Appleは6.1インチのiPhoneを発売し Androidからの乗り換えを進める

Appleは6.1インチのiPhoneを今後発売する予定にしておりますが、その戦略というものがAndroidからの乗り換えということになるようです。

Androidは昨今大画面モデルのスマホがたくさん発売されております。

大画面モデルというのは、それはそれでかなり魅力的なわけですが、iPhoneもそれに合わせて大画面モデルになっているようです。

大画面モデルと投入することでAndroidの顧客を奪うという目的もあるようですね。












Androidの大画面モデルが非常に増えた

Androidでは大画面モデルというものが非常に増えました。iPhoneは今後大画面モデルに移行していくことは2018年に発売される予定の3つのモデルの画面サイズを調べたらわかると思いますが、その大画面モデルの中で6.1インチモデルというものがあります。

6.1インチモデルというものの価格は一番安価に設定される予定になっております。

そしてAndroidでも6インチレベルのモデルが非常に増えてきておりますが、6インチを超えるモデルというものは数種類しかありません。

まだ実はそこまで大きくはないのです。そして6.1インチというモデルを発売する意図というのは、Androidからの乗り換えを促すというのです。

海外のサイト9toMacから最新情報が出てきました。なんと6.1インチのiPhoneが2018年に登場する可能性があるというものです。 ...
iPhoneの2018年モデルが今後発売される予定になっておりますが、新色が登場するようですね。 カラーバリエーションが増える...

いくつかiPhoneに関する過去の情報を掲載しておきますが、iPhoneの廉価版モデルが6.1インチになり、iPhone5cのようにカラバリもかなり増える可能性があるということは、間違いなく今後Androidの乗り換えを検討しているような感じということになります。

iPhoneは大画面モデルに注力する?

今回発売される予定のモデルが6.1インチモデルとなっており、iPhoneXの後継モデルは5.8インチモデルです。

そのため一番小さいiPhoneでも5.8インチとなり、大画面化が進む予定になっております。

とはいうものの小型モデルがほしいというニーズもあると思いますが、iPhoneSE2の噂も色々出ておりましたが、実際にはどうなるのでしょうか?

iPhoneSE2という機種が今後発売される可能性があります。 iPhoneSEというのは4インチモデルのiPhoneというこ...

こちらiPhoneSE2の情報を掲載しておきますが、iPhoneSE2はCompactモデルとして今後も発売は続けてほしいと思っている人も多いでしょうね。

Compactモデルの必要性というものは、間違いなくあるかと思います。いわゆるニーズはかなりあるでしょうね。今iPhoneを購入したくても大画面モデルしか選択肢にないとなると使っているユーザーはかなり辛いと思います。

そうならないようにもしてもらいたいですね。