iPhoneのコンパクトモデルはイヤフォンジャックがない 2018年モデル

iPhoneのコンパクトモデルが2018年にも発売される予定になっているようです。

コンパクトモデルの名称はiPhoneSE2となる見込みですが、イヤフォンジャックが排除される見込みになっているようです。

イヤフォンジャックというのは3.5φのイヤフォンを挿す口です。












Appleだからできるイヤフォンジャックの廃止

イヤフォンジャックを廃止するということは基本的に何でつなぐのでしょうか?

Bluetoothで接続するかもしくは充電アダプター部分に挿すのかのどちらかの選択肢しかありません。

このようなイヤフォンジャックの廃止というものはiPhone7の頃から行われております。

iPhone7で初めてイヤフォンジャックの廃止が行われ、その後イヤフォンジャックの廃止というのはiPhoneXでも廃止されております。

イヤフォンジャックの廃止というのは世界でもかなり販売台数の多いAppleだから出来たことのように思います。

本来ならイヤフォンジャックの廃止がされるとエンドユーザーの使い勝手というのは向上するのかと言われると正直なところ向上しません。

ある意味使い勝手としては悪くなるわけで、イヤフォンジャックをそのまま挿すということに対して便利だと思っていた人にとっては確実に進化ではなく退化になるのです。

それでもイヤフォンジャックを排除する動きに出るということはどういうことでしょうか?

イヤフォンジャックが排除される目的

なぜイヤフォンジャックが排除されるのでしょうか?おそらくそれは防水などに対する性能の向上であるかと思います。

やはり防水機能というのは、何か口があいていると残念ながらそこから水が入り込むなどの状況になる可能性が非常に高いです。

そのためイヤフォンジャックなどの穴の開いている部分を少しでも塞ぐことが出来たらそこから水の侵入がなくなるわけです。

水の侵入を少しでも減らすということは防水性能をアップさせるための手段となるわけですね。そのためイヤフォンジャックというものは排除されるわけです。

実際にイヤフォンジャックが廃止されているスマホというものはiPhone以外でも存在します。

ただしAndroidのスマホでそれをやるとある程度エンドユーザーから利便性が失われたと言われるため、Androidを発売するメーカーは正直なところ機能の劣化に関しては恐る恐るの対応となるわけです。

それでもイヤフォンジャックが排除されるということは、防水など他の面で性能アップされる可能性も含んでおり一概に悪いことというわけではありません。

音楽を聞かない人もいる

そもそもイヤフォンを利用して音楽を聞かないという人もiPhoneユーザーの中にはいるのです。

実は私もその一人です。外出先ではイヤフォンを挿して音楽を聞くことはほぼありません。基本的に音楽が一曲も入っていないからです。

なんのためにiPhoneを持っているの??と聞かれることがありますが、自宅に帰るとエアプレイなどで音楽を聞くことも可能となっております。

エアプレイで音楽を聞くことが出来れば正直なところイヤフォンは不要です。

無線で音楽さえ飛ばすことができれば全く問題ないのです。そういうことをトータル的に考えても音楽は別にイヤフォンにこだわることはないのです。

他にはエアポッドなどを利用する人にとってみれば当然ですが、それはまた不要となるわけです。

このように音楽を聞かないという人も音楽を聞くけどイヤフォンジャックを通じて聞かないという人も結構多いわけです。

そういう人もいるので、一概にイヤフォンジャックの廃止が機能低下だとは感じない人も大勢いるわけですね。

Appleがイヤフォンジャックを廃止する流れにしていくこということはAndroidでも同様の動きが間違いなく出てきます。

Androidでも同様にイヤフォンジャックを廃止する動きになることは間違いないでしょう。それはそれで時代の流れなので仕方ないことなのかもしれませんね。

イヤフォンジャックがなくなることによる影響

イヤフォンジャックがなくなることによる影響というのは、現行のiPhoneXでもすでに排除されているので、そこまで気にすることはありません。

むしろイヤフォンジャックよりもUSB-Cに変更になるほうがインパクトが大きいのではないでしょうか。

Lightningからイヤフォンを出力するようなものというガジェットはすでにかなり販売されておりますが、USB-CからというとAndroid製品がメインになります。

モノとしてはあるのですが、実際にiPhoneで利用できるかどうかというとそのあたりは少し微妙ですからね。

そこが一番のネックになるのではないか?と思います。イヤフォンジャックは排除される動きになっているiPhoneですが、Androidではまだまだ根強い人気となっております。

世界的に見るとiPhoneよりもAndroidのほうがかなり多い為、Androidと互換性のある周辺機器というものはたくさんあるでしょう。

今後iPhoneとAndroidとの互換性のあるようなものがかなり販売されると思われます。それくらいジャックがなくなるということはインパクトのあることなのです。