iPhoneXR アイフォーンXR 6.1インチ スペック 予約 発売日 価格 ドコモ au ソフトバンク

iPhone9が今後発売されると思われますので、予想などを掲載しておきたいと思います。iPhoneは2018年モデルとなり、2018年には3台のiPhoneが発売されるといわれております。iPhone8の後継モデルになる可能性が非常に高いスマホとなっており、期待している人もかなり多いと思います。iPhone9の名称はまだ未定ですが、iPhoneのLCDモデルがiPhone9になると思われます。そしてそのスペックというのは一番廉価版となる可能性が非常に高いわけですが、一番売れるモデルになるとAppleも見込んでいるようです。












iPhone9は日本ではドコモ、au、ソフトバンクから発売される名称はiPhoneXR?iPhoneXC?iPhone9?

日本ではドコモ、au、ソフトバンクから発売される予定です。これらのキャリアで予約を行うことが一番のおすすめです。

各社のオンラインショップは予約を行うと発売日に自宅に届けてくれます。発売日に発送されるわけではありません。

発売日に自宅に届けてほしいのであれば、オンラインショップを狙うのが一番だと思います。

発売日に店舗に行くことができない人もオンラインショップで購入することができるのであれば、かなりお得だと思います。

それでは各社のオンラインショップに関して紹介しておきたいと思います。

まずはドコモからです。

<ドコモ>


ドコモオンラインショップを知っている人もここ最近は非常に増えてきました。 ドコモオンラインショップを経由してスマホの購入を行おうと考え...

現在事務手数料が完全に撤廃されました。これによりどんな契約でも事務手数料が不要となっております。事務手数料が不要になるということで、非常に購入しやすくなっていますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

ドコモはすべての事務手数料が撤廃されかなり契約しやすくなっていると思います。

<au>


auもiPhone所有率がかなり高まってきております。iPhone所持率がかなり高まっていることからiPhoneの購入もかなりの人が行うのです。

やはりオンラインショップというのは自宅から購入することができるので、非常にメリットがあると思います。



かなりオススメできるショップとなっておりますので、検討してもらいたいですね。頭金も当然ながら不要となっております。頭金不要ということで、かなりメリットがあるかと思います。

<ソフトバンク>

ソフトバンクはiPhoneの販売に非常に長けております。予約をするのであれば、ソフトバンクオンラインショップはぜひおすすめしたいですね。

その理由ですが発売日に自宅に届けてくれるからです。ソフトバンクユーザーというのは、iPhoneをこよなく愛するひとが非常に多いのです。

発売日に発送されるわけではなく、発売日に自宅に届くように発送をしてくれるのです。ソフトバンクの予約はオンラインショップがおすすめです。

iPhoneXが発売された時にiPhoneで初めて有機ELが採用されました。2018年モデルでも有機ELを採用しているモデルの発売がある可能性が非常に高いことがわかりました。

iPhoneXrは非常に人気のガジェットになります。

iPhone9という名称にはならずiPhoneXrという名称になりました。



iPhone9はどのように進化するの?名称はiPhoneXCになるかもしれない


iPhoneはiPhone7からiPhone8に変わる時にiPhone7sという名称を飛ばしました。そのためiPhone8の次に発売されるスマホというのはiPhone9になると思っている人も多いと思います。

確かに命名規則が変更になりましたので、iPhone8からiPhone9になる可能性というのは非常に高いですね。

実際にはそれは名称の変化だけです。iPhone8からiPhone9になったとしてもそれなりに機能などに変化はしてもらいたいと思っている人が多いと思います。

iPhone9が2018年に発売されることを考えてみるとiPhone9という機種はどのようになるのでしょうか。

iPhone8からiPhone9に関してどのような進化が見えるのか非常に楽しみです。毎年のようにiPhoneは進化していっています。進化する上でどのような進化が見られるのでしょう。

iPhoneXCということでまさにiPhone5cと同じような感じになると思われます。

カラーバリエーションも5色展開されるということで、かなり楽しみにしている人も多いことは間違いありません。

新しいカラバリが出てくることで、かなりの人が購入しやすくなります。いろいろなカラバリは本当に面白いことですよね。

最新の情報ではiPhoneXRとなる可能性も非常に高いことがわかりました。iPhoneXRという名称になるRとはなんなんでしょうか?

まだ謎が深まるばかりですね・・・



CPUの進化

iPhone8ではCPUはA11となりました。毎年Aの次の数字はあがってきております。そのため普通に考えるとCPUはまずA12になる可能性が高いと思われます。実際のA12の能力はどうなるのでしょうか?

実際のA12の能力というのはA10から比較するとひょっとするとオクタコアになる可能性もあります。

A11Xと呼ばれるCPUが2018年にも登場します。そのCPUというのはiPadに搭載されるCPUとなっております。A11XというCPUQが2018年にも発売される可能性が高いということを考えるとやはりiPhone9に搭載されるCPUであるA12というのはオクタコアになる可能性も非常に高いですね。

オクタコアというのは8つのコアをもつCPUということになります。

8つのコアを持つCPUというのはAppleは今まで採用しておりませんでした。Android端末ではオクタコアを搭載してモデルというのはかなり多いわけですが、Appleは今まで対応をしておりません。そうなるとやはりオクタコアCPUというのは非常に期待できるCPUということがわかるかと思います。

オクタコアを搭載することで、かなり処理能力が向上するかと思いますね。AndroidではすでにオクタコアのCPUというものが一般的になっています。一般的になっているCPUということで、かなり処理能力には期待が持てるかと思います。CPUのコア数が増えると単純にコア数分処理性能がアップすると思われます。処理性能がアップすることはエンドユーザーにとってもかなりいいことなのです。

エンドユーザーからすると処理性能の遅いスマホより早いほうが間違いなく使い勝手はいいですからね。とはいうもののすでにiPhoneは来るところまで来たという感じもします。その理由はiPhone6sでもまだ十分に利用できるからです。iPhone6sでもまだまだ十分通用します。

iPhone6sというのは発売は2015年の発売です。今は2018年です。Androidのスマホなら2015年に発売されたスマホというのは残念ながら使い物にはならないとはいいませんが、販売すらしていません。それがiPhone6sならまだ発売もしているのです。そういうことを考えるとCPUの能力もその時点でかなり高かったことが伺えるわけですね。

docomo au SoftBank

RAMも4GBになるのか?

iPhoneXでRAMは3GBとなりました。その流れを考えるとRAMの容量は4GBになってくれるのかもしれません。RAMの容量が増えるとゲームなどが非常に高速に動作します。

2018年初旬に発売されたiPadのRAMの容量が2GBです。そのタブレットというのはスペック的にはかなり抑えられているので、2GBでも仕方ないkとかもしれません。

それでもやはり4GB程度のRAMはほしいところです。Androidで搭載されているスマホでは今後8GBのRAMを搭載したモデルも発売される可能性が非常に高いのです。そういうことを考えると容量がまだ抑えられていると思います。とはいうものの設計上それで足りるから少なめにしているわけです。ある意味Appleのスマホというのはよく考えられているなぁ〜という印象です。

カメラに期待

カメラにはかなり期待したいと思います。カメラはデュアルカメラになってもらいたいですね。

iPhone8は残念ながらデュアルカメラではありません。

デュアルカメラのほうが安定的にキレイな動画や写真を撮ることが可能となっており、デュアルカメラに期待している人もかなり多いのです。

デュアルカメラとしてiPhone9の発売を待つ人もかなり多いと思います。本当にこれは期待したいですね。

指紋認証機能の可能性

指紋認証機能が搭載される可能性があります。指紋認証機能というのは今までの指紋認証ではなく、画面埋込み型になる可能性が高いのです。

2018年に発売されるiPhoneに関して色々な情報が出ておりますが、iPhoneXと比較しても認証機能に関してはかなりよくなるようです。 ...



f

こちらの記事を見てもらいたいのですが、指紋認証機能が画面に埋め込まれる可能性があります。

今まで色々な噂ではiPhoneの指紋認証機能が画面に埋め込まれるなどとありましたが、そのことが現実味を増してきました。

指紋認証機能+顔面認証の2つの認証機能を持つ可能性が高いということです。

認証機能に関しては、iPhone8の時では指紋認証を採用し、iPhoneXでは指紋認証ではなくFaceIDという新しい認証を採用しました。

FaceIDというのは顔面認証ということで、精度も非常に高く、かなり評価も高いのですが、マスクを利用している時などは残念ながら反応しないというような欠点がありました。

そのためマスクを利用している時はパスワードを入力する必要がありました。それが非常に煩わしいということで、iPhone8へ機種変更をした人もいるほどなのです。iPhoneXはトータル的にみて非常にいいスマホとなっているわけですが、そういう煩わしさもあり、一概にいいモデルとはいえないという評価もあるようです。

それが2018年に発売されるiPhoneではその認証機能が選べるようになる可能性があるのです。認証機能というのは人によって使い勝手があるので、一概にどれがいいというわけにはいきませんが、認証機能が選べるだけでもかなりの進歩であることは間違いありません。

指紋認証機能が画面に埋め込まれる可能性も非常に高いことから、今まであったホームボタンも排除される可能性が非常に高いですね。

それかホームボタンと同じ役目も果たすほうになるのかもしれません。iPhoneXで採用された新しいUIによりホーム画面を表示させることができるようになるかもしれません。

まだUIに関してはどのように変化するのか具体的には不明点が多いわけですが、今以上になることは間違いないでしょう。ただしホームボタンが排除される可能性が高いことより、今までのiPhoneを利用していたユーザーからは不満の声が出て来る可能性も十分ありえるわけですね。

ひょっとするとiPhoneXの時点で将来そのようになるということを見据えて、1つのモデルだけ新しいUIというものを採用したのかもしれません。

そのあたりは不明ですが、ホームボタンの役割が指紋認証のみになってしまうと間違いなくUIの変更は余儀なくされるかと思います。

*UI:ユーザーインターフェイスのこと

カメラ性能というのはセンサーの役割というのはすごいです。こちらはiPhoneではありませんが、XPERIAの最新シリーズで搭載されているカメラを紹介しておきます。

XPERIA XZ2 PREMIUMというスマホが発表されました。このスマホにはかなり期待している人も多かったのではないでしょうか。 ...

こちら紹介しておきます。

最新情報ではiPhoneXsPlusもしくはMAXにおいて4GBのRAMが搭載される可能性があるということがわかりました。

4GBのRAMが搭載されるということは、かなりのメモリを食うアプリの利用もなんなく利用することが可能です。複数のアプリを同時に立ち上げておいても特に問題なくiPhoneが動作するでしょう。

こちら現在出ているスペックをまとめておきました。(2018年9月現在)



モデル iPhone9 XC iPhoneXs iPhoneXsPlus
大きさ 未定 未定 未定
重さ 未定 未定 未定
CPU A12
RAM 3GB 4GB
ROM 64GB/256GB 64GB/256GB/512GB
画面サイズ 6.1 5.8 6.5
画面解像度 1792×828 2436×1125 2688×1242
画面 液晶 有機EL
カメラ 1200万画素 1200万画素デュアルカメラ(光学手ブレ補正)
カラー 5色(

グレイ、ブルー、ホワイト、レッド、オレンジ、ピンク、イエロー)

3色(シルバー、スペースグレイ、ゴールド)
認証方式 FaceID
SIMスロット 2(DSDS)中国のみか 1
ApplePencil 非対応 対応
その他 防水

こちらがスペックのまとめとなっております。iPhone9のみが3GBのRAMでそれ以外は4GBのRAMを搭載する予定です。

iPhoneXCのみが3GBになると思われます。XCの3GBといったところで、iPhoneXでも3GBなのです。そう考えれば十分ではないでしょうか。



iPhone9は液晶モデルに

iPhone9が発売されるとほぼ間違いなく液晶搭載モデルとなると思われます。液晶のほうが部材の価格が有機ELと比較しても非常に高くなっております。

そのためある程度価格を抑えるという意味では液晶を搭載するほうがトータル的な価格を抑えることが可能となっております。

また2018年に発売されるiPhoneのうち半数を超える数の液晶搭載モデルの製造を行うとも言われており、ますます液晶を搭載するモデルがiPhone9である可能性が非常に高まっている状況となっております。液晶モデルと有機ELを搭載しているモデルならどちらかというと有機ELを搭載しているモデルのほうが高級感はあるかと思います。

有機ELを採用しているモデルのほうがなぜ高級感があるのかということですが、やはり部材の調達価格ではないでしょうか。エンドユーザーは有機ELのほうが部材の調達価格が高いということは正直なところどちらでもいいわけです。

ただし今電気屋などにいくと有機ELを採用したテレビなどが非常によく販売されており、同じインチ数の場合有機ELモデルのほうが数万円〜数十万円高額になっていることは見てわかるわけです。

画面の分厚さに関しても有機ELを搭載しているもののほうが薄いことは見たらすぐにわかるかと思います。そういうことをトータル的に見るとやはり液晶モデルというより有機ELのほうが一つ先をいっていると感じる人は多いのではないでしょうか。

iPhone9というモデルで発売されるとほぼ間違いなく有機ELの採用はないかと思います。また本体容量に関しても64GBとなる可能性が非常に高く、iPhone8との差別化も非常に難しいと思いますが、iPhone9にはかなり期待したいと思いますね。液晶モデルだったとしても画面の綺麗さでいえば実はそんなに大きくは違いはありません。

有機ELのほうがいいというイメージが先行しているためにそのようなことを感じるわけですので、実際にはそれほど気にすることはないでしょうね。

コンセプト画像は他にも

こちらのコンセプト画像はノッチ部分が非常に少なくなっております。ベゼルに関しては完全ベゼルレスですね。ほぼ上部まで画面がいっておりノッチがiPhoneXより少なくなっていることが非常にかっこいいと思います。

コンセプトどおりなら若干厚めの本体になるでしょう。

こちらは画面埋め込みの指紋認証があるようなコンセプト画像となっており、ノッチはありません。ノッチ部分というのははじめは使い勝手が悪かったですが、実際に利用してみるとノッチの左と右の部分で下に指をおろした時の挙動が異なることがかなり面白いと感じました。挙動が異なることで、今必要な情報をどちらのノッチの左右部分から下に下ろせばいいのかわかるということはよかったです。

こちらはノッチがほぼなくなっており、そのかわりに指紋認証が画面に内蔵されているのです。画面内蔵になることで、かなりスッキリとした見た目になることは間違いないと思いますね。

他にもコンセプト画像というのは他にも色々出ております。

どちらのコンセプト画像も現実味があるかと思います。違和感のないフォルムとなっており、どちらのモデルがそのまま採用されてもほぼその通りになる可能性が高いですね。

色々な角度からどんなモデルになるのか色々な人が予想していることがわかるかと思います。



Androidからの乗り換えがかなり進む

Appleは6.1インチのiPhoneを今後発売する予定にしておりますが、その戦略というものがAndroidからの乗り換えということになるよ...

実はiPhoneの液晶モデルはAndroidからの乗り換えを目的に作られたスマホである可能性が非常に高いです。昨今Androidでは大画面モデルが非常に増えてきており、大画面化が世の中では進んでおります。

その中でもAndroidでは6インチを超えるようなモデルはまだ少ないです。

そして今回6インチを超える液晶モデルが発売されるということは、Androidからの乗り換えユーザーをかなり見込んでいると言われております。

確かに大画面モデルというものは魅力的です。魅力的なモデルが発売されるということは、iPhoneへの乗り換えもかなり進むと思われます。

有機ELの生産スケジュールが出てきたiPhone9に搭載されるの?

iPhone9に搭載されるのかどうか今の時点では未定ですが、有機ELの生産スケジュールが出てきました。

サムスンが2018年に発売されるiPhone用の有機ELパネルの量産を開始のスケジュールを発表したようです。 有機ELというの...

こちらの記事を見ていただければと思いますが、有機ELの生産スケジュールが出てきたことにより、2018年の9月ごろまでの在庫積み増しがどの程度になるのかということも予想できると思います。

iPhone9というモデルナンバーで発売されるのかどうかと言われると少し微妙な感じもしますが、やはりiPhone9は期待したいモデルですね。

2018年には3モデルのiPhoneが発売されるといわれておりますが、iPhoneSEはその中には含まれないと思われます。

そういったことからiPhone9の発売の可能性も十分にありえます。

iPhone9は有機ELではなく液晶が搭載されるかもしれませんが、液晶に関してはジャパンディスプレイに液晶が大量発注されているようなので、それはそれで期待したいところですね。

有機ELを搭載するのは実際にはどこまでのスマホになるのでしょうかね。そのあたりも含めて非常に気になるところです。



6.1インチモデルが登場でiPhone9になるのか非常に気になる

海外のサイト9toMacから最新情報が出てきました。なんと6.1インチのiPhoneが2018年に登場する可能性があるというものです。 ...

こちらの情報となっておりますが、6.1インチモデルのiPhoneが2018年にも発売される見込みです。2018年に発売されるiPhoneというのはiPhone9になる可能性もあり、iPhone9がこの6.1インチモデルになるのでしょうか。

iPhone9に関していえば液晶を搭載する可能性が非常に高くなっており、有機ELを採用するモデルはiPhoneX系のモデルになると思われます。そういうことをトータル的に考えるとやはりこの6.1インチモデルというのがiPhone9になる可能性というのは十分にありえます。

また価格的にも550ドル程度に抑えられており、550ドルなら日本円で6万円ちょっとくらいです。それくらいなら一般消費者でも購入できるレベルになることは間違いありません。

6.1インチという微妙なサイズですが、個人的にはオススメできるサイズではないかと思っています。2018年はこの6.1インチモデルもそうですが、4.7インチという今までと同じサイズのモデルというものは発売されない可能性が非常に高いと言われております。

小型画面のモデルがほしい人はiPhoneSEの購入かもしくはiPhoneXの後継モデルが5.8インチとして発売されるので、そちらのほうを狙うかしかないのではないでしょうか。

2018年iPhoneはイヤフォンジャックの変換アダプターを同梱しない

2018年に発売されるiPhoneはイヤフォンジャックの変換アダプターを同梱しないと言われております。

Appleは今後発売されるiPhoneにイヤフォン変換ジャックの同梱を終了させる予定にしているようです。 このイヤフォン変換ジ...

こちらの記事を確認いただければと思いますが、イヤフォンジャックの変換を同梱しないということは今後Bluetoothへの移行を間違いなく狙っているでしょう。

Bluetoothというのは当然ですが、かなり人気のある無線通信規格です。

耳にすることも多いと思います。実際のところBluetooth機器を所持している人も多いでしょう。

また自動車などで聞く場合もBluetooth機器を利用して音楽を聞くなんて人もかなり増えてきているのではないでしょうか。

そういう人は充電だけできればOKなのです。当初3.5φのイヤフォンジャックがなくなった時も充電しながら音楽が聞けないなどと言われておりました。

それでも結果的に今は誰も文句は言わなくなりました。Appleとしては不満が出ることがわかっていながらも、イヤフォンジャックの変換アダプターを同梱しないということで、はじめだけ不満が出ることはわかっていながらこの対応を行うのです。

今後もこのように機能を排除していくことは十分に考えられると思われます。機能を排除するためには不満も出ますが、いずれどこかで不満が出るのです。それなら早いほうがいいのかもしれませんね。

iPhone9という名称での発売はあるの?

新しいiPhone 2018年モデルの名称は何になるのか 名前が非常に気になる

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone9という名称での発売はあるのでしょうか。

iPhone9という名称で販売される可能性というのはやはり低いのではないでしょうか。

最近の情報ではiPhone8sという名称のものも発売される可能性があるなど、iPhone9という名称で発売されるかどうかということはわからないのです。

2018年に発売されるiPhone8の後継のLCDモデル はSが付く?

iPhone8sという名称での発売も検討されているようです。実際にどのような名称で発売されるのかはわかりませんが、iPhone9という名称で発売されることは本当にあるのでしょうか。

iPhone7の後継モデルがiPhone8でした。iPhone7sという名称のものは発売されませんでした。

そういったことをトータル的に考えるのであれば、iPhone7sという名称がなかったので、iPhone8の後継モデルというのはiPhone9の可能性が高いということも当然といえば当然のことかもしれませんね。

7nmで生産される可能性のA12を搭載予定

A12というものはCPUの名称ですが、2018年モデルに搭載される予定のA12というCPUというのは、7nmで生産される可能性が高いことがわかりました。

2018年に発売されたいわゆるライバルと呼ばれるCPUというのはSnapDragon845などがありますが、こちらのCPUというのは製造プロセスルールというものは10nmとなっております。

それは7nmで採用されるということは非常にありがたいことではないでしょうか。

7nmというのはかなり細かいプロセスルールとなっており、消費電力の向上にかなり貢献することは間違いないと思います。

消費電力の向上ということで、期待できることといえば、やはりバッテリーが据え置き状態でトータル的な利用時間の延長が挙げられると思います。

すでにiPhoneXなどは動画などをそれなりに見ても1日充電は持ちます。

7nmという製造プロセスルールのものが採用されると現状のiPhone8よりも消費電力が少なくなりかなりメリットがあると思います。

消費電力の低減というものは、スマホの世界では前から言われていることです。低減させることは非常に難しいと思いますが、消費者としてはかなりメリットがあることなので、性能もそうですが、消費電力の低減ということにも力を入れていってもらいたいですね。

iPhone9ではiOS12が搭載FaceIDが2人登録可能?

新しいiOSが発表されました。iOSでは新機能がいくつか紹介されていたと思います。

今後FaceIDが2人登録することが可能になるかもしれません。FaceIDというのはいわゆる顔面認証ですが、顔面認証に関して2人登録することが可能となっており、FaceIDを家族や友人なども登録することが可能になると思われます。

FaceIDというのは精度も非常に高く、たいていの場合問題なく認証することができるかと思います。

私もFaceIDを利用しておりますが、かなりオススメしたい機能の一つですね。

FaceIDをAppleが採用したことに伴い各社FaceIDを採用していっているように感じます。

AndroidでもFaceID機能を搭載したモデルがいろいろ今後も発売されると思われます。FaceIDは非常に便利なので今後も採用し続けることは間違いないと思います。

ただしFaceIDも便利ですが、指紋認証機能も便利だと感じる人はかなり多いようです。指紋認証機能というのは、どういう時に便利なのかということですが、マスクをしている時です。

日本ではマスクをする人がかなり多いです。マスクをして歩いていてもFaceIDは反応しません。別の顔として認識されるわけです。

そのためマスクをする時というのは残念ながら指紋認証のほうがいいのです。指紋認証機能も今後ディスプレイに内蔵されるタイプのものも発売される可能性が高いです。ディスプレイに内蔵されるため画面のサイズはそれほど大きくはなりません。画面サイズがそれほど大きくなくディスプレイに内蔵されるとこれはかなり便利でしょう。両方ともに登録さえしておけば顔面認証で開かなかった時も指紋認証で開くことが可能となります。

複数の認証機能を採用してくれるということは非常にメリットのあることではないでしょうか。



iPhone9に搭載予定のA12に量産開始の遅れ情報

TSMCという会社はiPhoneにCPUを提供している会社です。 TSMCという会社はA12と呼ばれる2018年に発売される予...

こちらの情報を確認してもらいたいのですが、iPhone9が仮に発売されるのであれば、発売が遅れる可能性があります。

A12というCPUというのは、2018年に発売されるiPhoneに搭載されるCPUとなっております。こちらは7nmという非常に細かいプロセス・ルールにて製造されるということで、かなり期待されているCPUです。

ライバルにあたるAndroidではまだ10nmというプロセス・ルールで製造されているものが大半となっておりますので、そういう意味では7nmというプロセス・ルールでの製造されたCPUというのはかなり期待ができると思います。

iPhone9に関してはこの名称で発売されるかどうか今のところ未定ですがかなり期待できるスマホであることは間違いありません。

5色展開になる可能性が高い

iPhone9は5色展開になる可能性が非常に高いです。

iPhone 2018年モデルで新色 カラバリが増える iPhone5cと同じ位置づけに?

こちら最新の情報となっておりますが、iPhone9は5色展開になる可能性が非常に高いです。5色展開になり位置づけとしてはiPhone5cと同じような位置づけになる可能性が非常に高いことがわかりました。

そのためハイエンドモデルであるiPhoneXの後継モデルそしてiPhoneXのPlusモデルが発売されることが予想されておりますが、iPhone5cと同じような位置づけになるということで、5色添加になる見込みとなっております。

5色展開ということになれば、かなり好きな色を楽しめそうですね。

新しい配色というのは非常に期待できると思います。

見た目も新しくなり新しい色を持つことで優越感が生まれますからね。iPhoneはそういう意味では楽しみを与えてくれるということで、相当期待できるのではないでしょうか。

またゴールドという配色も出てくる可能性がありゴールドは相当売れるでしょうね。

上部にスペックを掲載しており、その中で配色に関してふれてあるので、そちらを見てもらえれば参考になるかと思います。

iPhone9が6.1インチモデルならシングルカメラに

6.1インチのモデルがiPhone9という名称になるのであれば、6.1インチモデルはシングルカメラになる予定のようです。

iPhoneの2018年モデル 6.1インチモデルはシングルカメラになる?

こちらを見てもらいたいのですが、6.1インチモデルの写真が掲載されております。

カメラは1つしかありません。カメラは一番廉価版モデルでは1つしか搭載されないということがこちらを見てもわかるかと思います。

カメラに関してはやはり2つ以上のカメラを搭載しているスマホが望ましいと望む声もかなりあるかと思います。

6.1インチモデルの名称がiPhone9になるとは決まったわけではありませんが、iPhone8の後継モデルということで、そういう名称になる可能性も十分に考えられるかと思います。

日本で一番人気のスマホというのはiPhoneなので、その名称などに関しては気にしている人もまだまだかなり多いでしょうね。



最新のiPhoneの画像が流出

最新のiPhoneの画像が流出したようです。2018年モデルのiPhoneとなっておりますが、こちらiPhoneXの後継モデルとiPhone8の後継モデルです。

6.1インチと5.8インチの2つのモデルということになるかと思います。まだ試作段階だと思いますが、この流出により、販売は決定的になるかと思いますね。

iPhoneの最新モデルは誰もが気にしているモデルになっているかと思います。

最新の画像を見る限り、6.1インチを搭載しているモデルというのは、シングルカメラを搭載しております。

シングルカメラでも十分なのかもしれませんが、やはりデュアルカメラはほしいところです。

iPhoneⅪという名称?iPhone9ではなく?

iPhoneⅪという名称になる可能性が高いことがわかりました。iPhoneXの型番はD2型と呼ばれ、そして次のモデルはD3型となります。

そのためiPhoneXの後継モデルというのはiPhoneⅪになるのでは?という憶測が飛び交っております。

またiPhone8の後継モデルですが、全く異なるモデルになるため、iPhone9にならずにiPhoneとなる可能性もあります。

iPhoneの6.1インチモデルがiPhone8の後継モデルとなるわけですが、iPhone6.1インチという名称になるのでしょうか?

iPhone9という名称もなくなるのかもしれませんね。iPhone 2018年モデルになる可能性が非常に高いと思われます。

iPhoneは世界的にも非常に注目度の高いスマホです。GALAXYシリーズもかなり注目度が高いわけですが、この2つの機種の注目度は非常に高くなっており、名称に関してもかなりの注目です。

名称に関しても昨今色々飛び交っており、iPhoneの名称というのは本当にどうなるのかかなり楽しみですよね。

iPhone2018、iPhoneXC、iPhone9などまだiPhoneの名称に関して信憑性の高い情報というものは出てきておりません。

iPhoneはかなりの人がほしいと思っているだけに注目度もかなりのものでしょうね。

6.1インチモデルの名称がiPhone 2018?

6.1インチモデルのiPhoneがiPhone2018年モデルとなる見込みです。

iPhoneの6.1インチモデルがiPhone 2018となり他のモデルというのはiPhoneXsもしくはiPhoneXsPlusになる可能性があります。

iPhoneXsというのはiPhoneXの後継モデルとなっております。

世間的にはiPhoneテンエスと呼ばれるようになるのでしょうか。iPhoneテンエスというちょっと長い名称になります。

iPhone9という名称はここで完全に排除されてしまう可能性も十分にありえるわけですね。

iPhone8の後継モデルがiPhone9という安直な名称ルールにならないということがわかるでしょう。

iPhone 6.1インチモデルのみがデュアルSIMとして登場

2018年のiPhoneの発売がそろそろ近くなってきましたが、iPhoneの情報がいくつか出てきております。 iPhoneの2018年...

iPhone6.1インチモデルのみがデュアルSIMとして登場するようです。ただしこちら上記の記事を見てもらえればわかりますが、それだけオプションと記載があるのです。

そのため地域によってデュアルSIMを対応しているモデルになる可能性もあります。

日本でデュアルSIMを対応しているモデルを発売しても利用する人が非常に少ないので、日本国内での販売はないのかもしれません。

中国ではデュアルSIMのスマホがかなり発売されているため、中国向けにこのようなモデルが販売される可能性が高いですね。

また一番の廉価版モデルのみがデュアルSIMの設定があるということで、上位モデルではデュアルSIMの設定がないことも興味深いところです。



価格情報がリーク かなり安く購入可能になる可能性が

2018年に発売に発売されるiPhoneですが、価格情報がリークしたようです。 価格としては非常に安価な価格設定となっており、...

こちらにiPhone 2018の価格情報を掲載しておきます。

価格がかなり安価になる可能性が出てきました。価格が安価になると当然ながらかなりの販売台数を伸ばすのではないでしょうか。

一度iPhoneにすると正直なところもうAndroidに戻ることはないでしょう。それくらい今のiPhoneというのは使い勝手もいいのです。

一度AndroidからiPhoneに乗り換えるとiPhoneしか使い続けることができません。それでもここに掲載している価格情報が本当に販売されるiPhoneの価格なのであれば、相当安価な価格設定になっているかと思います。価格に関しては本当に気になる部分が多いと思いますね。

日本の場合各キャリアごとに若干価格が異なりますので、こちら今回紹介する価格というのはSIMフリーの価格に近いのかもしれませんね。

キャリアから発売されるiPhoneの価格情報に関していえば通信費からの値引き措置などもあり、もう少し安価になると思われます。



名称がiPhoneXrになる?

2018年9月に入っていろいろな情報が出てきております。最新の情報ではiPhoneXrになる可能性があるということです。

情報源というのは中国のサイトになるかと思いますが、その真意のほどは不明です。

基本的に直近まで名称に関する情報というのはいろいろ出ております。

リーク情報は直前まで出てくるというのはいつもどおりといったところです。

Xrという名称になる可能性もあるということですが、やはりXsという名称が一番現実的ではないでしょうか。

今回はiPhone9という名称のものも発売される可能性が非常に高いですが、iPhone9はiPhone 2018になる可能性も高いといわれており、直前までどうなるかわかりませんよね・・・



日本で発売される価格が93,390円になると予想

iPhone9の価格ですが、93,390円となると最新の記事では報じられております。

最近iPhone9の価格が報じられておりましたが、iPhone9は安売りする必要がないということです。高くてもそれなりに販売することができるという位置づけとなっております。

93,390円というのは一番安価なモデルでその価格ということで、非常に高額です。

相当高額な機種となりそうですね・・・

これが一番安価なiPhoneということは、iPhoneXsなどはいったいいくらくらいになるのでしょうか?

かなり気になりますね・・・

それにしても本当にiPhoneの価格は高くなりすぎているような気がします・・・

価格としてはかなり上昇した価格設定となっていることがこちらからも伺えます。

iPhoneは高額商品だとしても売れるわけです。売れるモデルを安価に発売しなくてもいいかと思いますが・・・やはりかなりの高額機種になりそうですね。そこまで高額機種でなくても・・・と思います。最近はグローバル化が進み、世界の賃金があがっているとはいいつつもかなり高額な機種になってしまいそうです。それでも売れるのでしょうね。まさに10万円くらいする機種ということですが、これなら4年くらいは使いたくなりますよね・・・

iPhoneの買い替えはこの価格設定で進んでいくのでしょうか。それが一番気になります。

最新の情報では、849ドルになるとも言われております。確かにここまでくるとかなり高そうですね・・・

少し驚きの価格設定となっております。