iPhone Xs /MAX XR iPhone8 /Plus スペック 比較 違いは? 進化はどんな感じ?

新型のiPhone Xsの発売が開始されます。

iPhoneX

iPhoneはどのように2017年モデルから進化したのでしょうか。iPhone8というのは、2017年モデルとなっており、2018年には最も売れたモデルとなっております。iPhoneの人気は日本ではかなりの人気となっており、2017年に発売されたモデルと比較しても非常に気になるかと思います。

iPhoneに関しては日本国内でのシェアは約50%程度となっており、それだけ期待値があがるわけです。

iPhoneXsが発売されるとオンラインショップで予約などを行う人もかなり増えてくることは間違いありません。

オンラインショップは非常に便利なショップなので、まずはオンラインショップに関して触れておきたいと思います。












オンラインショップで購入する人がかなり増えた

<ドコモ>


こちらドコモオンラインショップですが、すべての契約において機種を購入する時の事務手数料が無料ということで、ドコモオンラインショップを契約する人が非常に最近増えてきました。

ドコモオンラインショップを利用することで、事務手数料無料そして頭金も不要で購入することが可能となっております。iPhoneに限らず他のスマホでも同様なので、ぜひ検討してみてはどうでしょうか?

最近は本当にドコモオンラインショップを使っての予約をする人もかなり増えてきました。

<au>


こちらはau Online Shopです。

au Online Shopもかなりオススメです。頭金がありませんので、かなりメリットあります。

メリットとしては頭金だけではなく、発売日に発送されるわけではなく、発売日に自宅に届けてくれるのです。かなりのメリットがあるかと思いますね。

<ソフトバンク>

それではiPhone8との比較を行いたいと思います。



iPhone8 iPhoneXSとのスペック比較

こちらがそれぞれのスペックとなっております。スペック的には大幅アップとまではいきませんが、それなりのアップすることは間違いありません。

今のところiPhoneに関していえば人気はかなりのものです。期待値もかなりのものでしょう。

今までiPhone8を購入していた人も次のモデルになると乗り換えしたくなるレベルかもしれません。

モデル iPhone8 iPhone8Plus iPhone9 XC iPhoneXs iPhoneXsPlus
大きさ 138.4×67.3×7.3mm 158.4×78.1×7.5mm 未定 未定 未定
重さ 148g 202g 未定 未定 未定
CPU A11 A12
RAM 2GB 3GB 4GB
ROM 64GB/256GB 64GB/256GB/512GB
画面サイズ 4.7 5.5 6.1 5.8 6.5
画面解像度 1334×750 1920×1080 1792×828 2436×1125 2688×1242
画面 液晶 有機EL
カメラ 1200万画素 1200万画素デュアルカメラ
広角F値1.8、望遠F値2.4 最大10倍のデジタルズーム
1200万画素 1200万画素デュアルカメラ(光学手ブレ補正)
カラー 4色(ゴールド、シルバー、スペースグレー、レッド) 5色(グレイ、ブルー、ホワイト、レッド、オレンジ、ピンク、イエロー) 3色(シルバー、スペースグレイ、ゴールド)
認証方式 指紋認証 FaceID
SIMスロット 1 2(DSDS)中国のみか 1
ApplePencil 非対応 対応
センサー 指紋認証、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー Face ID、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
その他 防水



特筆すべき点というのは、やはり画面サイズです。

画面サイズが2018年モデルではすべてのモデルで大画面化を果たしているのです。

基本的に大画面化というのは、Android対抗と言われております。今までのiPhone8Plusでも5.5インチでしたが、それより大画面になることは間違いないかと思います。

大画面化を果たすということで、Androidユーザーからの買い替えも進むと思われます。

最近は特に大画面が好まれる傾向にあり、大画面化することにより、非常に人気が高くなることは間違いないでしょう。

今回の大画面化というのは相当な方向転換です。Appleとしてもかなりのものかと思いますね。

カメラ性能に期待

現在のカメラ性能には光学ズームというものはついておりません。

今回光学ズームが搭載される可能性があります。光学ズームというのはGALAXYシリーズなどで採用されており、非常にキレイな望遠の写真を撮ることが可能となっております。

基本的な画素数というのは同じ画素数になるかと思いますが、光学ズームが採用されることにより、さらにキレイな写真を撮ることができるでしょう。

デュアルカメラが当たり前になってきた昨今ですが、光学ズームというのは採用している機種もそれほど多くはありません。

デジタルカメラなどで採用されているわけですが、まさにカメラいらずになるのではないでしょうか。すでにデジタルカメラなどはスマホに売上をゆずっており、そこまで売れているとは思いません。以前と比較してもデジカメというのは価格も非常に安価になっており、購入しやすいわけですが、スマホブームがまだまだあることから残念ながらカメラ性能としてはスマホにもっていかれていますね・・・

カメラ単体の性能として見た時にはデジカメのほうが上なのですが、スマホでも十分キレイな撮影が可能ということで、そこまでのニーズがないのが実態です。

今回光学ズームになるということで、かなり期待も持てるかと思います。



iPhoneXとの比較も

iPhoneXとの比較も紹介しておきましょう。

iPhoneXが2017年に発売されiPhoneXsと呼ばれる最新のiPhoneが2018年に発売されます。 2018年に発売...

こちらiPhoneXとの比較です。iPhoneXの後継モデルがiPhoneXsになるとも言われているので、iPhoneXを買うかiPhoneXSを買うかで悩んでいる人も多いと思います。

iPhoneXでも2017年11月に発売された機種となっており、発売からまだ1年は経過しておりません。

2018年モデルでも発表は9月に行うものの、発売はずれ込む機種があるとも言われております。

有機ELを搭載した機種の発表がひょっとすると遅れるのかもしれませんね・・・

iPhoneXとiPhoneXSとの比較となると有機ELの搭載などかぶる部分も多くありますので、また悩ましいところです。

今回は変化点としてはそこまで大きくはありませんが、Plusモデルに関してはかなり期待している人も多いと思います。

Plusモデルの大画面に関してかなり期待したいところです。過去のiPhoneと比較してもかなりオススメしたいです。

処理能力としては10%程度のアップ率ですが、十分かと思います。

10%ですが、実際には7nmという細かいプロセス・ルールで製造されているため、かなりオススメできるかと思います。

その理由ですが、細かいプロセス・ルールで製造されたCPUというのはそれだけバッテリーの持ちがよくなります。

iPhone含めたスマホというのはバッテリーの持ちというのは命です。いわゆるエネルギーなので、その持ちがよくなるということはかなりいいと思いますね。

本当に便利になるかと思います。