ノッチ搭載 iPhone SE2 iPhoneX SE どちらの名称になるのか

2018年にもiPhoneSE2という名称のスマホが発売されるとは言われておりますが、iPhoneSE2という名称になるのかiPhoneXSEという名称になるかまだそのあたりは不明点が非常に多いと言われております。

iPhoneの廉価版として発売されることはほぼ間違いないと思われますので、結果的にどちらの名称になったところで、iPhoneはiPhoneです。

ケースなどを製造しているOlixarというメーカーから設計書の写真が流出したようです。












Olixarからの設計図面

こちらがiPhoneの廉価版にあたる設計書となっております。

こちらの廉価版にあたる設計書ですが、ノッチなどがあり、まさにiPhoneXとほぼおなじ見た目といったところではないでしょうか。

iPhoneXでノッチというものが初めて採用されましたが、またそれに類推するスマホが発売されるということは非常に興味深いところです。

またこのスマホというのは、見た目の通り実は大きくはありません。大きさとしてはiPhoneSEとほぼおなじ大きさなのです。

こちらはiPhoneXの大きさですが、こちらのほうが明らかに大きいことは見た目からでもわかるかと思います。

こちらはiPhoneSEの大きさですが、先程の設計図にぴったりくるのはこちらではないでしょうか。

こちらがピッタリくるわけです。

また大きさからしてホームボタンが排除される可能性というものも非常に高いわけですね。

FaceIDとホームボタンは排除される

次に発売される予定の廉価版のiPhoneですが、FaceID及びホームボタンは排除される可能性が非常に高いです。

その理由はやはりこの設計図によるものが大きいと思われます。

FaceIDというのはノッチ部分にあり、ノッチ部分というものは非常に今後重要になるかと思います。

ノッチ部分というのは、FaceIDを行う為には必須の要素となることはすでに知っていると思いますが、廉価版でもFaceIDを搭載しようとしているということは、こちらを見たらわかるかと思います。

またホームボタンに関しても排除されることは間違いないと思われます。

iPhoneSEの大きさからあの設計図を見る限りホームボタンがあれば、かなり長めの画面サイズになることは明白です。

そのため廉価版のiPhoneでもホームボタンは排除される可能性が非常に高いことがわかります。

ホームボタンはすべてのiPhoneで排除される?

廉価版でもホームボタンが排除されるということになるとホームボタンというのはすべてのiPhoneで今後排除される可能性が非常に高いことがわかりました。

iPhoneの廉価版という位置づけがどのようなものなのか未だ定義はありませんが、基本的にはiPhoneSEの後継と言えると思います。

iPhoneXの廉価版という見方もできるでしょう。

iPhoneSE2が2018年にも発売されると話題になっておりますが、iPhoneSE2ではなくiPhoneXSEという名称のものが...

こちらがそのiPhoneとなっておりますが、iPhoneは廉価版にSEという名称をつける可能性が非常に高く今後はどのようなiPhoneになっていくのでしょうね。

2017年からiPhoneXが発売開始されましたが、今後はどのように廉価版の位置づけが変わっていくのでしょうか。そのあたりも非常に期待したいところです。

廉価版のiPhoneはiPhoneXRに

廉価版のiPhoneはiPhoneXRになりました。iPhoneXRというモデルは6.1インチもあるモデルとなってしまいましたが、iPhone8が併売されるということで、ある意味コンパクトモデルというのはiPhone8なのかもしれません。

位置づけとしてはiPhoneSEが発売してほしいという声もあるかと思いますが、今の段階では難しいかもしれません。

iPhoneは今年の間はiPhoneSEとしては発売されないと思われますので、2019年に期待したいところです。

ひょっとするとiPhoneSE系の4インチモデルは排除していくのかもしれませんね。

まだiOS12までアップデートすることができるということで、非常に期待できるiPhoneSEですが、そろそろ限界に近づいているのかもしれません。

もう少しがんばってもらいたいところではありますよね・・・

引用元:9to5mac