低価格版のiPhoneXが今後登場するかもしれない ハイエンドモデルは高すぎる?

iPhoneX

今後低価格版のiPhoneXが登場するかもしれません。iPhoneXは非常に高額な設定になっており、日本でも2017年11月3日より発売が開始されますが、かなり高額になっているので、購入を躊躇する人もいるでしょう。購入を躊躇しようとおもってもiPhone8と比較するとやはりiPhoneXが欲しいとおもっている人も多いことは間違いありません。

iPhoneXは間違いなくこれから年末にかけてブームの製品になることは間違いありません。また非常に人気製品のため在庫不足に悩まされる可能性も十分にあるわけです。そんなiPhoneXの低価格モデルが発売されるというニュースは非常にありがたい話ではないでしょうか。












iPhoneXはローエンド、ハイエンドと名前がある?

iPhoneXにはローエンドの名称とハイエンドの名称があるようです。

ハイエンドの名称というのは「リスボン」という名称となっており、ローエンドの名称は「杭州」となっているのです。

杭州が発売されることに期待

杭州というのは、ローエンドモデルですが、今後ローエンドモデルが発売されることになると、日本以外の国ではかなり売れると思います。

やはり中国やインド、東南アジアなどの国では間違いなくローエンドモデルが人気なのです。ハイエンドモデルというのはやはり高額なので、購入出来ないと感じている人がかなり多いのです。

ローエンドモデルの杭州はどれくらい販売されるのでしょうか。非常にそれはそれで楽しみなところです。

インドが今後ローエンドモデルの中心になるかもしれない

現在インドは非常に人口も多く2017年末には3億4000万人以上の人がモバイル環境に触れる可能性があると報じられており、かなりの人がモバイル環境に触れるでしょう。そんな中でAndroidよりもiPhoneが欲しいとおもっている人というのはかなり多いことは間違いありません。

Androidでも低価格Androidなので、価格は1万円以下で購入出来るものがほとんどなのですが、そんな中にiPhoneがあればどうでしょうか?かなりの人がiPhoneを購入することになるでしょう。おそらく製造コスト的に1万円を切るということはないと思いますが、5万円程度で販売されることになればどうでしょう?かなり売れると思いませんか?

インド含めて海外ではまだまだ低価格な機種の人気というものはかなりあるのです。そういうことを考えるとやはりインド含め中国などでは低価格iPhoneというのは支持されるわけです。

低価格モデルというのは機能を抑えて、価格も抑えられているわけですが、Appleの先進的な技術などを用いるとかなり性能に関しては担保出来ると思われます。トータル的にみて低価格iPhoneというのは支持されて然るべきなのではないでしょうか。

やはりハイエンドモデルをインドや中国で購入しようと思うと相当しんどいのではないでしょうか。

廉価版のiPhoneXは6.1インチの可能性が高い

廉価版のiPhoneXというのは6.1インチになる可能性が非常に高いです。

またこの廉価版のiPhoneXというのは、液晶を搭載するとも言われております。

iPhoneXから有機ELになり、今後ハイエンドモデルというのは有機ELを搭載するという流れになると予想されておりました。

今後有機ELが搭載されるiPhoneX及びiPhoneXPlusとは別に廉価版の機種も登場するといわれております。

その廉価版の機種は2017年12月の時点ではワイヤレス給電などには対応せず金属の筐体になる可能性が非常に高いとも言われております。

またiPhone5cの時のように、色々なカラフルな色を展開する可能性があるというのです。

6.1インチという大画面でありながら、廉価版の機種となるようですが、非常にこれは楽しみではないでしょうか。

廉価版の機種といったところで6.1インチです。それでいながらおそらくRetinaディスプレイを搭載しているものと思われます。

Retinaディスプレイが搭載されるのであればかなり画面はキレイになるでしょうね。

トータル的に廉価版でも問題ないのでは?と思います。

2018年のiPhoneは3モデル発売予定

iPhoneは3モデル発売される予定になっております。

その3モデルというのは有機ELを搭載したモデルが2つでLCDいわゆる液晶を搭載したモデルが1つの合計3つが2018年に発売される可能性が非常に高いことが今の段階ではわかっております。

iPhoneの3モデルは6インチクラスのものが発売されることがすでにわかっており、かなりの大画面になる可能性が非常に高いです。

現在iPhoneXを持っている人でも買い替えたくなるでしょう。

それくらい人気のモデルになる可能性が非常に高いのです。

iPhoneXの2017年モデルはすでに減産に入ったと報じられており、2018年の夏ごろには生産を中止するとも報じられております。

2018年9月の発売に向けて新モデルは動き出しているのです。

有機ELを搭載しているモデルの2機種がAppleのフラッグシップモデルになることは間違いないでしょう。

基本的にはフラッグシップモデルというのは、Appleを代表する機種になることは間違いなくこちらの機種は廉価版とはいいません。

廉価版という機種はLCDを搭載したモデルになる予定ですが、実際の中身は3機種ともほぼおなじになると思われます。

今後発売される機種にはFaceIDが必ず搭載されるとも言われており、ハイスペックモデルと廉価版モデルの違いがそれほどわからないレベルになるのではないでしょうか。

低価格なiPhoneXがiPhone9なの?

iPhone9が今後発売されると思われますので、予想などを掲載しておきたいと思います。iPhoneは2018年モデルとなり、2018年には3...

今後iPhone9が発売される可能性もありますが、低価格なiPhoneXというのがiPhone9になるのでしょうか。

Appleは今後iPhone9を発売するのでしょうか。それらも含めて非常に気になると思います。2018年に発売されるiPhoneは命名規則上iPhone9というものが発売されそうな気もしますが、実際に型番に関してはわかりません。

型番に関してはわからないので、iPhone9という名称のまま続くのかもしくはiPhoneXの別の名称になるのかそのあたりも含めて微妙なところですね。

とにかくiPhone9が発売されることは非常に期待したいところです。

こちらコンセプト画像となりますが、見た目に関しても非常にキレイな見た目となっておりかなり期待できるのではないでしょうか。

iPhoneXmini?

iPhoneXminiという名称のスマホも発売される可能性があったようですね。

この小型版というのはiPhoneSE2になっていたのかもしれません。

iPhoneSE2及びiPhoneXminiという名称のスマホが発売される可能性があったようですが、残念ながらこれら2つのモデルというものは発売されそうにありません。

iPhoneXminiというとイメージとしてはiPhoneSE2のようなものです。

実際にはこれらのモデルというのは発売されません。

2018年に発売されるモデルで小型モデルというものはありません。一番小さいモデルでも5.8インチになる見込みとなっております。

5.8インチというのは結構な大画面ですが、それがiPhoneXの後継モデルになると思われます。4インチクラスのモデルは2018年では排除される可能性が非常に高いと思われます。

引用元