iOS12 Appleの最新OSに期待したい 新機能 リリース時期はいつになるの?

Appleから発売されているiPhoneやiPadというのはiOSというOSが搭載されていることは知っている人も多いと思います。

そんなiOSですが、期待したい機能などが搭載してほしいのですが、どのような機能が搭載されるのでしょうか。

非常に期待している人も多いと思います。

こちらにiOS12の機能がまとめられているので、その一部を紹介したいと思います。

新型OSには色々期待している人も多いでしょう。

そんな中でiPhoneXの2018年モデルはどのように進化していくのでしょうか。非常に気になる人も多いと思います。

またOSの進化も行われる予定になっており、どれくらいOSが進化するのかということも非常に期待出来るのではないでしょうか。

それではiOSがどのように進化するのか見ていきましょう。












iOS12が正式に発表

iOS12が正式に発表されました。

iOS12が発表されました。iOSというのはiPhoneやiPadに搭載されているOSとなっており、今回それに伴いiOS12が入るスマホも同...

こちら最新の情報となっております。古いiPhoneでも動作速度が改善するようです。

iPhone5sからのインストールも可能ということで、iOS11を利用しているユーザーなら利用が可能ということになります。

iOS11を利用しているユーザーというのは、かなり大勢いると思われますが、ここまで古いスマホに対応してくれるということは非常にありがたいことでしょう。

期待していた人も多かったと思いますが、期待通りの結果ではないでしょうか。

iOS12の進化

新しいユーザーインターフェイスに

次に発売されるiPhoneに搭載されるiOS12では新しいユーザーインターフェイスになる見込みです。

新しいユーザーインターフェイスというのは、非常に気持ちいいものです。

新しいユーザーインターフェイスに変更されるといっても基本的には使い勝手などはアプリ依存のためそれほど変わることはありません。最近のiPhoneは本当にユーザーがわかりやすいように作っていますからね。新しい機能が増えたとしてもその通知をいうものを知っている人は非常に少ないのです。ある意味色々なサイトを見てどんな機能追加があったのか自分で調べる必要があるくらいになりました。

それでも基本的には使い勝手はあまり変わりませんので、やはり新しいユーザーインターフェイスになるということは非常に期待出来ることではないでしょうか。

通知機能が新しくなる

通知機能が新しくなるようです。通知機能というのは、何かメッセージが来た時に反応してくれる機能ですが、その通知機能が新しくなる可能性が高いというものです。
iPhoneを持っている人なら通知機能は最新の順に並んでいると思いますが、それらの並び順が変わるということです。通知の種類順になる可能性が高いということです。

ダークモードが搭載

ダークモードというのは、夜など暗いところで、非常に見やすくなるモードです。カーナビなどについている機能と同じ機能ではないでしょうか。カーナビは夜になると画面が反転します。そうしないと明るすぎますからね。
そういうモードが搭載される予定になっております。夜は非常に見やすくなるでしょう。
実際には夜というより、明かりを消した状態で見る人が結構増えてきていると思いますので、深夜布団に入った状態から見る人も多いでしょうね。

スプリットビュー 画面分割

スプリットビューいわゆる画面分割機能です。iPadではすでに搭載されておりますが、iPhoneでは残念ながらアプリは複数立ち上がっているわけですが、何かを見ながら何かの作業をするということはできません。

今後スプリットビューにかなり期待をしております。この機能が採用されるとなると何かをしながら別の作業を行うということが可能になるわけです。
とはいうもののiPhoneを見ながら何か作業を行うということは普通の人はしないかもしれませんが・・・それでも画面分割機能が備わっているほうが便利のいいこともあるわけですね。

アプリ毎のロック解除

アプリ毎にロック解除機能が搭載される可能性があります。
すべてにおいて1回ロックをすると全アプリが見えてしまうことが普通ですが、アプリ毎にロックがかかっていれば、見られたくないアプリにロックをかけておくことも可能です。そのような機能が搭載される可能性があります。

Performanceの改善

これは当然なのかもしれませんが、パフォーマンスの改善は行われるでしょう。動作速度などの改善も行われることが予想されております。

とはいうものの、新型のiPhoneが2018年に発売されるため残念ながらパフォーマンスが改善されたところで、iPhoneXでは残念ながら速度だけでは勝つことは出来ません。それでも今より快適になれば非常にいいと思いますね。

パフォーマンスという意味では最近アプリとの相性がそれほどよくないアプリも増えてきました。基本的には有名なアプリは再起動などせずにきっちり動作出来るように作ってもらいたいですね。アプリを動かすプラットフォームなわけですから、そのあたりはかなり期待したいところです。

カメラにProモードが搭載予定

カメラにProモードが搭載される可能性が高いです。カメラアプリは通常であれば、それほど触ることはありません。基本的にはオートでカメラを撮っている人が多いと思いますが、それにProモードが搭載されるのです。これはかなり期待出来るのではないでしょうか。

カメラのProモードが採用されるとカメラを非常にこった感じで撮る人も世の中に出てくるでしょう。手軽さが売りなiPhoneなだけにこのProモードというのは、かなり期待出来る機能の一つではないでしょうか。

これらの機能が今後採用される可能性が非常に高いということです。

iOS12は品質改善に特化 元々搭載予定のものも削除?

bloomberg

こちらに情報が掲載されておりますが、以下の理由から品質に重点が置かれるということがわかりました。

・2019年に予定されていた変更を品質に重点を置くために遅らせる。
・IOSのバグは徐々に増えてきつつある。

これらのことからiOS12は品質重視になると言われております。

OS側の品質が向上すれば使い勝手はかなり向上します。今のOSの品質が悪いわけではありませんが、品質が悪いOSというのは使い勝手があまりよくありません。

2017年から2018年にかけて最新のOSはiOS11となっておりますが、11でかなりの改造が加えられました。

まずVR機能やファイル管理、iPadの見た目の変更など大きな改造がiOS11では加えられております。

そのため、今後はiOS12ではそれほど大きな改善は行わない可能性が高いのです。

しかしながら現在行っている開発としてホームスクリーンのアプリグリッドの再設計及びARゲームのマルチプレイヤーモート、iPhoneとMacで動作するサードパーティアプリケーションの統合などの開発を行っていると報じられております。

iPhoneとMacで動作するサードパーティアプリケーションの統合というのは非常に気になるところですが、他社製のアプリでMacとiPhoneが統合される何かの機能をシームレスに提供する機能なのでしょう。

今回の対応で今後iOS12で投入されない機能というのは、以下のものがあるようです。

写真アプリの自動分類機能
再設計されたホーム画面

これらの機能は2019年まで登場しないとも報じられておりますが、2019年というとiOS13の頃です。

その頃までこれらの機能というのは控えられていると思われます。

ユーザーの使い勝手としてはやはり品質向上のほうがいいでしょう。ちなみに最新のOSになった時点でユーザーインターフェイスが劇的に変更された場合、残念ながら使い勝手はいいとはいえません。

むしろ使い勝手は悪くなるほうが間違いなく多いのです。それなら使い勝手はそのままの状態で品質が向上されているほうがいいでしょうね。

新型iPadが発売されiOS11.3が発表

そろそろiOS12も近づいてきておりますが、新型iPadが発表され、11.3が出てきたようですね。

残念ながらiPhoneへの展開はまだですが、これはかなり期待できるのではないでしょうか。

この11.3というバージョンというのはバッテリーによる性能ダウンをやめるという対応が入っているのです。

この対応に伴いAppleはかなりの損失をしたといわれております。

バッテリー交換プログラムなどもかなり利用されており、相当な損失になるでしょう。

とはいうものの本来はこのバッテリーが低下することにより、性能はそのまま維持したくないというのはAppleの本音でしょうね。

今回このバージョンアップがされることにより、同じ機能をiOS12以降でも継続することになるのです。

このバージョンアップは本当に微妙ですね。できることならバッテリー交換プログラムの適用を受けたほうがいいと思います。

iPhoneのバッテリー交換料金が下がる 3200円で交換が可能に

こちらのプログラムで新しいバッテリーにするほうがいいと思います。

docomo au SoftBank

マルチタスク機能が搭載の可能性

マルチタスク機能が搭載される可能性があります。マルチタスクというのはWindowsを利用している人ならわかると思いますが、複数の窓を開いて複数の作業を同時に行うことが可能となっております。

マルチタスクという機能を利用することで、色々なことを複数同時に行うことが可能となっており、非常にメリットがあるかと思います。

Windowsのようなマルチタスクは難しいかもしれませんが、複数の窓を同時に開くということは可能になるのかもしれません。

それがいわゆる2画面分割機能と呼ばれるものとなっております。2画面分割される可能性が非常に高く、それによりウェブを見ながら何か別の作業を行うということも可能となるわけです。

電卓を叩きながら、ウェブで価格情報を確認するなんてことも簡単にできるようになるのかもしれません。

このようにマルチタスク機能というのは、非常に期待できる機能の一つとなっており、期待している人もかなり多いでしょう。

今でもYouTubeなどの動画に関しては、このようなマルチタスクのように動画を見ながら他の動画を探すことが出来たりといろいろな機能を持っておりますが、そういった機能になれば非常に便利ですね。

マルチタスクというのは実際のところそれほど大きくはない画面上でやる作業となっておりますので、扱いづらい部分もありますが、できなかったことができるようになるということは非常にメリットのあることではないでしょうか。

A12のベンチマークが流出

2018年モデルのiPhoneに搭載される予定になっているA12ですが、CPUのベンチマークスコアが流出したようです。 ...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、A12のベンチマークが流出したというニュースです。

A12というのは2018年に発売されるiPhoneに搭載されるものとなっておりますが、ベンチマークが流出したことで、現在発売されているiPhoneXZ3及びiPhone8などと比較してどれだけ性能が増えたかということがわかるかと思います。

性能は飛躍的に伸びることは予想されており、30%程度は性能が上がると言われております。

性能がそれだけ上がるということは、かなり処理能力に関しては期待できるでしょう。すでにiPhoneは非常に高速に動作させることが可能なスマホであり、今後処理能力があがったところで、現在利用しているスマホと比較することは非常に難しいところでしょう。

いわゆる体感できる能力の違いということを実感できることはあまりないかもしれないということです。2世代前からするとそれなりに体感できると思いますが、iPhone8と2018年モデルのiPhoneを比較したところで、そこまで体感できない可能性が非常に高いということです。それでもスペックアップが図られるということは非常に期待できるのではないでしょうか。

9月に入りそろそろ正式リリース開始

9月に入ってそろそろ正式リリースが開始されます。

iPhoneXs、iPhone 2018、iPhoneXsPlusに搭載されることは間違いありません。

最新のiPhoneに搭載されることで、一気にシェアが広がることは間違いありません。

基本的にiPhone含めて発売されるとiPhoneの場合はすぐに最新のOSにする人が非常に多いです。

iOS12というのは高速化されるOSとなっておりますので、非常に期待できるかと思います。