iPhoneはLightningケーブルの廃止も検討中だっとの噂 今後なくなるのか

iPhoneXいわゆる2017年モデルのiPhoneでLightningケーブルの廃止が検討されていたことがわかりました。

Lightningケーブルを廃止することで、充電をワイヤレス充電のみにする可能性があったということが伝えられております。












Lightningケーブルが廃止されるとどうなるのか

ワイヤレス充電のみでの運用はかなりきついと思います。

その理由というのは充電スピードです。充電スピードがかなり遅いからです。有線のほうが間違いなく充電速度が早いと思われます。

そのためワイヤレス充電のみの運用というのはかなり厳しいと思われます。

ワイヤレス充電器同梱は価格面で不利

また充電をワイヤレスのみに頼った場合はワイヤレス充電器を同梱する必要がありますが、その時価格は当然ながら跳ね上がります。

そのため価格面でその対応を見送ったとされております。

iPhone自体はすでに10万円を超えており、非常に高額な買い物です。

さらに価格が上昇すれば、正直なところ本当にiPhoneの売れ行きに影響を及ぼします。

10万を超えるようなガジェットをすぐに購入できるというのはある意味富裕層だけかと思いますね。

最近ではMNPならかなり安価にiPhoneXの購入もできるようになりましたが、それでも毎月の維持費などを考えるとかなりiPhoneは高いガジェットです。

そのため日本ではiPhoneXよりもiPhone8のほうが売れているのです。10万円を超えるような機種を本当にすぐに購入するというわけにはいきませんからね。

そういう観点からもiPhoneの価格を抑える行為ということは間違いではないと思います。

2018年モデルではiPhoneにUSB Type-Cが搭載予定

2018年に発売されるiPhoneではUSB Type-Cをサポートする可能性が高いことがわかりました。 USB TypeーC...

このような記事もすでに出ており、Lightningケーブルが廃止になってもUSB Type-Cは残るかと思います。

Type-Cが残るとなれば、様々なガジェットを利用することができるようになるかと思います。

また売れるものとしてはLightning→USB TypeーCへの変換などもかなり売れるのではないでしょうか。

このような新しいものを採用するとそれに伴った色々なものが売れるのです。それはそれでいいかと思います。

それにしてもLightningケーブルが排除されるとそれに伴って私が購入した色々なガジェットが使えなくなるのでそれはそれでやめてもらいたいですね・・・変換コネクタがあればまだいいのですが・・・

引用元:engadget