからないということはユーザビリティが悪いということで排除されるようですね。

便利だと思って利用している人にとってはちょっと残念な機能です。また3DTouchの機能を利用しているアプリに関しては改修を行うかもしくはそのアプリを排除するかに限ります。

3DTouchは排除してほしくなかった機能の一つですが、Appleが判断したことなので、仕方ないことですよね・・・その機能の排除というのはやめてもらいたかったです・・・この機能が排除されたところで、おそらくさらに薄型になるということはなかったと思います。

iPhoneをほしいと思う人なら確実に予約をして購入してくださいね。



最新モデルはiPhoneXCになる?

最新モデルはiPhoneXCになるかもしれません。iPhoneXCになるといっても実質的には名称だけの問題です。名称がXCになったところで、実際にはiPhoneの6.1インチモデルになるわけです。

6.1インチのiPhoneというのは今回かなりの目玉機種となっております。

5.8インチ及び6.5インチモデルに関しては、iPhoneXSになると言われておりますが、6.1インチのみがiPhoneXCとなるようですね。

名称としてはiPhone5cのような名称になるということです。

カラーバリエーションもかなり多く出る見込みで5色展開になる可能性が非常に高いのです。

最新のiPhoneXCですが、どのようになっていくのでしょうか。非常に期待したいところですね。

ドコモのiPhoneXC iPhoneXS iPhoneXSPlusを最速で予約する方法

ドコモから今後iPhoneXS及びiPhoneXSMAXの予約が開始されます。 予約開始時間は2018年9月14日16時1分からとなっ...

そろそろ予約が解禁されます。ドコモからもiPhoneの発売が予定されており、最速で予約をする方法を紹介したいと思います。

iPhoneはこの時期かなりの予約数が入ります。初回予約分はだいたい30分で売り切れるため注意が必要となります。

初回予約分で購入するためには、本当にがんばって予約を行う必要があるかと思います。

基本的にiPhoneというのは、日本で一番人気のあるスマホです。以前はソフトバンクのみでしたが、最近ではau、ドコモともにかなりの売れ筋の機種になってきているのです。

ドコモのiPhoneも予約はかなり入ると予想され、iPhoneの予約開始日が日本時間の2018年9月14日になると言われております。

その時にはかなりの予約台数が入り、予約開始時間の16時1分から30分以内には発売日分の予約が全て売り切れる状態となる可能性が非常に高いです。

30分で予約完売という非常に好調な売れ行きに毎年なっており、ひょっとすると今年はもっとすごい数で予約が入るかもしれません。

特に大画面モデルに乗り換えるという人はiPhoneXからも乗り換える人がかなりの数をしめると思われます。

PlusモデルからPlusモデルへの移行に関してもかなりの数の予約が入るでしょう。

ドコモのiPhone比率はそこまで高くはありませんが、かなり予約をする人が増えることは間違いないと思いますね。

[adsens2]

同梱品を紹介

iPhoneXS及びiPhoneXSMAXが発売されました。今回発売されたiPhoneの同梱品に関して紹介したいと思います。 ...

こちらの記事を見てください。

こちら同梱品となっております。同梱品に関しては今までのiPhoneと同じです。

同じ同梱品ということですが、急速充電にも対応しており、メリットのある同梱品となっております。

基本的には今回のiPhoneXSお夜這いiPhoneXSMAXはかなりオススメできるモデルになっていることは間違いないかと思います。

同梱品があればとりあえず動作させることが可能となっており、動作というのは購入してからすぐに動かすことができるということです。

かなりメリットがある製品になっていることは間違いないかと思いますね。