iPhoneの2018年モデル 6.1インチモデルはシングルカメラになる?

iPhoneの2018年モデルの6.1インチに関してモックが出ていたので紹介したいと思います。

iPhoneの2018年モデルというのは、3つのモデルが発売される可能性があると言われておりますが、そのうちの2つのモックが紹介されておりました。

モックというのは本体をかたどったもので、実際のモノと同じ大きさで作られているものとなっております。












iPhone6.1インチモデルはシングルカメラ

こちらの写真の真ん中の画像ですが、こちらの画像を見てもらいたいのですが、真ん中のこちらのスマホがiPhoneの6.1インチモデルになると言われております。

一番左端がiPhoneXとなっておりますので、若干大きめですね。

カメラは見ての通り1つしかありません。一番右側はiPhoneの最も大きいモデルになるといわれており、6.5インチのモデルとなっております。やはり大きさでいうなら一番大きいです。

こちらはデュアルカメラになっており、トリプルカメラになる可能性があると報じられておりましたが、トリプルカメラにはならなさそうですね。

トリプルカメラはやはり2019年までは見送られると思われます。

シングルカメラのモデルは徐々に減ってきた

昨今フラッグシップモデルと呼ばれるスマホではシングルカメラのモデルというのは徐々に少なくなってきました。

シングルカメラというのは1つのカメラしかありませんが、なぜ徐々に減ってきたのか?ということですが、やはりデュアルカメラのほうが見栄えがいいですし、また実際の写真に関してもキレイに撮れます。

そのためシングルカメラは徐々に減ってきているわけです。それでもiPhoneはシングルカメラを搭載しているモデルが発売されているというのは、他の機種との差別化だと思います。

iPhoneの場合3つのモデルが発売されると先程記載しましたが、3つのモデルのうちすべてデュアルカメラを搭載すると一番安価なモデルが売れる可能性が高いということです。

2018年モデルのiPhoneに関しての情報を掲載していきます。 2018年に発売されるiPhoneというのは、iPhone8...

こちらにiPhone2018年のことを触れている記事がありますので、こちらも合わせてご確認ください。

iPhone2018年ではシングルカメラを搭載する6.1インチモデル、そして5.8インチ、6.5インチモデルの3つのモデルが発売される可能性が非常に高く、そのうち5.8インチ、6.5インチモデルではデュアルカメラを搭載するのでしょうね。

引用元:engadget